2006年09月05日

HGケルベロスバクゥ発売決定!

一番最初に触れなきゃならないでしょう!

何とシークレットHGはケルベロスバクゥ!!!
初のSEED、非人型MS(←MSなのか?)発売!!!

凄い嬉しいです^^
最初に見たそのデザインからして『欲しいィ!』と思わせた一品。
まさかのHG化決定です^^
11月発売です!
HGスターゲイザーと同時期発売!

ん?11月??

2002年11月HGストライク、HGデュエル同時期発売。(12月だっけ?)
2004年11月HGインパルス、HGザクウォーリア同時発売。
2006年11月・・・・

2年おきにSEEDHG新金型商品が2体同時期発売してません?

気のせいか、ただの偶然か、狙っているのか?(笑
いや、嬉しいから良いけど(笑←軽い^^;

ケルベロスバクゥかぁ〜。。。
バクゥとのコンパチにならないかなぁ?
ならなければ、今のコレクション・バクゥは押さえとかないとなぁ〜(笑←すでに『ある』思惑により抑えてる人^^;

嬉しいので、2個買います(爆

そしてEXに大本命!!!
ホワイトベースの登場です!!!
やっぱりコレでしょう?母艦といえば。
旧キットでもまんざら悪くないけど、やはり最新の技術で生まれ変わるホワイトベースも楽しみです^^

さてさて、今月の予定も出ましたよ。
最近、結構散発気味に発表されるので、正確な発売日がイマイチ曖昧なのでちょっと整理してみましょう^^;


9月 MG   クロスボーンガンダムVer.ka(9月27日出荷予定)
   SEED HGブルデュエル       (9月 7日出荷予定)
       HGジンタイプインサージェント(9月21日出荷予定)
   HGUC  ヘイズル2号機      (9月21日出荷予定)
   UCHG  機動偵察セット      (9月14日出荷予定)
   EX   ラビアンローズ      (9月21日出荷予定)
   
こうしてみると、21日に集中している模様。
レイズナー関係の再販、HGでリニューアルしたダンバイン、エルガイムが再販となっております。
詳しくはバンダイホビーサイトへ。

10月 MG    
    HGUC   シャア専用ゲルググ
    SEED HG 
       1/100 セイバー
    UCHG   ランバラル隊セット

11月  MG    ストライクIWSP
    HGUC   ザク1スナイパー
    SEED HG スターゲイザー
         HG ケルベロスバクゥ
    EX    ホワイトベース

・・・・・
・・・・・
・・・・・

あれ?10月って何が出るんだろう??
じょ・情報求む・・・^^;

ま、ケルベロスバクゥが発売決定!ってだけでも嬉しいですが^^;
posted by シンたろー at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

3連荘!

さて、僕達のように塗装する人にとってはなかなか耳寄りなニュースを・・・。

ガイアカラーで注目していた新色がいよいよ追加されます。
http://www.gaianotes.com/

新色は、蛍光クリアー。EXでの発売です。

蛍光クリア、前は同社において蛍光ホワイトって呼ばれていたものです。
蛍光ホワイト、って言う名前なんで、ホワイトの蛍光ってどんな色なんだろう?って思ってましたが、クリアーと言う名称変更が合うように、クリアーの蛍光色なんですね。
混ぜて使えば、彩度をあげられるってことでしょうかね。
また、トップコート代わりに使ってみるのも面白そうですよね。

以前は、ネット先行発売とか言って、一般的に入手不可能だったわけですが、ようやくこれで気兼ねなく購入して遣うことが出来ますね^^

僕は以前にも言ったことがあるんですが、どんなに良い塗料でも手に入らないのであればあまり意味がないと思うわけです。
好きな色は何時でも気兼ねなく、いくらでも使いたいですし・・・。

そういう意味で、ようやく蛍光クリアーが一般販売されるということは非常に嬉しい事ですし、知っておいて損はないかと^^

ガイアカラーと言えば、上記のURLを定期的に見ていただくとわかりますが、実験販売を頻繁に行われています。
先行限定発売、と言う形式はあまり個人的には賛成しかねるわけですが(色々な思惑を感じざるを得ない。もちろん、善意でやってくれている事だと信じたいのですが・・・←勘ぐり過ぎ^^;)、実験と言う側面も併せ持っている様ですので、新しいものに興味津々な方は試してみるのも手だと思います^^
イベント専用、という色もあるようで、どちらにしてもレアなカラーが多い会社でもあります。

今月は蛍光グリーンと蛍光イエローのようです。

そうは言え、常に商品の内容を見直ししているガイアカラーさんの企業姿勢は非常にユーザーには頼もしいわけです。
(過去に現在発売中のシンナー類の中身を変更したり、発売直前のカラーのレシピを見直すために発売延長したりしていらっしゃいます)

が!
唯一気になるのは、Exシリーズになると内容が変わるってのはどうかと思う・・・^^;
いや、選択肢が多いに越した事はないですが、大容量のほうには改良版の塗料で、小さいのは従来のままって・・・^^;
内容が違う場合は、名前は変えて欲しいなぁ〜と思います。
1,2、とかでも構わないし。(Exは塗料の名前ではないでしょう?←いや・・・名前なのかも・・・^^;)

容量違いはあくまでも『使う側の使いたい量』での選択をさせて欲しいなぁ。
今の状況だと、性能の良いカラーが欲しければ、大容量を買いなさい、ってことになっているし・・・

そこらへん、どうなんでしょう?ガイアさん・・・。

改良するのは良い事だと思いますし、良い物はユーザーとしても欲しいので歓迎です。
ただ、性能違いで大きいビンを買わざるを得ない、というのはちょっと違う気がするなぁ〜。
もっとも、大瓶で出る色は大量に使う色でもあるので問題ないといえば無いんですけど・・・スッキリしないなぁ・・・。


ま、最近ガイアの発色の良さに惹かれて、積極的に使って行こうと本気で思ったからこそ、の苦言です。


ちなみに・・・なんでこの話題になったかというと、スターブライトシルバーの評判が良かったので楽しみにして使ったのですが、フィニッシャーズのスーパーファインシルバーの方が質感が良くて残念に思ってたところにEXの方では改良されるってニュースが・・・
購入するか、しないかを迷った際に考えた話です。

通常のシルバーはやはりフィニッシャーズかなぁ〜???(かなりきめ細かいシルバーです。
僕の今の結論は、ポイントポイントで使い分ける、これに限るわけですが(←当たり前^^;

全部を○○製に・・・ってのも悪くはないけど、良いものは銘柄関係なく使うのが一番健全ですよね(笑



何か、オススメ塗料(綺麗な色)があったらコッソリ教えてくださいね^^

僕が最近好きなのは、ビジリアングリーン(ガイア)だったりします^^
緑で彩度が高い色見たのは初めてだったので・・・^^;
(クレオスの緑って種類少なくない??←気のせい?)
この間のダガーに使用した際にはじめて使いました。
またどこかにストレートに溶いた色を使いたい(笑←ダガーではネービーブルーと混ぜた。


うーん、完全に雑記になってしまいました^^;(何が主旨なのかサッパリ^^;
反省・・・。。。
余談・・・
posted by シンたろー at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

模型誌読みました^^

と言うわけでようやくHJ到着。
・・・過去最遅(核爆
誰か止めてるのか?^^;
これなら、普通に本屋で買ったほうが早いんですけど。
利点は、買いに行かなくて良い、ってことだけですが・・・
それはそれで楽だから良いけど、『来るかな?来るかな?』と思いながら待った挙句、来ないってのはイライラするわ(核爆
次はアマゾンを試してみようかな?(←何となく早そう^^


>HJ

今月で良さそうなのは・・・アマツかな?
アマツの関節の金の表現。良い感じですねぇ〜。。。
メッキほどの輝きは無いものの、メッキの『あの』色味は十分に再現できているかと。
かなり好みなんで、『そのうち』レシピをパクろうかと・・・^^;

それと、SEEDスタイルーSという、『SEEDハイパー』というかこの食頑の流れを組んだ立体物が相変わらずカッコイイ^^
パースの付いた立体物なのですが、かなりメリハリが効いていて『SEEDっぽい』んですよね^^
フリーダムがかっこいいのは当然として(あの!セイバーズタズタ事件のポージングですね^^)、グフが意外にもカッコイイ。
これもなんかのイラストで見たような気が・・・(劇中だっけ??

プロヴィデンスも『ある!ある!』という造形。
面白いですねぇ〜。。。
こういう流れをプラでも再現してみたいものです。
もちろん、かなり大変な作業になると思いますが^^;


それとセイバーの画稿。
10月発売予定のでかい奴の画稿な訳ですが・・・

超カッコイイ!(核爆

いや、ホントカッコイイ。。。
頭、とさかを普通のガンダムタイプにしたら(笑)、相当男前なガンダムですねぇ〜。
これほどかっこいいとは思わなんだ^^;
気が付かなかったなぁ〜・・・。

画稿はシャープでとびっきりのカッコよさなのに・・・

試作モデルは・・・(滝汗

どうも、画工の良さを立体化するのは難しい作業なんでしょうかねぇ〜・・・残念・・・。

>ハイコンプロ ニューガンダム

カッコイイですねぇ〜、逆シャアシリーズ・・・。
その例に漏れず、ニューガンダムも異常に良い出来栄えです^^
関節の可動範囲も広く、HJの肩の入ったポージングはかなり様になっています。
このカッコよさでHGUCもお願いします^^


>電撃

うーん・・・特に無いなぁ^^;
注目は付録かな?
僕はやはり2組位は欲しいなぁ〜・・・と思ったり・・・。
いや、まだ一個も完成していないんですけどね(超滝汗

両誌ともにレイズナー祭りなのですが・・・
僕はあまり思い入れがないので・・・^^;;;
イマイチ・・・(汗

ガンダムオンリーで申し訳ない^^;





posted by シンたろー at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

裏をかかれた!(笑

模型誌が出ているようですね!
って、昨日気づいてたのですが、面倒だったんで買いに行かなかったわ・・・今月^^;;

相変わらずHJは送られてきませんが?^^;

さて、新製品情報。

10月はザク1、セイバーだけかと思いきや・・・なんと!!

10月HGUCゲルググ

!!!!

熱い・・・。流石バンダイさん・・・。良くわかってらっしゃる^^;
10月は完全フリー体制(あ、僕が、ね^^;)に入るかと思いきや、これは無視できないアイテムですねぇ〜^^;;

これでようやくファーストも基本MSはほぼ出揃うんですね^^
ザク・グフ・ドム・ゲルググ・ジオング・・・。

唯一穴だったゲルググがラインナップ!
しかも出来はやはり良さそう!!
手を入れる隙も無く(もちろん、基本的な工作は必要ですけどね)、大多数の人が納得行くスタイリングなのが良いですね^^
基本的に満足度が高ければHGUCの特性である、コレクションをお手軽に出来るのが嬉しい^^
数揃えてナンボですよね、このシリーズ。

というかHGは・・・。

うーん、そう考えるとSEEDは・・・(悩
まぁ、それはそれでSEED HGは面白いわけですが^^
モデラー養成キットですからねぇ(爆

そしてVer.kaもかなりの出来ですね^^
ホントカッコイイ・・・。
後はABS関節がどれほどのものか・・・(←ハヨF91組めって^^;
ヘタリやすい、って噂はホントなのでしょうか?
自分の目で見て確かめてみないとねぇ〜・・・

電撃の付録も発表。
コアブロック内臓胴体パーツとチョバムアーマー。
これも嬉しい内容ですね。
コアブロックは何となくイボルブ版のGP03を思い起こさせますし(イラストは過去に発表されてた奴なんですね。あれ、コアブロック内臓版だとは気づかなかった^^;)、チョバムアーマーは2号機用とのことですが(そういわれてみれば、2号機のキットについてこなかったのが不思議な位だ^^;)、旧1号機を完全に再現できますねぇ!

それにしてもヘイズルのキットは巧みに付加価値の高いパーツを上手く振り分ける事で相乗効果が高そうですね^^
電撃の付録のHG版をリリースして欲しいものですが・・・せめて、解像キットパーツとしてリリースして何時でも手に入るようにして欲しいなぁ〜・・・

もっとも、一機もヘイズルを完成させていない僕が言える立場ではないのですが(超滝汗


と言うわけで、新製品情報でした^^;


おー!アマゾンで予約していたFF3が来たーーーー!(核爆
これからチョコチョコはまります^^;;
posted by シンたろー at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

キャラホビ新製品情報その2

新製品の画像をシャア専さんで紹介されてました^^
http://ga.sbcr.jp/g-toys/c3-2006/08/index.html#16

HGスターゲイザー

あまりにも話題に上らないのでないのかと思ってました^^;
モックアップ(僕の好きなラピッドよりも前の試作ですね)での出展だったんですね。
モックアップってのも久々に見ましたが^^;

結構良さそうな内容ですよね^^
顔は今はカッコ悪いけど、そのうち良くなるでしょう^^;;

注目は四肢のバランスと腰!
手足長めにとってあって、ノワール同様、全然改修しなくても問題なさそうですねぇ〜。
ちょっと寂しい気もしますが(笑

腰は・・・まぁわかりませんがもしかしたら腰可動入ってる?
ただの色分けパーツ分割かもしれませんが、期待しておきましょう^^

逆に、後ろのわっかはセンターで割れなさそうですよね・・・。
・・・
・・・
あの丸いままなの?^^;;
そ・それはちょっと・・・カッコ悪そう・・・^^;

>ジムストライカー

なんだかSEEDに登場するMSと言われても違和感ないデザインですよね^^;
バー○ャロンとか(笑

なんだかなぁ〜・・・。

キットのほうはかなり頑張ってて、実は結構新規なのでは?^^;
ってか、ここまで力入れるなら、シャア専さんもおっしゃるように『ブルーデスティニー』出してくれぇ!!!!!!!!(←ブルーはガンプラ復帰のキッカケの思い出のMS

ザクに関しては・・・何も言うまい^^;;

>クロボン

最高ですね^^
ホントコンパチになっているし^^;;
Ver.kaなのに、サービス良すぎ^^
丁寧に組みたい一品だなぁ〜^^



posted by シンたろー at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

新製品発表。

と言うわけで、キャラホビ内で発表があった・・・んですよねぇ?(汗

いやぁ〜・・・前日はバンダイさんのブースには入れませんでしたので^^;(←当たり前^^;

何でも・・・

1/100 セイバーガンダム(10月)
HGUC ザクTスナイパー(??月)
HGUC  ジムストライカー(??月)

が、新発表のもの・・・かな?

セイバー・・・
・・・
・・・
・・・

だからぁ〜・・・、もっと計画的に出そうよぉ〜・・・(泣
絶対5月はジャスティスじゃなくてこっちでしょう???
もうさぁ、来週出るスペシャルエディションでキラにズダズダに壊されるって>セイバー・・・

スペエディ1を見た直後ならスーパーテンション高めだったのに。。。
ってか、元々セイバー好きです、僕は。
ジェネレーションCEでも十分世話になったし、ね^^;
なのにぃ・・・

今頃・・・

もう今更作る気はありません(キッパリ^^;

いづれ、運命が交差した時にでも・・・(←何時だよ?^^;


>ザクTスナイパー。

これ、ゲームの奴ですよね?
馴染みもないのにもうキット化か・・・。
うーむ・・・。あまり食指が・・・^^;
ゲームをやってたら燃えるんでしょうけどねぇ(パイロットとして自分が乗り込めば尚更^^

まぁ、縁が無いので僕は・・・^^;

>ジムストライカー。

何これ?(核爆
まだ設定出てません??
これもゲームのものなのかな??
実際ゲームで色々なMSに乗れて、連携できてくるとこういう長距離MSと接近戦用という棲み分けがかなり活きてくるんでしょうが・・・
ゲームやら無い人にはさっぱりですがな^^;;
ちょっとだけ画像見たけど、パワードジムのパーツ変えでしょうか??
ちょっとよくわかりませんが、今月の模型誌で発表があるでしょう。。。

>クロボンVer.ka

なんかこれ、超意欲作っぽいですよね??
未確認ですが、X-1、改、改改のコンパチらしい??
ちょうど、今連載中の改改が欲しいなぁ〜なんて思ってただけに、結構嬉しかったり^^;
まぁ、クロスは流石に再現されないでしょうが、アレ、欲しいよなぁ〜・・・。

と言うわけで、新製品レポ、近々もっと詳細がわかるでしょうから楽しみにしましょう^^
今回上げたもので僕の購入予定はクロボンだけ・・・

おぉ?今年後半はやりたいものに集中できるのか!?(笑

posted by シンたろー at 17:37| Comment(6) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

8月は・・・

さて、ちょっと禁煙日記で一杯になっているんで、たまにはガンダムな話題を^^;

さて、8月の予定をチラッと見てみましょう^^

8月7日 ヴェルデバスター・MGボール/シャークマウス

バスターに関しては、なかなか出来が良さそう・・・。
僕はコイツも簡単にやりたい^^

そして、ガンダムデカールがこの日に発売!!!
F91用は欲しいし、初のHGシリーズ用のデカールが!!!
こりゃ、大量に確保!(爆
ヅダ用のなんてあれば、かなり使い勝手が良さそう!
欲しいっ!!

8月10日

この日、パワードジムが・・・
早い、早いよっ!^^;
どうやら、バンダイさんもお盆休みがある模様^^;

それにしても・・・このクオリティーで安いよねぇ〜バンダイさんの製品って・・・。
1500円位、取られて当たり前な時代の気もしますが、安いものはしっかり安く仕上げてくる姿勢には(もちろん内容はプレイバリュー高し!)ホント尊敬します^^

8月24日には
スローターダガーと黒い三連星用旧ザク。
スローターダガーは買います!

エールを貰って、エールストライクを再現!(爆←既に普通に作ろうと思ってないのは疑問^^;
余った本体は、量産機なのでストライクよりは困らないのがグットです^^
コレクションのストライクダガーと組み合わせて、何か作ろうかなぁ?
ま、そんな時間的なゆとりはなさそうなんですが^^;

そして、8月25日は・・・

今月の僕の大本命!!

そうαアジール!
どこまで完成品なのかはわからないのですが、ある程度組み立て式になっていると嬉しい・・・
ABS製なので加工は難しいかもしれませんが、できる範囲で楽しみたいですね^^
久々の非人型MS(←いや、MAだし^^;)!
ちょっとウキウキしてきちゃいますね^^

後、再販表に不思議な文字が?
月末にエンドレスワルツ版のMSのメタルクリアーバージョンの文字が!
これ、もしかして、番号が白抜きシリーズの奴か!?(通常は赤)
昔、限定で販売されて、その後再生産されなかったのですが・・・
こ・これは欲しい!!
組む組まないはおいておいて(←え?^^;)、とりあえずゲットしておきたい!!
続報に注目です^^


今月はこんな感じでしょうか?
後は、DVD祭りで(笑←個人的には



強烈に、同時発売!^^;
両作品ともかなり個人的には好きなので、買わずにはいられないよなぁ^^;
かなりの出費ですが、あまりそういうことも無いので我慢・・・
といいつつ、前回のゼータ2とデスティニー13巻が一緒だったり、案外ぶつけて来るバンダイビジュアルの戦略は考え直した方が良いと思う^^;

『星の鼓動は愛』は、内容も良く、もう一度見たい!とずっと思ってる良い作品です^^
劇場公開を見れた方も、見れなかった方も、一度は目を通した方が良いでしょう^^
富野節があちらこちらに(笑
それが心地よく感じるのだから、僕も年をとった・・・のか?(笑
∀も良いのでオススメ^^

デスティニーはこの間のレビューどおり。
改善された内容はかなり僕の中では高評価。
ようやくまともな話になってきたか?と思わせるには十分です(核爆
一応、劇場版に繋がる話らしいので、SEEDファンの方はしっかりチェック^^
個人的にはこいつのおかげでデスティニーが少し好きになりました^^;
ってか、つくづくSEEDって恵まれてますよね^^;
放送が終わっても、手直しできるアニメって・・・そんなアニメ、他にはないんじゃない?^^;;
贅沢な話だなぁ〜と思いつつ、SEEDの人気の凄さを再認識しますよね。
3作目なり何なりで、熱いころのSEEDの雰囲気を再現して欲しいと思う今日この頃^^;

と、こんな感じで盛りだくさんな8月!
学生さんは夏休み!
ちょっと羨ましく思いつつ(笑)、存分に夏のシーズンを楽しみましょう^^



posted by シンたろー at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ジンかよっ!


と言うわけで、公式サイトで発表されたゲイザーシリーズの最新作。

http://bandai-hobby.net/gunpla/seed-sg/index.html

ヴェルデバスター・105スローターダガー(ブラックダガーの正式名称らしい)に続く、今後の予定!

ブルデュエルと・・・・

ジン タイプ インサージェント!

・・・え!?(汗

シークレットってこれのことですか?(超滝汗

だって残りはもうアストレイとスターゲイザーしかないよ?

7体+1体で8体なのか?
でもサイトにはそんな欄なさそうですよねぇ(爆

うーん・・・一応ゲイザーがシークレット扱いなのか・・・
どっちにしても完全にこれで明らかになっちゃいましたね・・・

正直ガッカリデス・・・。

とりあえず、面白いデザインのゲイザーを早く組んでみたいなぁ・・・と、興味はその一点に絞られちゃったのは内緒^^;

ふぅ〜・・・

posted by シンたろー at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

8月の追加ラインナップ発表

8月発売の予定が増えましたね^^;
といっても、既存商品の整形色替えキットですが^^;

では、整理。

8月

HGUC パワードジム(新規)
     旧ザク黒い三連星仕様(完全成型色替え)
SEED ヴェルデバスター(一部パーツ変更)
     ブラックダガー (105ダガー+エール)←パッケージング変更商品??

MG   ボールシャークマウス仕様(IGLOO登場の鮫口のマーキング入り)


・・・・まぁ、見た目はちょっと増えましたね^^;
でも、パワードジムだけか・・・若しくはバスター位ですね、僕は^^;

あ、αアジールは買いますけど^^;(予約済み)

この中で気になったのはブラックダガー。
せめて、ダガーLにしてくれれば・・・。
エールは新規造形・・・と思いたいけど、まぁ、無理でしょうねぇ^^;
だったら、ソード若しくはバスターにしてくれれば・・・
いや、ジェットストライカーでも・・・

・・・ねぇ?(爆

元々、ゲイザーシリーズは2機ずつリリース、と聞いていたので、予定が変わったのかな?と思ってたら、こういう形で実現されるとは思ってなかった・・・^^;

かなり残念・・・。

7体リリースのうち、完全新規はノワールとゲイザーのみ??
まぁ、シークレットが期待できそうですが・・・
ゲイザーシリーズ、結構期待がしぼんできました^^;

posted by シンたろー at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

自由とその代償?

何においても自由を主張するのは良いと思うんです。
しかし、『自由=好き勝手』と履き違えてはいけません。
自由を得ると言うことは、その分『責任も持たねばならない』と思うわけです。(僕の思う一般論、ね)




と、前置きはさて置き(核爆)、今回はガンプラの方の自由度の話ね^^;
全然、↑の話は関係ありません^^;

さて、ノワールでも際立つ、関節自由度。
近年のガンプラの可動範囲は非常に大きくなってきて、カッコイイポーズもお手の物になってきました^^
改修しなくても可動範囲が広いって非常にすばらしいことですよね^^

ただ、逆に自由度が高すぎて、人によってとれるポーズが左右されるのも確か。

例えば、アカツキから導入されている、肩の2重関節。
これ、非常に良く動き、前後上下好きに動きますよね?
まぁ、好みがあるんで、人によって味付けが変わってくると思うんですが胸を張ったり、怒り肩にしたり・・・
これが、自由度が高すぎて、チョットの差で結構受ける印象が変わるのが興味深いです。

昔は、結構僕は自由度が高いってのはあまり好きではなく、可動範囲のめいっぱいで固定しないと嫌だったんですよ。
今もそういう傾向はあるんですけど・・・。

例えば、HGレイダーを組んだことのある方ならわかると思うんですが、あれは変形機構があって、人型のときに『ひざが前へ倒せる』んですよ。
つまり、人ではありえない方向に曲がるわけで。
これがね、許せなかったんです。(今もかも?)
もちろん、前に倒しすぎなければかっこいい立ち姿にもなるんですけど、止まるところまで倒す僕にはこれが結構嫌でねぇ。。。

でも大きい視点で見れば、暁の肩の2重関節だって同じことなんですよね。
どこまで怒り肩にするのか?どこまで胸を張るのか?
全部飾る側の問題で・・・。
そう考えると、レイダーの足も同じかなぁ?とね。
なので、動きすぎるのが問題ではなく、ポーズがカッコよく決められるかが重要なのかも。
可動範囲を活かすも殺すもこちら次第ってことかな。
個人的にはしっかり止まる位置が欲しいんですけどね^^
そうすると誰もが同じように立たせられる・・・
けど、そこまですると、『カッコ良いポーズを取れるポイントを探す楽しみ』が減っちゃうかもしれません。
うーん、どっちが良いんでしょうねぇ?
え?どっちでも良い?
そう思うのが健全かな?(笑

さて、あまり今回の話とは関係ありませんが、SEEDの頃のHGは、ひざも棒立ち(ももーひざ関節ーすねの位置が一直線)でしたが(多分・汗)、デスティニーでは若干桃がスネよりも前に来るようです。(関節の位置を支点にすると)
関節も縦から、前傾気味へシフトしていますよね。
これは、SEEDの特徴である背負い物を背負っても安定して立てるように設計されているからなのかなぁ?と思います。

色々進化をとげる関節、可動範囲。
皆さんも色々眺めて、観察してみてくださいね。
形状・スタイルは時代によって大きく見た目が変わりますが、可動範囲、関節のとり方も結構地味に変わってて・・・。
結構面白いと思うんですけどね^^


posted by シンたろー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

模型誌

やっと模型サイトらしい話題が^^;

いや、だって、ここんところあまりニュースが無かったんですもの・・・(汗

さて、書き忘れてましたが(!^^;)、読みましたよ。
今月はHJの方をオススメします^^
なんせ、結構面白い記事が多いですからね。
特にSEED関係が。

まずは新製品から行きますか。

7月

>MGF91  

かなり良い出来ですね。
気になってた顔もやはり修正されてきました。
2重構造になっていますが、MGシャイニングガンダムよりも全然厚みが抑えられていて、かなり男前なのではないでしょうか?
四肢のバランスもかなり良好。
正直、好みのバランスです。
・・・弄るところを考え付かない位に・・・^^;
関節構造もかなり良く、個人的には肘に回転軸があるのは気になるんですが、確かに可動範囲は広がるんで許容範囲ですね。
もうチョット、説得力のあるディティールを入れてくれれば気にならないんでしょうけど。
特徴的な胸周りのフィンに関してもかなりの薄さのものを成型してくるようです。
また、個人的に注目しているのはバックパック。
雑誌作例や、ネットの作品にも見られるような作りこみを、キット段階で意識したのではないかと思えるような構造とディティール(笑
ディティールに関しては流石に成型の都合もあって、チョット落ちるものの、キットの段階でここまで作りこまれているのを見るとなんとも感心しちゃいますね。
なかなか期待の一品です。

>アマツ

うーん、特に印象なし^^;
かなりかっこいいのは確かで、後はどう仕上げるか、でしょうね。
僕は見送ることにします^^;
顔がここ最近のシリーズ同様小さめに仕上げてきたのは、かなりニヤリとさせられますね。
これから先のSEEDモノは小さいのが主流なんでしょうか?
ってか、これでストフリだけ『でかい』とかは無しにして欲しい^^;

>GP02A

先月の試作からの印象は変わりませんね。
シールド負けしない横幅の広さが印象的です。
逆に言えば、上下に短いとも思えるバランスなんで、胴回りを弄ってやると印象が変わってくるのかな?
でかいシールド・でかいバズーカが男らしくて好きですね^^
チョットパチ組みはして見たい気もします。(作らないの?^^;)


8月

>ヴェルデバスター

静岡ホビーショーの試作品しか載ってないのでなんとも言えず。
ベースキットはバスター。
HGシリーズ唯一の太ももに回転軸のあるタイプなんで、可動範囲は激広です。
それに加えて、ノワールに組み込んだ股軸関節もセットされるそうです。
これはなかなかの朗報だと思います。
デザインに関しては・・・うーん・・・うーむ・・・(悩
嫌いじゃないけど・・・

>パワードジム

DHMで見たときは『もっさりしているなぁ〜』と思ってたんですが、HJでの詳細を見たら、かなり印象が変わってしまいました^^;
注目は肘関節にヘイズル、旧ザクについていたMIA形式の2重関節にマルイチモールドがついていること!!
しかし、フィッティングが良くなさそう^^;
2の腕と前腕の接するところをえぐったら自然な気もするんですけどね。
(説明しずらいんで、何言っているのかわからないかもしれませんが^^;)
ポージングの写真も載ってましたが、量産機らしい、なんともミリタリーテイストの強そうな機体ですね。
結構興味がでてきちゃいました^^;;
SEEDのようなキャラクター性を強調するのも面白いですが、やはりこういうミリタリーテイストを感じるものも面白いですよね。
楽しみな一品です^^

で、MGは8月は無し!!
ちょっと意外でしたね。
8月は通常夏休みでビッグアイテムって流れがあったんですが。(去年も無かったか?)
ビッグアイテムを期待していただけに拍子抜け、って感じでしょうか。
何かが間に合わなかったのかもねぇ〜^^;
近いうちにビッグアイテムが来そうな予感^^;

あと、UCHGの詳細がHJに載ってました。
ビックリなことに、色プラです^^;
人形が驚愕の分割により、塗らなくてもほぼ兵士を再現できる・・・
これは・・・かなり意外でしたし、なぜ今まで無かったのか、不思議な位ですね^^;
目から鱗モノでした^^;
これ、ミリタリー世界でもこれから主流になりそうな予感が・・・
まさか、ガンプラのバンダイさんが道を拓くとはねぇ〜・・・。
(多分、初めてでしょ?僕が知らないだけ??)
組むかはわかりませんが、とりあえず、1品だけは仕入れて作ってみようと思います^^

って感じでしょうか。

作例ではHJのレジェンド、HG∞ジャスティス、ハリーさんのドラッツェが印象に残りました。
かなりテンションがプラスされましたとさ(笑
特にジャスティスとレジェンドは僕のSEEDに新しい楽しみをくれた気がします^^

是非、本屋で立ち読みしてくださいね(←買わなくて良いの?笑
いや、気に入ったら購入してみてください^^

そうそう、ヅダのおかげで、両誌ともスプリッター講座が充実しているんで、やったことの無い方は参考になります^^(HJの方が親切な気もします)

posted by シンたろー at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

ヅダ

と言うわけで、もう後2日ほどで出てしまいます(涙

嬉しさ半分、おいつかねぇ!!という焦り半分^^;
ジャスティスすらまだ終わってないのに・・・。

密かな楽しみは旧ザクと並べること^^

コミックスの設定によれば、ザクT(旧ザク)との開発競争に敗れたのがヅダ。
試験運行の失敗。
一機当たりのコストがザクTに比べて1.6倍であることを踏まえて、正式採用されなかった・・・。

で、引っ掛けているのかどうかはわかりませんが、
ザクT=1000円
ヅダ =1400円

と言うコスト差(笑
どうせならば、1.6と言う数字に合わせて、台座を足して1600円にしてくれりゃぁ面白かったのに、と思ったり(笑

UC系の台座は今のところアッシマーとガブスレイにしかついてないので入手しづらいですしねぇ〜。

と言うわけで、後2日で発売。
ワールドカップのお供にパチ組みするのも楽しいかもしれません(笑

・・・模型作業していると試合が見れんのですが・・・(超滝汗


・・・画像つけてくださいよ・・・アマゾンさん・・・(涙



posted by シンたろー at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

あ、あれ?^^;

ガザ、ただいま編集中です。

gazackanseihin-001.jpg


ってか、デジカメに画像データが残っていて、突然これが再生されてビックリ^^;
やはり撮ってたじゃん^^;(←気づけよ^^;

と言うわけで、ここに掲載。
編集ついでに、アカツキのギャラリーにも載せておきます^^;;

posted by シンたろー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

静岡ホビーショー開幕!そのイチ

いや、すっかり忘れてましたが、業者日も2日あったんですね^^;
なので、公開されました(笑
一般公開は週末土日開催。

で、情報が飛び交ってますね。画像つきで(笑
撮影禁止、とあるものの、こういう風に公開してくれないと、行けない人には寂しいので、これからもバンダイさん等は暗黙の了解でお願いしたいものです^^;

さて、今年はいけないので、画像を食い入るように眺めちゃいました。
ジャスをほっておいて^^;;

じゃ、気になるガンダム製品のチェック。

まずはHGUC!
5月 旧ザク
6月 ヅダ
7月 GP02A

旧ザクは今月末には出荷されます。相変わらず出来は良さそうですが、個人的には頭が大きいのと、右肩が寂しくって、何となく左肩上がりに見えちゃうのが気になってしょうがないです。
まぁ、買っても弄りませんが(核爆

ヅダ。試作段階では足首周りが気になる〜!カッコよくなーい!と思ってましたが、テストショットのものは良さげ(笑
不思議なモンですねぇ・・・模型って・・・。
ちなみに、展示品は劇中のようなスプリッターが施されてたんで「まさかっ!?」と思っちゃいましたが(笑)、パッケージを見るとスプリッターが入っていないようなので、当然、素の状態でのリリースです^^;;

ところで、このヅダのパッケージ、えらくカッコいいんですけど^^;
このパッケージだけでも購入する価値がありそうな気が(核爆

さてさて、お次はMG!
恒例の夏のボーナス戦線・夏休み戦線のキラーアイテム!
今年は何が来るのか!?もしやストフリ!??と思ってましたが、その思惑は見事に外れ・・・

7月 F91

でした。これってキラーアイテム?
しかし、驚きの「PCレス仕様」!!!
ついに来たか!?オールABS仕様のプラが・・・。
ってか、良く考えると外装はプラでしょう。
でないと、MIAと変わらないような気が^^;;

驚きの薄々仕様で成型されるって言うんだから、今のバンダイさんの技術の粋を全てつぎ込んだ作品になりそうです^^;
これで、V2もMG化に向けて大きく前進!

ところで、スタンドとして1/100のラフレシア(一部←当たり前^^;)が付属。
バンダイさんも、去年のアッガイから随分と『飾ること』を意識してきましたねぇ・・・。良い傾向だと思いますし、支持したいと思います。
もちろん、100個集めれば1/100のラフレシアが完成・・・するわけないのでご注意を・・・(爆

さてさて、EXシリーズもビックリアイテム。
1/1700ラビアンローズ!!!
もちろん、今まで出たアーガマ、アルビオンと合体可能!(笑
いや、笑わないといけないところでしょう^^
かなり魅力的に感じるのは気のせい・・・ではないはず^^

ホントに将来アバウアクー(あってる?^^;)のキット化も夢じゃないような・・・コロニーとか?

次いで紹介でなんですが^^;、ミリタリーシリーズってのも始まります。
まぁ、タミヤの情景模型みたいなものですが、ガンダムの世界からミリタリーへ入っていくってのも面白い手法ですよね。
本来の流れと逆の流れを作リ出そうとしている姿勢がまた面白い^^
チャレンジしたいけど、どうも敷居が高いと思ってるだけに、ガンプラからは入れれば、模型誌もだいぶハウトゥ企画でフォローしてくれるでしょうし、ね。

さらにはガンコレ『α・アジール』ってのも登場。
・・・ぼ・僕のα・アジールがぁ〜(←在庫済み^^;
kmさんちに送るはずのものでしたが、すみません・・・、これを使ってkmさんちに送ります・・・(大核爆

ハイコンプロも良い感じですね。逆シャアシリーズのは欲しいかも知れない^^

なげーなぁ・・・(笑
つ・疲れたので、SEEDはまた後ほど^^;
posted by シンたろー at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

キットの出来 第二項


せっかく幕を引こうかと思ってたのですが、もう一回^^;
まだやるか、と言われそうですが、わかりやすく伝える例えを思いつきました^^
まぁ、基本的には前回と変わらないので、前回のを噛み砕いた考えだと思っていただければ。

>素材

結局言いたかったのは、模型趣味って料理と似てますよね?と言うこと。
昔のキットとはいえば、安いアメリカ牛肉のようなもの。
今のHGUCにしろSEEDHGにしろ、国内最高級の松阪牛や神戸牛のようなものなのではないかなぁ?と言うこと。
素材としては最高級なんだから、後はどうするかは料理者しだい。
焼いて(延長作業等)食おうが、煮て食おうが(デティールアップとか)、蒸そうが(アニメ版にするとか)。。。
後はお好きに、ってことかな。

ただ何の先入観もなしに、ただただキットだけを見たとき、SEEDもUCも変わらずカッコいい。
これが言いたかったのでした。


>みたことのないものの立体化は難しい。(バンダイ擁護?^^;)

キット開発は半年前から進んでいるようですよ。
企画、パッケージング決定、パーツ割原案、CADおこし、ラピッドプロト、原型修正、テストショット、商品。

半年前と言っても企画段階が、と言うことでしょうが。

と言うことは、SEED系はテレビに映る前から企画され、当然開発者は少ない資料から開発するわけです。

例えば、新しいシリーズがこれから始まるとする。
設定画を渡される。
『あなたなら、どういう立体模型を思い浮かべますか?』と言うこと。

SEEDは、作ってから「え?こういう感じなの??」と思ったんでしょうね、きっと(笑
デスティニーの頃には、SEEDの世界観が決まっていて、あの独特の描かれ方をするのはわかってたので、SEEDの頃に比べたらある程度織り込みながら立体化しやすかったのではないですかね?
それがSEEDとデスティニーの違いかなぁ。


>それを踏まえたうえでのSEEDとUC

何度も言いますが、ぶっちゃけ、劇中のとかけ離れているだとかイメージと違うとかを考えず、SEED(デスシリーズ)もHGも『ひとつの立体物として』カッコ良いと思います。
本編見てなければ、足が短い!と怒ることもないと思いますね。

それとは矛盾するかもしれませんが、SEEDとUCで出来の差を感じるのは当然かと。
UCは既にフィルムは『存在する』わけだし、カトキ氏が劇中のイメージを盛り込みつつ、立体として破綻しないよう再構築されたデザインを元に作っているわけですから。

ぶっちゃけ、『本編よりも立体物のほうがカッコいい』ですし(核爆

それに対して、SEEDは『何も無いところから作る』わけですし、どう頑張っても差があって当然かと。
次にでてくる、大きいシリーズのジャスティス、レジェンド等は、本編も終わり、デザインを検討・再構築してから模型化されてきます。
このシリーズこそ、はじめてHGUCのシリーズと対等の立場で論争できるキットなのかな、と思います。

つまりは同じHGと言うくくりではあるものの、製品の性質が違う、と。
こう考えるからこそ、僕はSEEDHGシリーズは、『かなり頑張っているんだろうな』と言う結論に至るわけです。

結局、『SEEDの出来が悪い』と言っている様なものですが(笑)、『それを怒るわけでもなく、当然だよね』と受け止め、それを改善するのが僕達のような『改修をしたいと思うモデラーの仕事』かな、と。

でも、あくまでも『本編と比べた場合』ですよ。
商品として、また立体物としてSEEDシリーズは成立していると思いますよ。
素材として何のフィルターもかかっていない素、として。
シリーズ通して、インパルスは足が短いのにデスティニーは長い、とか無いですし。
ストフリに関しても、『足がシリーズ中と比較的短く見えるだけ』で、長さ自体は大差ないですよね?(確か^^;)
昔はそりゃもう酷いモンでしたが、今のバンダイさんの商品は良くも悪くも品質は一定だと思います。

後は各々が、SEEDフィルター(スパロボ風味・笑)をかけるなり、リアルフィルター(兵器風味・笑)をかけるなりして、
仕上げれば良いんじゃないかなぁ??


>画の嘘

前から思ってた疑問。
最近はゲームとかで、3DCGでガンダムが活躍しますよね。
しかも、カッコいい^^
でも、テレビシリーズはなぜか未だセル画のまま。(みてないけど、SDではCGでしたよね?)
初の3DCG作品は今のところオリジナルビデオ扱いですが、『イグルー』があります。

上にも書いたように、3DCADを起こす工程があるので、本編が3DCGになれば流用(データ圧縮とかあるかもしれませんが)できますよね。
そうしたら、劇中と違う、と言うことは無くなる訳です。
スピーディーに開発でき、且つ、劇中と同じものが手に入る。

そういう日がくるのは近いかもしれません。

でも、最近思うんですよ・・・。
セル画の方が絵の嘘は発生する。そりゃ、画に描くのは制約が無いですから、いろいろアレンジ加えられますからね。
でも、嘘が発生するからこそ、『劇中のあのシーンのフリーダムのイメージを盛り込みたい』とか、『あのイラストのテイストを
加えたい』と思うのが模型を改修したいと思う原動力であり、模型趣味に身を投じるキッカケになり、改修する行為を楽しいと思うのではないかなぁ。
劇中とまるっきり一緒だったら、何も欲求は生まれなくなってしまうんじゃないですかね?

パンフレットもテレビの本編も絵という絵は全部同じ3Dモデルからつくる
・・・たぶん実現することは難しいことではない気がするのですが、それを『あえて』しないのが楽しみを生み出す要因になっているような気がしてなりませんし、バンダイさんもそう考えているのかな?と思ったりします。

正直、SEEDのキット展開において、コレクション、HGと1/100シリーズのCAD流用の商品郡には魅力を感じませんでした。
全部同じ形なんですもの。構成も一緒。大きさが違うだけ(細かいディティールや調整は入ってましたけどね。)
でも、これって結構楽しみが少なかった気がするんですけどね。
(実際、小さいのも大きいのもパッケージ横の完成写真は大差なかったし。)
CDガンダムが主流になったら、ちょっと寂しい展開が待っているような気がしてなりません・・・。


僕はそういう矛盾が起こるから『こそ』、模型を作る側としては楽しいんだと思うんですけどね・・・。


さて、ガンダムの未来は『セル画』or『フル3DCG』どっちだ?
皆さんなら、どっちの世界を望むんでしょう?


・・・これで少しはある程度納得できそうな話しの展開になったかな?^^;

ま、この話はこれで終了です。
皆さんも理想のキット像を考えてみると面白いかもしれません^^
posted by シンたろー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

キットの出来(改訂版^^;)

さてさて、エドワウさんとちょっと話してて、最近考えていることがだいぶ整理できてきたので、ちょっとこの話を。
少数派な意見だと思うので、『ついてけないよ〜』と思われても仕方ないです(笑←最初からそれかよ^^;
ま、こんな見方もあるんだな、と思っていただけたら幸いです。


『HGUCの出来は良い』


これって、一般的に言われていると思うのですが(僕も言っているしね^^;←でも、一般的かどうかはわかりません)、本当にそうなんでしょうか?

僕が最近が考えるのはキットの出来が良いとはどういうことを言うのか?と言うこと。
人それぞれ基準が違うとは思いますが、一般的に、『弄らないでパチ組みだけで満足できること』が、出来の良いキットというのが良いキットってことで良いですかね?

『パチ組みで満足できる』=そのキットに満足する

満足できないのはなぜでしょう?
その理由としては『劇中と形が違う』『自分の思い描いているイメージと違う』などの理由によるものではないでしょうか?

それぞれ分割して考えると・・・

『劇中と形が違う』

これって、『映像作品をよく見ている』から違いがわかるのではないでしょうか?
例えば、まるっきりSEEDを知らない人がSEEDのキットを見たら、その違い(=劇中と形が違う)がわかるでしょうか?
もちろん、わからないですよね。
もっと大きく言えば、ガンダムを知らない人が見て、それぞれのガンダムの違いがわかるでしょうか?

僕なんかはウルトラマンは幼児期には見ていましたが、今のウルトラマンは『また、やっているんだ』と言う認識だけで、違いがわかりません(核爆←そりゃ、初代ウルトラマンとは違うのはわかりますが・笑)
もちろん、比較できる写真があればわかりますけどね。(間違い探しの要領で)
こう考えると、ガンダムを知っている人にはわかっても、知らない人にはわからないのではないでしょうか?


つまり何が言いたいのかと言うと、『劇中』を知らない人には違いがわからない、って言うこと。

つまり、キットそのものが『カッコ良いか』『カッコ悪いか』と言う論点にたどり着く前に先入観・思い込み等、頭に描いているものと比べてどうなのか?という判断をしていませんか?と言うこと。

何も知らない人の方が立体物としてカッコ良いかどうか?と言うのにたどり着きやすいのではないかと思ったりします。
まぁ、何も知らない人は立体物に興味を示すか?と言えばそれも疑問ですけどね^^;

『イメージと違う』

これもまた然り。イメージと違う=頭の中に思い描いたイメージがある、と言うこと。
当然、知らなければイメージと違う、と言うこともないでしょう。


つまり、不満は深い知識や深い思い入れが無いと発生しないのではないでしょうか?

そう考えると、UCのものが出来が良いと思うのは、UC作品に対する思い入れ、先入観がない、ということと深いつながりがあるのではないでしょうか?

細かく見れば、僕にはアッシマーの足の細さや、ドムの形状は良いのに弱そうなプロポーション、パラスアテネの足の開かなさ加減、メタスの足のライン等、気になる箇所があります。(それは僕がそれぞれのキャラクターに抱く先入観によるものと思われます。)

それを弄ったりしているわけですから、必ずしも満足しているわけではないんですよね。
まぁ、全体の80%位は満足していますが^^

じゃ、ひっくり返して、SEED物は出来が悪いでしょうか?
一部を除いて(イージスやフリーダム、ストフリね(笑)キットだけを見た分には悪くないと思います。
(顔がカッコ悪いとかはありますけどね・笑)
ただ、劇中とのイメージの相違が一番大きいのかな。
それもデスティニー関連になってくるとかなり解消されていると思います。
立体物として、平均点には達しているのではないでしょうか?
そのまま組む事が多い人(=大多数の消費者)は満足いくレベルの造形だと思いますし、顔が悪いとかは他のできの良いのから移植すれば済む問題ですし。

モデラーとしてはこの出来の良い素体を基にして、各自が思い描くようなイメージに近づけるような味付けをする、と言うのが健全だと思うし、ちょうど良いのかな、と思います。

それでも環境的には今の時代は恵まれていると思います。
なんせ、僕らが子供の頃のキット(=旧キット)の出来と劇中の活躍する様との乖離と比べれば・・・。
昔はホントプロ?と言うレベルで無いと改修し切れなかったのが、僕位のレベルの人間が多少弄れば満足できるのですから^^


それともうひとつ。

『デザインの違い』

これも見逃せないと思います。
UCシリーズは、昔の設定画を下に製作しているのではなく、カトキ氏のリファインを経て平均点を狙ったデザインの再構築を経た形で模型化されています。
その段階で既に昔の設定がよりもカッコよくなっているので(←僕の思い込みですけどね)、出来上がった模型は既にカッコよくなっている気がするわけですよ。
あのTVのアッガイが、MGだとカッコよく見える。
どう見ても、テレビのアレではないですよね?
でも、ちゃんとアップデートされたデザインで立体化している。

それが『出来を良く見せている』原因の一端を担っている気がします。

これも、SEEDの設定画とビークラフトによるリファインの画稿を見ればわかるように、リファインされてそれを基にしたMGストライクとMGフリーダムの出来(フリーダムは微妙か・笑)は、共に満足度が高い商品だと思います。
元のデザインを再構築して皆のイメージを消化してデザインに落とし込んでいるから・・・でしょうか?


で、じゃ結論は?と言うと・・・

『今のバンダイ製品はどれもこれも出来が良い』

と言うことに落ち着きますね(爆笑
元のキットの出来は良いので、後は各自で思い描いた思い入れを存分に発揮する、つまりモデラー好みに弄ってね、って感じでしょうか。

良い、悪いを言うのは消費者の常ですが、僕なりに考えると、これだけの商品を提供されているのだから、贅沢な話ですよね、ってことです(笑
後は、買わない人は文句言うな、ってことでしょうか(笑
買って、思い思い弄った結果完成させて(挫折してもオッケー・笑)、このキットは出来が悪い!と言う人は尊敬しますし、その意見は尊重すべきと思います^^

このように考えるキッカケになっているのは、昔ムックの中でMAX渡辺氏が『大改修ばかりしてキットの開発者に申し訳ない』と言うような節の発言をしたのが印象に残ったからです。
(改造する=キットを否定する、と言うことになるから・・・だそうで)
開発者も当然悪くしようと思っているわけではないでしょうし、工業生産品としてどうしても盛り込めなかったところがあったりするわけですしね。
それに、キットのパッケージング等の制約もあるでしょう。

悪く言うのは簡単ですが、良いところを探すのも大事だと思います。
それがまた難しいわけですが、僕はそういう視点から弄るようにしているつもりです(笑
なので、大改修せず、なるべく少ない手数で元キットを尊重したつくりをしているつもりです。
それの方が、たくさんいろいろなものを作れますしね^^

ある程度弄る要素を残しておいてくれないと、弄る側はつまらなくなると思いますしね^^;
現にMGクラスは文句の言いようがないわけですが^^;

ちょっとだけ続きます。
posted by シンたろー at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ありがとー、電撃ホビーさん^^

さて、ようやく目を通しました^^

で、6月号の内容は・・・

おおおお!!!
以前、このブログでも欲しいと言ってましたが(いつかは・・・忘れた^^;)、今月号の巻頭特集のオマケとして、

クレオスカラー全種のカラーガイドがある!

と声高に喜んでます^^

さらには、ガンダムカラー逆引き辞典まで!!!!

最高です(涙

これだけでも今月号の価値は非常に高いです(笑
・・・いや、ホントはクレオスのHPで見れれば良いんですが(笑
でも、これはホント個人的には嬉しいですねぇ^^
年に一回位は定期的に更新版をリリースして欲しいです^^;

夢がひとつかなったので(笑)、是非、次はウェーブやコトブキヤ等のマテリアル関係の一覧を・・・(爆
(一応、ウェーブ等のHPへ行けばある程度は見れます^^;;)

後は、ヘイズル特集の時の『ヘイズル2号機』のブースターポットにあったウェーブ製のプラサポの有効組み合わせを紹介して欲しいなぁ〜。
どうも頭の固い僕には、上手い使い方が思いつかないんです・・・。
何パターンかでも基本的な使い方さえわかれば・・・


まぁ、それは置いておいて^^;;

プロジェクトフォーミュラーなる企画が!

・・・F91、いよいよMG化か?
そう受け取らざるを得ないような^^;


まぁ、そんな感じなのですが(←えぇぇぇ!?笑

後、せっかくなので、提言と言うか、要望と言うか。
一応、創刊号からずっと買っている読者のイチ要望として、ね。

ガンプラの新製品ってとても大事だと思うのです。
僕みたいなミーハーな人間は気が早くて、どういう形状をしているのか、どういうギミックが組み込まれているのか、ドキドキワクワクしているのです。
HJ誌を引き合いに出すのは悪いことかもしれませんが、どう考えても、

DHMのバンダイ新製品に対する扱いが悪い!悪すぎる!!

今月はノワールについて大々的にやってますが、それと同じ位の扱いを他の新製品のキットに割いて欲しい!!
どう考えても、DHMの半分は『ガンプラ』にページを割いているのだから、せめてもうちょっと大きめの画像を入れられませんかね?

・・・それだけ(爆

あー、後、最近ちょっとAOZに冷めているのですが、ヘイズルを引っ張りすぎなのと(仕方ないですが)、登場するMSのサイズがでかすぎる!
あまりでかいとキット化してほしい!!と言う気持ちが『これは無理だろう・・・』と言う気持ちに変わってしまいます(涙

ヘイズルのフライトユニットだって絶対キット化されないデザインしてるもん(涙

微妙に希望を持たせ、且つカッコいいMSをガンガン登場させてください(滝涙

そこらへんは今月のAOZページにもあるけどさ^^

そんな感じかな^^
今月のDHMのガザはカッコいいです!
惚れました^^

最後は褒め言葉で終了^^


posted by シンたろー at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ガイアノーツのガイアカラー

そうそう、今公式HP(http://www.gaianotes.com/)に行ってきたら、第三弾のラインナップが決まってました。
010 ブライトゴールド
018 エメラルドグリーン
019 ラベンダー
020 ガンメタル
023 スカーレット
024 コバルトブルー
025 橙黄色(とうこうしょく)
074 ニュートラルグレーW
102 蛍光ピンク
121 スターブライトシルバー
だそうです。

大人気のコバルトブルーがついにラインナップに加わることに。
まだフィニッシャーズのも使ってないのに、こっちも買いたくなっちゃうなぁ〜(笑

そうそう、ガイアカラーを調べたのは、HJにチョコッと載ってたのですが、『欲しい色募集』の企画があったので、それが公式HPに載ってないかなぁ〜と見に行ったのでした^^;

予想外の情報ゲット(笑

欲しいカラーの意見を送ると、オリジナルで配合した塗料をもらえるとか。
なかなか面白い企画だなぁ〜と思います^^

ウェブのみ扱っている限定色(?)にも惹かれるし、なかなかアクティブに活動しているのが頼もしいですね^^

フィニッシャーの限定色といい以前より気になってたのですが、塗料メーカーにとって、新色を作るって言うのはそんなに大した話ではないのですかね?
そりゃぁ、日々研究を重ねて血反吐を吐く思いで(笑)開発しているんでしょうが、ガイアの新色のリリース間隔とかを見ている限り、新色って思ったより短い開発時間で出来るものなのかなぁ?と。

いや、ケチを付ける訳ではなくて、いろんな色が出てくる可能性が広がって嬉しいってわけなんですけど。

考えてみれば、クレオスも番号が300番以上あるし、昔に比べたら種類は増えているのか・・・。(現在、欠番もありそうですけど^^;)

何気なく使っている塗料ですが、調べてみると面白そうですね^^

posted by シンたろー at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

熱いHGシリーズ(早読みHJ6月号)

と言うわけで、HJをようやく目を通しました。

新製品情報はHGUCヅダ!6月発売!
1〜3号機コンパチ仕様。
肩は4重(!!!!)関節!!!!

度肝を抜かれました^^;

一昨年のMGボール以来の衝撃(笑

いや、だって、確かにDVDで出ているけど、レンタルorセルで細々(←失礼^^;)展開していた『イグルー』のキット化!
前半3作(4作?)の後、今年に入って仕切りなおし。
新1,2巻が出た、って話までは聞きましたが、買ってないし、レンタルしてないので見れてなかったり^^;

最初は松戸のガンダムミュージアムの目玉だったんですよねぇ〜。
僕は1,2話は見てきました^^

ホント渋い視点から見た、ガンダムの世界。
3DCGで展開されるスピード感あふれるガンダムの世界は、今後のスタンダードになるのでは?と思わせるほど。
実際には、テレビシリーズはアニメセルで展開されてますが^^;;
(なんでなんでしょうね?確かにポリゴンを起こすのは大変かとも思うのですが、一度描いちゃえば、ずっと使いまわせるのに・・・と思ったり^^;)

話が逸れました^^;
うーん、凄いことです。
これで、HGUCの展開がまるで見えてこなくなりましたね!
熱いです^^
HGUCのドキドキ感が帰ってきたのは、展開直後以来ですね!
あの頃(シリーズ展開当時)はガンキャノンにビックリし(笑)、ギャンでファーストか!と思わせておいて、ザク3でしたからねぇ(爆笑

あの頃の良い意味でのビックリ箱的な楽しさが帰ってくるんでしょうか?
期待したいところです^^

その他、作例はゼータのHGUC関係。

SEEDからはテスタメント!
先月のアウトフレームも思いましたが、HJ誌のスクラッチ作品はやはり目を見張るものがありますねぇ。
アウトフレームのカッコよさに先月気づき(足のアレンジはやはりああなるよねぇ〜)、今月のテスタメントも飛びっきりのカッコよさ。
あまり言いたかないですが、DHMの時は良くも悪くも『ふーん』でしたが、これはカッコいい!(アウトフレームと同じ作者ですが^^)

キット化・・・楽しみになりました(笑

そうそう、ジャスティスのビークラフトからの画稿、MGシリーズの画稿と変わらないのが凄いですねぇ。
あの画稿だけ見たら、MG化か!!と思っちゃうし^^;
ってか、キットは良くも悪くも画稿から離れちゃってるのが寂しいですねぇ〜。
・・・MG化もある?(ナイナイ・・・、しばらくは)
逆算すると、MGストフリの姿がちらほらと・・・
気のせい?^^



posted by シンたろー at 19:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

もののかたち

最近、SEED率が下がってますが、原因は明快です。

SEEDの新キットが落ち着いていること、逆に今まで触れた事のないゼータ系のキットが増えている事によります。

基本的には『新しいもの』が大好きです^^;(←それを人はミーハーと言う^^;

新しいキットも好きですが、新しい『デザイン』が一番好きです^^
新しいデザインを見ると、それの立体物を見たいという欲求が強くなるんですよね。

ちなみに、個人的にはゼータの頃は模型をしてなかったので、出てくるキットはどれも新しいデザインとして楽しめています^^
それが今年UC率が高まっている一番の要因ですね。

それと、新しいギミック、と言うのがまた楽しいです。
これはHGよりもMGのほうが盛り込まれやすいのですが、何年かに一度HGクラスもギミックが一新されるので、そういったときは一番楽しいですね。

ファーストに関しては、昔子供の頃よく組んだので、燃え尽きちゃっているので・・・^^;
特にファーストガンダムは度重なるリメイクにより(MG1,0→PG→MG1,5→FG→HGUC→Ver.ka→OYW?等々)、ちょっと個人的にはおなか一杯、って感じでしょうか^^;;;

毎年一回はリメイクされているのでは?^^;(ジャンボグレードとか、メタルグレードみたいのもあったし)

ファーストガンダムって人気あるんだなぁ〜、と思いつつスルーしてます^^;


SEEDシリーズに望みたいのは、多様なデザインのMSを出して欲しいと言うことでしょうか。
いや、大量にあるのですが、基本的にSEEDのデザインはシルエットを弄っているものばかりじゃないですか。

分析すると基本的には『ガンダム(本体は人型。もちろん細部は異なりますが。)+背負い物(シルエットを大きく左右する)』で構成されているので、一度組んだらまぁ満足しちゃうんですよね。

ゼータが楽しいのは、構成が違う、と言うところでしょうか。
大きな枠組みで言えばもちろん人型、と言うことにはなるんですが、ずんぐりしたのとか、奇妙なラインのものとか・・・。
ガブ・メタス・ガザ。全然違いますよねぇ〜。
そこが楽しくってしょうがないですね^^
平たく言えば、『カッコ悪い』デザインでしょうか(核爆

こういうようなデザインの系統をSEEDでも見たいなぁ〜、と。
(一部アッシュとか、ゲルズゲーとかありますが。←組んでみたい^^;)

しかしながら、SEEDの見せ場はスタイリッシュなプロポーション。
これも好きなので、『シルエットもの』が続くのも歓迎しますが^^

デスティニーで残念に思ったのは、SEEDの後継機が多かったことかなぁ。
作品の時代背景的にも2年の月日しか経ってないのでしょうがないのですが、バリエーションが多い(後半6機中4機がリメイクでしたし・・・←アカツキをストライクのバリエーションとして見ています)。
バリエーションにはバリエーションの楽しみ方があるのですが。

(ちなみに、SEEDで個人的に一番好きなのは、突き詰めた結果やっぱり『フリーダム』です。ストフリよりも、ね^^;
ストフリが好きなのは、フリーダムの意匠を多分に含んでいるから、と言うことになります。)

今度のスターゲイザーでも、やはり時代はユニウスセブン落下時ですから、バリエーションなのは仕方ないにしても、まるっきり見た事のないようなMSも出て欲しいなぁ〜。

もちろん、シリーズが出たら全部組みますけどね^^

惜しむのはデストロイのデザイン。
これ、組みたかったのになぁ〜。面白いデザインですよね。MA形態が(笑
・・・ゲイザーに登場すれば、まだ夢じゃない?(←絶対?出ません^^;;

トンデモMS、楽しみに待っているんだけどなぁ〜(笑
たまには『マジでっ!?』と言ってみたい(笑
僕のこの意見は少数派な意見でしょうから、キット化されないんでしょうけどね^^;
なので、その分そういう類のデザインはHGUCに期待しています^^(なぜか、こっちはガンダム系じゃなくても商売が成り立つらしい。)

今年一年も楽しめるラインナップが続くと良いですね^^
僕も存分に楽しみます!
posted by シンたろー at 19:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。