2007年08月11日

ガンプラエキスポトーキョー2007

http://www.gundam.info/topic/317

池袋サンシャインでやっているそうです。

・・・

・・・

去年ガン王がやったときに併設してやったって言うアレか?

あまりこういう類のイベントには反応しないのですが(汗)(←近いんだから反応しろよ^^;)、ちょっと『!!!』なニュースが。

MG101デスティニーの完成見本がちゃっかり展示されています!

出来てたんだ・・・(゚Д゚)

小羽はやはり展開するようですね。
ストフリのように連動ギミックありか?注目ですね^^

全身スラッとしていて、SEEDMGらしいプロポーションになっていてホントカッコ良いと思います^^
発売が楽しみです^^

それと・・・

エクシア。

・・・

・・・これって・・・HG!?

今月の模型誌で確認できると嬉しいですね^^

いろんな意味で、ちょっと行ってみたくなったり(笑
平日もやってくれているようなので、いけるかも?

そうそう、78のイラスト。
SEEDっぽく描くと78もあんなふうになっちゃうのね・・・

それもまたアレンジ、か^^;

是非、いける人もいけない人もリンク先へGO!
posted by シンたろー at 15:25| Comment(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

電撃とガンダムエース

電撃も読みました。

新製品についてはカット^^;
ただ、ちゃんとカラーページで大きく紹介して欲しいなぁ〜!と。

見所は・・・AOZが来月最終回!って事かな?^^;
(グリプス戦争編が・・・、ですが)
リックディアスの作例が凄い事になってた^^;;
ウーンドウォートは・・・これからでしょ^^;

ちなみに、疑問だったフライルーの顔設定が随分と公開されてました。
ガンダムフェイスはヘイズルの物、それに顎ユニットを足した、との事。
ちなみに2号機はヘルメットを目深にかぶり、スリットから目が覗くのが正解・・・だそうな。

後は・・・11月号?より、新たなるアストレイが連載されるらしい。
・・・凄く楽しみです^^

>ガンダムエース

08が面白いですね。個人的に。
新しい設定が続々。。。
あぁ・・・、コレがアニメだったら・・・(/Д`)・゜

それとユニコーンのプロモーションビデオがキャラホビで流れるそうです!
これまた期待できますね!
ついでにキット化も狙える・・・のか?(笑

クロボンは涙がチョチョ切れるほど良い話だったなぁ〜と。
作りたいのですが・・・手が足りん!

デスティニーの補完話も嬉しいですね^^
コレと08は単行本が出ているので欲しいなぁ〜と思います。

それと、月末にデータコレクション『∀』『アストレイ』発売です。
コレも欲しい!
http://hobby.dengekinet.com/index.html
詳しくはこのページの右下で。

電撃読んでて気づいたのですが・・・、ガンプラ王大阪大会は今週末なんですね^^;;
どんな作品が見れるのか楽しみです!・・・って、電撃は会場に行かないと見れないから・・・(/Д`)・゜
会場に行くことが出来ない人のためにも全作品集作って欲しい物です・・・。
沢山の力作が集まるのにもったいないなぁ〜

ま、誰かレポしてくれるか!(核爆←他力本願^^;


そういう今日は、ゾックの発売日^^
∀まであと2週間。。。
posted by シンたろー at 18:46| Comment(2) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

僕がガンダムに求めるリアルって何?(長いっす^^;

tkhさんのコメントを読んでいて、あぁ、ボキャブラリー不足や説明不足で読んでいただいた方々に勘違いさせている可能性がある可も知れないなぁ〜と感じたので補足です^^;
漠然と感じていた事なのであまり深く考えてませんでしたが(汗)、頭の中を整理するのにはちょうど良い機会だったので^^


でも最初に断っておきますけど・・・

僕個人的にはこう思っています、ってだけです。

ファンって言うのは色々いて良いと思うんですよ。
日本代表にだって辛口の人もいれば、甘口の人もいるでしょう?
でも、皆『好きだ』と言う気持ちがいっしょであると思ってます。
長いんで、暇がある方、興味がある方が読んでいただければ幸いです^^
ボキャブラリーがあれば、もうちょっと短くまとめられるんでしょうが、どうしても長くなっちゃう・・・^^;
スミマセン・・・m(_ _;)m

ちなみに、僕はかなり冷めたファンですので、熱い方はあまり僕に怒らないでくださいね^^;
怒りそうになったらスルーすることをオススメします^^;

それでも僕もガンダムを愛しています!

と前置きはしておきましたので^^;


>リアル

ガンダムにおけるリアリティを語る上ではっきりさせておかないといけない部分が、『ガンダムという名の兵器の話』なのか、『ガンダムという映像作品』なのか、と言うのをはっきりさせないといけない訳です。

それを僕は混同してしまい、一言で『ガンダム』と表記するから話がずれるんですね^^;
申し訳ないですm(_ _;)m

そもそも、『機動戦士ガンダムという作品』の定義は、ガンダムという名前の、2つ目で、額に角が生えてて・・・、トリコロールな配色の2足ロボットが出る作品、ってことでしょう?

夢も無い事を言いますが、『ガンダムという映像作品』はバンダイがロボットの玩具を売るための宣伝番組ですからガンダムというロボット自体にはリアルさは求められてないわけです^^;
僕も別に後何千年もしたら宇宙でああいうロボットが活躍しているとも思っていませんし、むしろ、商売として成り立つようなカッコイイロボットが良いと思っている番組なわけです。

『ガンダムと言う映像作品』ってそういうものだと認識しています(爆

だから『ガンダムという名の2足歩行の兵器が活躍する世界と言う「大嘘」は大前提』なわけです。

じゃ、どこら辺にリアリティを感じるのか?

ロボット自体にリアリティを感じるのではなく、それを彩る作品内のMS=兵器としてのの扱われ方であったり、MSの細かいリアクションだったり、細かい書き込みに依存する部分が大きいと思います。

僕らが『今実感できる現実世界に起こりうる現象・テクノロジー』を作品内にちりばめられている事が視聴者にとってわかりやすく、またリアリティを感じさせるのだと思います。

実際問題あれほどのロボットを作れるだけの技術力があれば、僕らの生活水準も相当上がっていて、それこそ空飛ぶ車に乗っててもおかしくないでしょうし、電話だって有線な訳がない^^;
でも、それらを全部作品内に入れて表現しちゃうと、ただの絵空事=アニメを強調しすぎてしまう訳で、物凄く冷める訳です。
そういう違和感を緩和する為に今のテクノロジーレベルに下げて演出していたりするそうです。(娯楽ですし・・・)

なので単純な話、風が吹けば木が揺れたり、投げたものが描く放物線だったりとか、宇宙に行けば体やモノが浮くといった部分を描いていたりとか、ミリタリチックな例ならば、マシンガンを撃ったら薬莢が出る、ミサイルを撃てば噴煙が上がる。へリが飛び立つ時には地上には凄く風が吹く等々。
こういう表現が上手く作品内で描かれて表現されたりすると、その部分にリアリティを感じる、と言う事なのではないでしょうか?

個人的には具体的に印象的なのは、0080の第1話。
もちろん、MSと言う存在自体というのはありえないけど、ハイゴッグの腕の滑らかな動きや、ジム寒冷地用の腕が千切れかかって、向きを変えたマシンガンで自機を撃ってしまうと言う様な部分だったり。
08小隊オープニングで有名な180ミリキャノンを撃つ反動で陸戦ガンダムがちょっと後ろにのけぞるシーンとか。

MSの存在はありえないけど、『もしあったならば、実際にはありそうなシーン』と言うのが僕のリアリティを感じる部分だったりします。



ガンダムの発展の歴史には言葉遊びならぬ空想遊びっぽい部分があって、『MSがあり得無いのはわかっているけど、もしあったとしたらこんな感じになるとリアルっぽくない?』と言う部分をユーザーと一緒になって積み重ねてきた部分があるわけで、昔からガンダムと付き合ってきた人ほど『ガンダムは(それまでのロボットアニメと比べて)リアルだ』と言う話になったりするわけです。

模型に関しても同じような現象があり、昔はスケールモデルしかなかった模型界にキャラクターモデルと言うジャンルを築いたのがガンダムです。

おもちゃとしてガンプラを手にする人も多かったですが(僕はここ^^;)、スケールモデラーだった人たちがガンプラを手に取り、『如何にすれば本物っぽく見えるんだろう?』と言う試みを受け入れる素性があったのがヒットの要因だったそうな。
あるはずも無い実物を色々想像したりしながら、『リアリティの追求=どうすればありそうに見えるのか?』を築き上げてきたのが今のガンプラの歴史でもあるわけでしょう。



そんな歴史を重ねてきたファンとガンダムの間柄に一石を投じたのがガンダムクライシスなわけで^^
かつては想像でしか感じる事ができなかったガンダムの大きさを、実際に実感できる、肌で感じることが出来る、と言うのが凄いと伝えたかった訳です。

それまでは、7階建て?の建物を見あげて、『ガンダムってあれくらいの大きさなんだろうなぁ〜』と言うような風にしか思えなかったわけですから。

もちろん展示されている実物大ガンダムと言ったってハリボテでしょうし(笑)、ナマで見ても『本物だぁ〜!』と感動したりはしないでしょうが(苦笑)、18メートル級の人型を実際に見上げたら、どんな感じなのか?
コックピットに座って見える風景とはどんな風景なのか?
人とコックピットの大きさの対比ってどれ位なのよ???等々。

それを体験できる機会なんて、めったにないのだから機会があったら体験してみては如何でしょう?と言う事が言いたかった訳です^^

かつて想像しか出来ないと言うジレンマに陥った経験のあるおじさんの方が、この実物大ガンダムに感動するんだと思います^^

ちなみにガンプラから入った僕はなかなか『スケール感覚』と言う感覚を理解するのはとても難しく、また未だに完全に理解できていない部分だと思います^^;
だから、機会があったら見てみたいと思ったりします^^


で、昨日の記事のダブルオーの話で言えば、ミサイルポットは付いているし、作業用クレーンが組み込んである敵キャラのデザインは、『噴煙やら』『破壊されたMSを引き上げる』等々、視聴者がリアリティを感じやすいであろう事柄が『出来る若しくはしやすい』デザインである事にずるいなぁ〜、と言っている訳で(笑

現代兵器を思い起こさせるデザインは、ザクにリアリティも持たせる努力よりも、もっと労力少なく見る側にリアリティを伝えやすいデザインだと思います^^

もちろん、人型MSと言う地点で全然リアルでは無いんですが、そこは大人の事情だから無視って事です(爆

たぶん、リアルじゃない、って言う人は僕よりも全然マジメにガンダムを見ている人だと思います^^;
僕はあくまで娯楽だと思ってますし、ご都合主義でも仕方は無いと思ってますので^^;
そういうお約束を満たした上で、面白く見れるもの、楽しくガンプラが作れる作品を作って欲しいと新シリーズには期待しています^^


そういえば、触れ忘れてたけど・・・
キャラクターデザインは・・・(汗
そして、スポット後半の雰囲気に不安はあるんですけど・・・^^;

ま、売れるためなら仕方が無いか!(核爆


・・・僕は意外と冷めてます^^;

なんせ、ガンダム絶滅の危機に瀕した時代を知っているし、まだまだ出て欲しいキットは沢山あるし。
また、売れればその売り上げを元に他のシリーズのMGやHGUCの開発費も出てシリーズ自体もまだまだ存続できるでしょうし、ありえないキットもリリースされたりするかもしれませんしね(笑

テレビシリーズのヒットは全てのガンプラファンに恩恵があるんですよ!(爆
SEEDのおかげでHGUCが80種、MGが100種まで揃ったんですよ!
文句は無いでしょう?^^;

それゆえに、ダブルオーも頑張って欲しい訳です^^
と言うか、結果出せ!(爆

最後に・・・

僕が勝手にガンダム作品に求めているだけですから、ガンダムが好きな人の数だけ求めるものがあって良いんだと思います。
僕の意見が全てではないはずです。

そして僕はガンダムを愛しているし、応援しています!


・・・だから熱心なファンの方も怒らないでね^^;(核爆←怒る前にスルーしてください!
なんでおじさんはガンダムをリアルって言うのか?
posted by シンたろー at 13:40| Comment(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

パーティナイト(ガンダムW6話

さて、かなり遅いレビュー^^;
なんせ、今晩もう放送されちゃうし!(汗

全体的に5人の主人公をうまく切り替えつつそれぞれのエピソードをチラ見せしていく方式は忙しくもあり、デスティニーにはなかった気配りを感じたり(笑

さて、今回の見所はヒイロとリリーナの関係。

リリーナは執拗にヒイロに絡む。
セリフはいつもの『殺しなさい!』。
ウーン・・・、殺されマニア?^^;
ヒイロは思わずリリーナを救ってしまう自分に軽いパニック状態。

全体的にちょっと違うんでは・・・?^^;
とは思うものの、基本的な路線はベタな展開で結構好きです(爆

まぁ、最後の押し問答はどうかと思いますが・・・^^;

今回大活躍したのはウィング。
この機体、あまり詳しくはなかったのですが、今回の話しをみたら、結構好きになっちゃいました^^;
意外とカッコイイかも・・・^^;;;

トレーズの衣装とかOZの衣装にも象徴される上流階級ムードが特徴なのでしょうが、なかなか馴染めないところですね^^;

さて、来週(今日だけど^^;)はいよいよ5機のガンダムが勢揃い!
OZの策略が大爆発する・・・らしい。
お楽しみに!(僕が^^;あらすじ
posted by シンたろー at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

00、動きが早いね^^;

さて、バンダイの新商品発表会(そんなのあるんですねぇ〜)にて、00情報満載、6月初めの発表から動きがかなり早いペースで活発しています。

やはり、2年のブランクはバンダイさん的にも焦りがあるんでしょうか?
それとも力の入れようの表れか?

まぁ、確かに、なんだかんだ言いながら2年もTVシリーズがないと寂しいですよね。。。
テンションも上がりずらいですし・・・。

今度の00、上手く軌道に乗ってSEED同様の多種多様な商品展開に持ち込めるのか?
とても注目です^^
平成ガンダムや∀の時のように、5機のガンダムだけしかキット化出来ない・・・と言うような憂き目にあわないでほしいものです・・・。

全ては僕らの応援次第(←それは作品の内容次第・笑)でしょうか?^^


発表会では4機のガンダムの詳細、そしてガンダムマイスター(この言い方、なんかカッコ悪い^^;)の詳細が明らかに。

発表されたイラストはカッコいいけど・・・ちょっと今までのガンダムとはデザインが違うかな?
パッと見はガンダムなんですが・・・
それを新鮮と受け止めるられるかどうかも作品次第なんでしょう。

コレだけ早い展開をしているって事は、バンダイさんの力の入れようも凄いもの・・・って事なのでしょうが、一ファンとしては大成功を収めて欲しいですね。
そうすりゃ、それ以外の作品も恩恵を受けられるでしょうし^^

さてさて、一体どうなる事やら・・・?
要らない情報ですが、僕の感想をコチョコチョ^^;
posted by シンたろー at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

リリーナの秘密(ガンダムW5話)

さて、今週もやってきました!(←超遅^^;火曜放送です^^;;

アフターコロニー、195年。(イチキューゴ年・・・)
地球圏統一連合の圧倒的な武力による統一に反抗するコロニー側は、ガンダムを使ったオペレーションメテオを発動する。
しかし、その作戦は連合に察知されていた・・・。(こんな感じ?^^;

で、ようやくわかってきたのですが、どうやらOZ=スペシャルズ?
OZと言う言葉が今回出てきたのですが、ここと戦う話じゃなかったっけ?と言う風に、辺に知識がある分混乱気味だったりします^^;

全体的には状況が少しずつ開示されている感じでしょうか?
リリーナの正体。
そしてゼクスとリリーナの関係。
ヒイロが背負ったコロニーの事情。

演出としてはなかなか古典的な方法が満載でちょっとワザとらしいけど(まぁ、12年前の作品ですし、ね^^;)、なかなか考えられた演出だなぁ〜と。
コンパクト爆弾をわざわざレディ・アンに返しに行くリリーナ、っていう場面は面白かったですけど(ベタですよねぇ〜?笑

MSの戦闘に関しては思いのほか普通のガンダムシリーズですね。
SEEDの見得きりポーズほどではないにしろ、結構スタイリッシュな戦闘シーンを予想してたのですが・・・。
まぁ、エンドレスワルツの印象が強いのかも?^^;

毎度気になっているのですが・・・、番組提供で背後に移っているアップのガンダム・・・アレってゼロ??
とても気になります・・・^^;(ってか、ゼロなら後半主役機が前半から公開されてたって事なのか???

ゼロカスタムは沢山見るので、ゼロを作ってみたいなぁ〜と密かに思う・・・(笑
え?ウィングは・・・イマイチ・・・^^;

それと今更ですが・・・

ゼクス!アニキ!!!
フラガ大尉?がこんなところに!!!!
更に知ったのは、∀のギム・ギンガナムまでアニキじゃないですか!!!
うーん、、、こんなに色々出てらしたのですね・・・
今まで気づかなくてゴメン・・・(爆


さて、来週は、『パーティー・ナイト』!
超楽しみです!
・・・と言うような題名じゃないのがちょっと・・・^^;;
ま、楽しみにしましょう^^

一応のあらすじ(説明は下手です^^;
posted by シンたろー at 16:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

悪夢のビクトリア(ガンダムW4話)

ガンダム00も発表になったのに、今更ガンダムW??

実は僕は見たことがないのです^^;
エンドレスワルツは見ましたが、本編はまるっきり^^;
(摘んで見たことはあるけど、ほとんど覚えていない^^;)
当初、Gガンダムで熱くなってた僕は、後番のWのスポットCMを見て幻滅^^;

『少女マンガ!?こんなん、ガンダムじゃねぇ!!!(怒』

今から12年も前の話ですよ(苦笑
若かったんですね、僕も(笑

今や、SEEDがアリな僕としては、見直してみても全然オッケーな範疇。
むしろ、画が綺麗だねぇ〜・・・と思う始末^^;

人間、変われば変わるものです・・・^^;;

そう、常に新番組放送前は不安を抱えるものです。
∀のときの不安に比べれば、今の不安なんて軽いもんです(笑
むしろ、新しいガンダムがタダで見れる!と言う事に素直に感謝(笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前置きが長くなりましたが、、、

実はうち、近くのマンションが建った際電波が悪くなると言う事で、共同アンテナを引いてくれていたのでした。

おかげさまで、テレビ番にも乗っていない局が多数映るのですが(笑)、そのなかに『東京MX』TVがあるのです!

で、なんと!毎週火曜午後10時30分より『ガンダムW』が放送されることになりました!

ちなみにこの間、たまたまチャンネル回してたら、『ガンダム08小隊:軍務と理想』をやってたので、東京MXにはガンダム枠があるっぽいですね。

ちなみにWの放送を知ったのは少年マガジンの裏表紙だったりします^^;;
・・・マガジン、ナイスワーク!!(感謝

で、先週録画したら(←基本的に火曜は出かけてる)チャンネルを間違えました(滝汗←慣れてない^^;

今週からはバッチリ録画されてましたよ!
毎週登録したので、これから先は全部見逃しませんよ!!(喜

というわけで、気になる題名は『悪夢のビクトリア』。
ちなみに僕はWが初見なので、何話かわからず^^;
後で調べたら4話でした!

すごい!!
あと45話近くもバッチリ無料で見られる!!
これほど嬉しいことはない・・・!!

感激です^^
見てないテレビシリーズが無料で見られるなんて機会はめったにないので、これから一年はバッチリ新作気分で楽しませていただきます!(笑

いやビデオ借りれば良いんでしょうが、まとめて見ると途中で飽きて話がよく理解できないんですよね、僕の場合^^;
一週間に一本、と言うペースがちょうど良いようです。(その一週間で何回か見れるので理解も深められるし、ね。

と言うわけで、今年は秋からはガンダム2本立てて楽しめる、前代未聞のシーズンに突入です(笑


ところで・・・
ガンダムって基本的にファンに厳しいですよね?

SEEDで新たに入ったファンが、他のガンダムに興味を示したとしても、全部お金取ろうとするでしょう?
レンタルビデオ・DVD・ネット配信・有料チャンネル等々。
儲けたい気持ちもとても良くわかりますが、やはり新しいファンの開拓・継続を見据えて、過去のテレビシリーズを年一本くらいは民放で再放送して欲しいですよね。
毎年なんかしらガンダムがテレビ放送してれば、タダなら見る人は見ると思うんですが・・・。

今はTBSでSEEDをやってますが、SEEDやデスティニーで入った人にはあまり嬉しくない・興味ない枠ですし、その枠を他の放送してれば良いのに・・・と思ったりします。
如何なモンなんでしょう?バンダイさん!
∀なんてとっつきにくいガンダム、無料じゃないと見ないと思いますが!!(核爆←でも面白いから機会があれば是非!^^

まぁ、最近はユーチューブとかあるから、僕が心配するほどではないのかもしれませんが・・・使わない人も多いんですよ!(え?僕が少数派?^^;

まぁ、MXには感謝^^
ただ、MXって普通は映りませんよねぇ?^^;
そこが残念です。
で、悪夢のビクトリア
posted by シンたろー at 13:54| Comment(6) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ガンダム00(ダブルオー)

事前の情報により、今日当たりに動きがあるという話だったので、ちょっと気にしていました。

地球へ・・・

と言う番組の終わりに案の定予告編が!
(っていうか、あかしきあかし?とかと言う番組じゃなかったっけ??汗)

TBSで2008年10月スタート!
ガンダム00(ダブルオー)

待望の新番組は事前の情報どおり、完全新規の世界観を引き連れて登場です。
ちょっと映ったガンダムたちは、スタイリッシュな感じで描かれていたので、SEEDっぽくもWっぽくも感じました^^

果たして、今度のガンダムはどのような楽しみを提供してくれるのか、楽しみにしたいと思います^^

公式サイト
http://www.gundam00.net/


まぁ、正直な話、背中にどんぐりのついたガンダムや、登場キャラクターの好みに不安一杯な分けですが・・・

まぁ、僕はSEEDの時も同様の不安を感じてましたし、はじまればきっと問題ないんでしょう^^;
・・・たぶん^^;

後半主役機が超絶なカッコ良さを引き連れて出てきてくれるのを楽しみにしたいと思います・・・。(←気が早すぎ^^;


まぁ、どっちにしてもガンダムの将来の為にも当たってくれないと困るので(笑)、頑張って応援しますよ!
まぁ、僕に出来ることは模型を作ることくらいですが^^;

今月出てくる追加情報、楽しみです^^

また楽しい・ネタに困らない一年が過ごせそうですね!
posted by シンたろー at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

そういえば、アレ、どうなった?


いよいよ来週はMGザクVer.2.0が出ますね!
早々にランナー状態が画像で出回ったりしてますが^^;
中身は興味があるけど・・・やはり、箱を開けたときの感動が薄れるのはちょっと・・・^^;
まぁ、ザクは買わないので(!?)見ましたけどね(核爆

僕は赤いほうを・・・^^;

ザクVer.2.0の最大の特徴は、可動範囲!

なのですが、今回の話はそのもうひとつの方。
拡張性、ですね。

今でこそ、バリエーションを見据えた開発をされるのが当たり前ですが、MGというブランドが立ち上がった1995年はガンダムとザクのみリリースすることを目標としていたので、ガンダム・ザクで完結してました^^;

その後、MGというブランドの継続決定、色々なアイテムの開発が始まるのですが、新規のMGが発売する間隔がたしか・・・半年位かな?
今じゃ考えられないですよね(笑
今は毎月ですし^^;
毎月が当たり前になったのは、2000年の陸戦型ガンダムからかな?
ここから今まで、かなりのハイペースでしたね。。。
もう7年も経つのか・・・^^;

バリエーションがはじめて考慮されたMGはNT−1アレックス。
クゥエルとジムカスタムが同時期にリリースされました。
これを可能にしたのがカトキさんって事ですね^^

それよりもちょっと前の話。

半年も間隔が開くのは寂しい。
バリエーションって出来ないのか?
と言うことで槍玉に上がったのが、MGガンダムをベースにした『ジム』と、ザクのバリエーションで旧ザク。
なので、かなりカッコイイジムと(笑)、旧ザクが出来たんですね。(しかもかなりの新規パーツを加えて←余るパーツも多かった)

ザク自体はもう結構早い段階からバリエーションがあって、それが高機動型です。

僕はこの頃の話しはあまり知らないのですが、ジョニーライデン機とシンマツナガ機の2機が96年にリリースされてます。
この2機は・・・どういう経緯でキット化されたのかはわかりませんが、問題はジョニーライデン機で起こりました!

一部、金型の都合で配色が再現できなかったのです。。。

で、逆に設定を弄っちゃった・・・。

これにファンが反発。
それ以降、設定を捻じ曲げるような配色の変更は行われなくなりました。

この事件?は相当バンダイさんにとって勉強になったようで、それ以降リリースされたものはどんなに手間でも新規パーツを追加してでも配色を再現する徹底っぷり^^;
去年のキャンペーンの大河原版OYW版ガンダムも外装がほぼ2セット分入ってたという話も・・・(←未確認
ヒザは新規だとか!?

まぁ、本題は、そこまでするバンダイさんのことですから、近い将来出るであろう『ジョニーライデンVer.2.0』は元設定の色合いを再現してくるんだろうなぁ〜?と。

で・・・

そうした場合・・・

MGででっち上げた設定はどうなるんだろう?

と思ったり^^;

今となっては逆にそのカラーリングに希少価値があるような気もしますけどね(笑

最近のガンダム本とかでこのMG版のカラーの話は取り上げられているのでしょうか・・・?


いや、だから『アレどうなった?』って事で・・・^^;;

まぁ、個人的にはどっちでも良いんだけど(核爆)、たまにふと思い出すとちょっと気になるかな・・・?なんて^^;;

posted by シンたろー at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ガンダムエースとか

今更ですが、ガンダムエースの話題とか^^;(書くのが遅かった^^;

>デスティニーSP

今回はシンの話。
シンのラスト戦(名前なんだっけ?^^;)の前の心境をわかりやすく&補完しながら描かれてます^^
相変わらず、画が上手いなぁ〜と(笑
まぁ、MSはもうちょっと勢いで適当に書いても面白いと思いますけど(笑
線が堅く感じます^^
マジメなんでしょうねぇ〜(笑
でも好きです^^

>08プラスα

相変わらず、こだわり満載の展開。
3話過ぎても、OVA版の1話も終わらず!
ヤバイ!
後半・・・、超楽しみじゃないですか!(笑
個人的には、08の空白のミッション(いくらでも作れるでしょう?・笑)を2時間番組か映画で見たいなぁ〜なんて思ってたりするので、そういう展開も見たいな!

>デルタアストレイ

なんとビックリ最終回!!
えぇ!?(驚←先月から知ってましたが^^;

いや、通常コミック4冊出るじゃないですか。
てっきりそういうパターンかと思ったんですが・・・
5話過ぎたあたりから、展開が急激に早くなり、時間軸もかなり飛ばしていたので、(裏事情が)あるんだろうなぁ〜とは思ったのですが・・・。

映画の情報も見えず、気が付けば新番組(予定ですが)まであと半年・・・。

嫌がおうにもいろいろSEEDについて、嫌な雰囲気を感じていましたが(笑)、千葉先生のブログや時田先生のブログを読む限りではSEEDはまだまだ続きそう・・・かな?^^;

まぁ、デルタアストレイは何かイロイロ恵まれなかった気もしますが、原点のアストレイシリーズに近い雰囲気を醸し出していて結構好きだっただけに残念かな。。。

ちなみに、ラストは個人的にかなり好きな終わり方でした^^

>増刊?

来月末に、ガンダムエースの増刊が出るそうです。
『ガンダムAスペシャルVol.1』だそうで。。。

・・・ってか、増刊する必要があるんだろうか?と思ったのは内緒^^;

そんな話はどうでも良く(爆)、その中に気になる漫画が!

先月まで(確か)リーンの翼の漫画を書いていた方がガンダム漫画を!!
内容はわからないけど、もしかしたらイボルブのシャアの話かも?^^;(予告はそれだった)
この人、かなりが力があり、画を見ているだけでもかなり惹き込まれます。。。
最近では連載半ばにして行方不明中の(笑)、夏目先生以来の緻密なガンダム漫画が読めそうな!
(他意はありません、あくまでも、個人的な好みです^^;)

ガンダムレガシー、続き、このかたでも良いんでやりませんか?(核爆←失礼^^;

ってな感じでしょうか?
やはり、テレビシリーズがないとイマイチ雑誌の内容もパッとしませんねぇ〜^^;


posted by シンたろー at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ブルー


さて、またも引用日記で申し訳ないのですが・・・

http://www.studioorphee.net/blog/?p=220
千葉先生のブログより。

千葉先生がブルーについて語ってくれてます。

その中に非常に嬉しい一文が!

『「ブルー」のゲームそのものをPS3でリメイクしたいですね。』

ですって!!

おぉ〜!
もちろん具体的にどうこうってわけではないですが、コンテンツ提供側の方にも僕と同じような事を願ってくれている方がいる、と言う事実だけで幸せです(涙

是非、いずれ夢を実現させて欲しいです。

その際にはもっともっと濃いストーリー、ステージ数、登場MS等々スーパーパワーアップして欲しいです^^

今までの骨組みだけ合ってればオッケーみたいな(爆

あー、夢が広がっていくぅ〜(笑


まずは夢への扉を開くためにも、ブルー2号機はバカ売れしてくれないといけませんね(笑

強力に応援します!^^
posted by シンたろー at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ガンだ無双?

ガンダム無双・・・

正直、あまり反応してないんですよ、実は。

僕自身、無双シリーズをやったことがないもんで^^;

面白いって話は良く聞きますよね。
実際、僕も前の職場で働いていた同僚は(普段ゲームやらなそうな人だったんですけど)、戦国無双に嵌ってましたしね^^;

そんな無双シリーズとガンダムの夢のコラボレーション!


なのに僕は・・・


・・・・

・・・・

・・・・



そんなに沢山ザク居る訳ないでしょ・・・(核爆


と言う夢のない一文で片付けたのでした(核爆

ですが、その無反応男にもちょっとした変化がある出来事が!

それは・・・


Gガンダム参戦!!

W−0参戦!!!!

∀参戦!!!!!!

なんですとーーーーーー!!!!!



ここら辺で吹っ切れたんですねぇ〜。

『あ、これはある意味、お祭りゲームなのか!?』

こんな単純な話に気づかないのももったいない話で^^;;

それ以来興味があったんですが、更なる衝撃が!!

武者ガンダム参戦!!!!!!!!!!!!!!!!

『なんじゃそりゃーーーーーーぁぁぁ!!』
『ふざけるのも大概にしろぉぉぉ〜〜〜!!』

・・・

・・・

と思ったのですが、よくよく考えると・・・



あ、三国無双・戦国無双シリーズだから、武者ってかなり当たり前な選択・・・

・・・いや、むしろコレが正解?

と言う結論に(核爆


さて、こっからが本題です(核爆

武者ガンダムが新規デザインで登場です!!!

ファミ通に紹介されてた武者ガンダムの画稿を見て、この武者ガンダムのデザイナーがカトキさんによるものだという事。

良く見ると、中身のガンダムは皆さん御存知の『ガンダムVer.ka』じゃないですか!!!
構成はガンダムVer.kaの上から増加装甲を被せた感じ。
鎧の金縁をしっかりエネルギーパイプ類に置き換え、鎧を増加アーマー風にアレンジ。
まさにUC世界のデザインワークを取り込んでいて、かなり説得力があることに脅威を感じました。。。

欲しい(爆

近い将来武者ガンダムVer.kaが発売される気がします(爆

GFFでは確実にでるな、こりゃ^^;


コレもハーモニーの一環なんでしょうか?(笑←そんな訳ない^^;

近いうちにネットでも紹介されると思いますんで、是非チェックしてみては如何でしょうか?^^
お急ぎの方は今週のファミ通にて(笑
posted by シンたろー at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

模型誌発売

模型誌が発売になりましたねぇ!^^

電撃は今月で通算100号とか。
もうそんなになりますかぁ〜。。。
創刊から買ってますが、結構内容は変わってきた様な・・・。
昔の勢いのあるものも足して欲しいなぁ〜と思うのは、読者のわがままでしょうか^^
それなりに楽しませてもらってるんで、別にいいんですけどね^^;
今月はガンダム以外が多く、ガンダマーな僕にはかなり辛い内容でした。

HJの方は今月もガンダム満載!
しかも内容も濃いです^^

ハリーさんのケンプファー!
セイラさんのZ2!!(発想力豊なのが羨ましい)
rokuさんのバクゥ!(おめでとうございますm(_ _;)m)
プロトドムキャノンにジムにクゥエルに・・・

ってほぼ全部じゃん^^;
と言う訳で、今月は凄く幸せな気分に浸らせてくれて嬉しかったです^^


新製品情報は以前お伝えした通り。

個人的にはあまり反応薄かったのですが(汗)、よくよく眺めていると暁、カッコイイですねぇ〜^^
ぐっちさんもコメントしてましたが、これを元に・・・なんて邪な気持ちがむくむくと・・・(笑
レジェンドやセイバーでも良いんですけどね、僕の場合^^;
やはり、大きいのと小さいのではデザインの方向性を変えてくれると色々な刺激があって面白いのかも^^

MGノワールも、フレーム流用か・・・と思ったのですが、本体の装甲はほとんど入れ替えになるのかも・・・と思ったら、ちょっとどころか、結構欲しくなって来たり^^;
IWSPのときは本体とバックパックのデティール差にちょっと・・・と思ったりしましたが、本体外装に手を入れてくれたらそんな違和感も払拭されるのかなぁ?と・・・。
密度濃くなってたら、ノワールとIWSPを組み合わせろ!と言われている気もしないでもないし(笑
ちょっとテストショットが上がってくるまで態度保留(笑
これを見てHG・・・(以下自粛^^;

その他、個人的な注目は2月発売のコアファイターセレクション。。。

これ、凄く欲しいです^^;
コアファイターはもとより、コアスプレンダーとか、超欲しくありません?
Vのコアファイターも頭部付きでちょっとお得感が・・・^^

HJ誌にて立体化して欲しいラインナップを募集していましたが・・・
欲しいと思うのは今回ので十分かも^^;
後何か良いのありましたっけ???


それと、前回書いたイボルブ。
謝らねば・・・m(_ _;)m
申し訳ございませんでしたm(_ _;)m

最新の画稿・CMの動いているのを見たところ、『ガンダムに見える』・・・と思う。
多分・・・。
思っていたよりは・・・。

と言う訳で、まぁ、前回は暴言をスミマセンでしたm(_ _;)m
反省しております・・・。

posted by シンたろー at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

2007年、希望(笑

そうそう、以前よりずっと触れたかったこの話。

今、ゲームセンターで人気のゲーム、『戦場の絆』。
かなり人気があるようですね^^
以前より、バーチャロンのシステムでガンダムを!と思ってた僕としても、非常に興味深いゲームです。
まぁ、僕は未だ未体験なのですが、おそらく将来PS3に移植されて、凄く盛り上がることは間違いないでしょう^^
これこそまさにネットゲームにふさわしいでしょうし。

それともう一つ、カードビルダー。
こちらはカードゲームの延長のようなタイプのゲームのようで、ゲームするたびにカードが貰え、揃えることで強くなったりするそうな。
ガンプラモデラーで一番大事なのは、『カードに描かれたイラストがカッコイイ!』と言うところだったりするわけで(笑

まぁ、プレイしていない僕にはカードダスやガンダムウォーとどう違うのか、と言う違いのわからない男なのが残念なのですが、注目は過去に登場したガンダムゲームのキャラクター達の扱いがしっかりされている部分にあります!


そもそも、古くはガンダムピクシー・イフリートが登場するゲームに始まり(完全新規のキャラとしては初だったような?←名前忘れたんですが)、サターンの『ブルーデスティニー』シリーズ。それと、ドリキャスの『コロニーの落ちた地で・・・』とかがありますね。

ガンダム4・5号機は元々の設定を更に煮詰めて登場したり(PS2めぐりあい宇宙)。

数々のストーリーが作られ、1年戦争はかなり色々な部分で補完・設定増されたのは皆さんの御承知の通り。

流石に、ガンダムの種類もたくさん増え、カスタム機が続々増え続けて・・・
ちょっと多すぎかな?とも思いますが(笑

ストーリーもいつも新規のものを用意していただいてるのですが(凄く嬉しいですよね^^)、でも今回言いたいのは新作よりもむしろリメイクして欲しい!と言うこと。

ガンダムのゲーム・・・と言うと、ストーリーは常に新作、今までに語られなかった部分を、とか新型MSとか、常に新しいものへ、新しいものへ、と言う追求がなされています。(何ででしょうねぇ?それの方が売れるのかなぁ?)

でも・・・、やはりファンとしては見たくありませんか?

今の技術力でバリバリ動くブルーデスティニーの世界。
追加エピソードを加えたりして、カッコイイCGムービーを追加した奴、遊びたくありません?^^
月夜の夜に、人が動かしているのか?と疑いたくなるような狂気に身を包む青いMSの姿を・・・!
敵MSを追い払ったのち、炎揺らめくミディアのコンテナの中に・・・それが寝ているシーンとか・・・。

そしてなんと言っても、イフリートとの砂漠上での決着シーン!!!(2巻最後だったような)

おおおお!!!見てぇ!(爆←一人盛り上がり^^;

コロニーの落ちた地で・・・、のPS3版で、カッコよく動くジムスナ2とか見たくありません?
『あの』グフや『あの』ゲルググとかハイエンドCGで見たいし!

と思うのですが、製作に関わってた方々が再度集まらないとそれは叶わぬ夢なんでしょうかねぇ・・・。
(ブログリンクにある、アストレイの千葉先生がブルーに関わってるとは知らなかった^^)

まぁ、実現できなかったとしても、せめてWiiのバーチャルコンソールで過去のシリーズが遊べるようにして欲しい訳で・・・
(Wiiのこのシステムで色々な懐かしいゲームが追加され始めているので^^)

模型的には当然、いつかはゲームに登場するMSをコンプリートしたいと思うのですが・・・
まぁ、無理ですねぇ(爆←諦め早!^^;

HGUCでジムスナイパー2が欲しい今日この頃(笑←話が変わりすぎ^^;

改めて・・・
一方、今年のガンプラはどういうラインナップが中心になるんでしょうか?
今年は予想が難しいですねぇ^^;

一昨年〜去年はゼータモノ・ファーストモノを中心に(どちらかと言うと映画のあったゼータに相当スポットが当たった)もう一方の車軸でSEEDを展開すると言う、ほぼ安定的なキット化が嬉しかったのが記憶に新しいですが。

今年は、SEEDの映画化に注目が行ってたのですが・・・
未確認情報ながら、新番組の噂も聞こえて来てますし、秋口からはそっち方面が賑わいそうですが・・・

HGUCとSEEDで秋までいくのかな?
HGUCは、今は『戦場の絆』シリーズが展開中ですが・・・いつまで行くんでしょう?^^;
時代軸が0083位にも伸び始めているし、既存キットのバリエーションの要素も強そうなので、そういう展開を続けるんでしょうか?

それともハイコンプロや、MGでの展開から、HGUCでも逆襲のシャア祭り?
それはそれで嬉しいですが、やはり・・・『ZZ』はダメですか?(涙
ファースト・ゼータがかなり補強されたのですから、次の期待はここなのですが・・・

ZZのHGUCがそろそろ欲しいなぁ〜と思うんですけどねぇ・・・。
でも出ちゃうと他の物が出なくなりそうなんで、ドーベンウルフやハンマハンマ、ゲーマルクとかジャムルフィンとか・・・

出ないかなぁ〜・・・。凄く面白いデザインなのに・・・。
カトキ先生のリファインも見たい・・・。

もっとも、富野監督はこのシリーズを無くしたいようですが(涙

いや、監督・・・、嫌いなのはわかったけど、プロなんですから作り直しましょうよ^^;;
嫌なら、全てゼロにして、物語り新しく一本作って良いですよ^^;
キャラクターの性格も全て変えても構いませんよ^^;
好きなように作って良いので(ゼータほど、完全新規にしても反発が少なそうですし・核爆)新たなるダブルゼータを作って欲しいなぁ・・・。

もう一度、ダブルゼータにスポット当ててくれないかなぁ・・・と願う2007年のほのかな期待をしつつ、リリースされるものを楽しみたいですね(笑

さて、モニターの前の皆さんは今年は何のキット化が来てほしいと思いますか?^^
それを考えるのもまた楽しいんですよねぇ〜(笑
(過度に入れ込んで、アレ出せ!!だと疲れるんですけどね・笑)

さて、じゃぁ・・・SEEDは??

これまた難しいですよね。
ちょっと思ったのは、なぜ今バクゥ?と思ったりしました(笑
・・・そういえばゲイザーに出てましたね^^;

過去のシリーズに遡ってのキット化、と言うのは無いんでしょうか?
ゲイツあたり、欲しいなぁ〜と未だに思うんですけど。
ウィンダムも。

箱を見ると、『ゲイザーシリーズ』と銘打って展開しているだけに、今更戻るってのもしない気もしますが・・・

あえてそこは英断を!(笑

若しくは、半年の間、アストレイ祭り?(笑

ブルーセカンド?アマツ?Dアストレイとか?

これはこれで嬉しいかも(笑

さてさて、、、何が出るやら。。。
3月のラインナップは方向性が見えそうで楽しみですねぇ^^
今月の模型誌で発表でしょうか?
しばらく注目したいですね^^
posted by シンたろー at 18:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

MSグラフィカ

久々の更新は、2月のガンプラ情報から。
http://www6.ocn.ne.jp/~midori-b/puranew/sinsaku037.htm#4
ホビーショップ ミドリさんより。(ってリンク貼って大丈夫?←ダメなら消します

MG Hi−νガンダムの詳細。

ファンネルの射出噴煙パーツと発射したビームがクリアパーツで付く模様。
基部のみかどうかはわかりませんが、メッキパーツも付くらしい。
(ちょっと、(・ω・;)なかんじ?^^;)
ディスプレイ台も付属。
完成時にはストフリフルバーストっぽい展示が出来そうです^^
お値段はしますが、もう旧来のファンには無視できないキットでしょうね。
僕も楽しみにしています^^

HGシビリアンアストレイDSSD

HJには秘密が・・・とあったのですが、紹介されたチラシには取り立て載っていない模様。
台座が付くらしいけど・・・これが新規スタンドと言うのは期待しすぎか?^^;
でも、売り上げが期待できない(爆)量産型機ですから、キット何かしらの新機軸がありそうな気がするんだよなぁ〜。
期待しすぎ?^^;

HGガンダムGP02MLRS仕様。

チラシ見たら、思ったよりも装備が派手でカッコイイなぁ〜と思ってしまいました^^;
色のせいかなぁ?
出来は良いのは間違いないのですが・・・、僕はスルーかな^^;
ドムキャノンだったら欲しい。
(本体トロピカルドムでしたし←って事は完全新規になっちゃうなぁ〜)

それと、R3シリーズのエルガイムマーク2。
昔、子供心に買ったことがあるマーク2。
結構好きだっただけに、流石に今回はちょっと欲しいかも^^;
うーん・・・でも作る暇がなぁ〜・・・。
第3弾との噂のウォーカーギャリアも欲しい・・・

と言う感じでしょうか^^;
下に載っているR−2もちょっとそそられる・・・^^;
・・・R−1と合体できたら・・・凄いのになぁ〜(笑←無茶^^;

3月は何が来るんでしょうか?
今月の模型誌が楽しみです^^
きっと年度末なのでビックアイテムが・・・ガンプラの場合はそれは無いか^^;(去年は確かメタスだったし・笑)


さてさて、発売からまもなく、色々なところで紹介されているMSグラフィカ。
僕も欲しい!と思ってたのに忘れてました(核爆

と言う訳で、本屋でも見当たらなかったので早速アマゾンで購入。
注文してから2日で着ました^^
便利!・・・でも、前日にふらっと寄った本屋で見つけ、衝撃を受けたのは内緒です・・・^^;;

表紙。
2007.1.12.11.jpg

軟プラ製のハードケース?入り。
中には1冊の・・・と思ったら3冊!?

2007.1.12.12.jpg
ゼータ編、マーク2編、百式編の三冊。

ちょっと覗いてみましたが、まずはそのグラフィックに感動^^
とても綺麗なCGで、眺めているだけでもなかなか幸せな気分に浸れます^^
それもそのはず、ガンダムエボルブでおなじみのサンライズが全面協力、観衆製作を担当してたりします。


2007.1.12.23.jpg

内容は流石に転載したら怒られそうなので(笑)、大き目の画像で裏表紙を。
裏表紙なので大丈夫でしょう^^;

これがまた、各本、ストーリー仕立て担っているのですが、そのストーリーがまた面白い^^
読んでいる途中ですが、文字が苦手な僕でも(核爆)、スルスルとついつい読んでしまうほど。

最近n兄さんたちが作ったレッドゼータがチラリと映っていたり(あれ、レッドゼータですよねぇ?)して、なかなかサービス精神旺盛。
更には、百式の計画段階であったデルタガンダムまで詳細に載ってたりとなかなか興味深い内容。
資料的にもデティールの勉強になりそうですし、是非目を通してみる事をオススメしたい一冊ですね^^

最大の難点は、2400円と言う値段!
ちょっと高いですが、金銭的にゆとりがあったり、お年玉が残ってたりしたら一冊清水の舞台から飛び降りた気持ちで買ってみては?(笑
ガンダムが好きなら、後悔はしない内容だと僕は思います。



また何か良い物があったら紹介しますね^^
posted by シンたろー at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

AOZ

今日はAOZ(アドバンス・オブ・ゼータ)についてチョコッと。

そもそもAOZとは、ゼータガンダムのサイドストーリーで、ゼータで把握の集団として描かれた(笑)ティターンズ視点の物語です。

来週はMGストフリが出るって話題で一杯ですし、皆それ一色になりそうな勢いですが、そんな裏ではTR−5フライ・ルーが発売されます(笑

なかなかの快挙で、AOZは電撃ホビー誌独占発信のコンテンツから4機目のHGUC化です。

このフライ・ルー、フルドト2と言う増加システムを身にまとって立体化されるわけですが、これもヘイズルと連動するようですね^^;
(今頃紙面見てるんじゃねぇ!とも言う^^;)
凄い事だなぁ〜。。。と感心。

ヘイズル改・アドヘイ・2号機・フライルーで、オマケのフルドト・アウスラで組み合わせはホント多彩です。
アイデア次第では、見る側の予想を上回るカッコよい立体物を生み出せる可能性はありそうですね^^

それと、AOZのキーワードとして取り上げられていた『整合性』というのをアドヘイ+アウスラ=バーザムの記号と言うところにようやく確認できた訳で、改めて多角的に考えられて、見事な整合性を発揮しているなぁ〜と、感心^^

ヘイズルのデザインを見たときに、まさかバーザムと似ている・・・と思うとは夢にも思わなかったもんで^^;;

これだけの力の入った企画、電撃だけで展開するのはもったいないよなぁ〜と思うのは僕だけでしょうか?^^;

フルドト・アウスラ(は今は入手可能ですが)を電撃本誌のオマケだけの存在にしておいてよいものでしょうか?
もちろん商売ですから、電撃には多大な利益を生み出して欲しいとは思いますが、ある程度もうけたら、その資産はやはりファンに還元して欲しいなぁ〜と思います。
・・・いや、金クレ、って言っている訳ではなく(笑)、いつでもファンが手に入れられる環境にするために、資産を開放=オマケのみ通信販売、、、等の展開をするべきじゃないのかな?と言う提言。
若しくはバンダイさんにHG準拠の新作でデザインしてもらうとかね。

是非、前向きに検討して欲しいですけどね。
どうなんでしょう?

それに、電撃だけで盛り上げるにも限界があるでしょうし、是非業界全体に開放して盛り上げて欲しいですよね。
まぁ、それはこの企画が終わらない限り無理かもしれませんが、せっかくここまで頑張ったんだから、大成功で終わって欲しいですし、ね。

HJ誌やMG誌にも取り上げてもらえる様、独占に拘らずに展開して欲しいなぁ〜と思います。
独占したい気持ちも十分良くわかるんですけどねぇ〜。。。

・・・・ダメっすか?(笑


AOZと言えば、エリアルドの大破したギャプランから始まったと記憶していますが・・・このギャプラン、やはりTR−5だったんですかねぇ?
エリアルドの最後の乗機はフライ・ルー?

なーんて考えたりしています。
とりあえず、最後の大物、TR−6、楽しみですよね!^^

今後の展開も期待しましょう^^
posted by シンたろー at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

小ネタ・・・ロッソダガー


下のアニメの話題、ちょっと遅かったですねぇ(苦笑
ちょうど一日前にシャア専さんで同じような内容が出てました。
いやぁ〜、間が悪い^^;
考えた時間がもったいなかったなぁ〜(笑


さて、それはさて置き、ちょっとした小ネタ。

ストライクノワールの『ノワール』はフランス語で『黒』の意味を持つというのは、何度かご紹介したと思います。

で、てっきり僕はヴェルデバスターの『ヴェルデ』はフランス語だと思ってたんですよ^^;;

実は、イタリア語。

ヴェルデ=イタリア語で緑の意味を持つそうです。

ついでに、ブルデュエルの『ブル』もイタリア語。

ブル=イタリア語で青の意味だそうです。


なんで、ノワールだけフランス語で、ヴェルデとブルはイタリア語なんでしょう???

ずーーーっと引っかかっていたのですが、ようやく気づきました!!

機体の名前の後ろにつくとフランス語。
機体の名前の前につくとイタリア語になるのではないでしょうか!?

ストライク『ノワール』。

『ブル』デュエル。
『ヴェルデ』バスター。

ついでにもうひとつわかったことが。

ストライクルージュ。

ルージュは英語かと思ってましたが、英語もありますがフランス語もあるのです!

この仮説、仮説では無さそうですよね?^^

という訳で、今回の新作、赤いダガーは、ダガールージュ、若しくはロッソダガーってことになるのかな?(笑

語呂がいいので、ロッソダガーって事で!(笑
posted by シンたろー at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

模型誌とか、とか

ようやく出揃いました!

で!御報告があります!!
SCYTHE師匠の作られたザウートがMG誌に掲載されました!
(キャラホビページで、ね)
おめでとうございます!!
皆さんも見てくださいね!

で、電撃とHJには裏切られました・・・(涙←お前は何もしてないだろう?^^;;
いや、我が事のように喜んじゃいました、とさ^^;


さてさて、CMも終わったところで・・・(笑

電撃の方の特集はミリタリー特集^^
なかなか最近こういうのやってなかったからちょうど良いんじゃないですかねぇ?
注目のガン王は全作品載ってましたね^^
知っている方の名前もチラホラ(って言うか、優勝していらっしゃるし^^;)あって、なかなか楽しめましたね^^
皆さん、お疲れ様でした^^

編集部の総評も目を通したのですが、結構ここ最近言われる『個性がない』と言ってますが・・・

個性って何を持って個性と言うのかが難しいですよね^^;

まぁ、出した事のない人間がアレコレ行っても説得力ないでしょうから(汗)、スルー(爆


ヘイズル、そういえば2号機が出てますね!
これでヘイズル改・アドバンスドヘイズル、フルドト・さらには来月?再来月?登場のオマケが出ればほぼ全ての形態が再現できる、となっ!?

思い返せば、初めてヘイズルを見た衝撃・・・。
あれから、もう4年位経つんですね・・・。
まさか、こんなに(引っ張って・笑)多種多様のバリエーションができたり、キット出たりするとは思わなかったですよねぇ〜・・・。

しかも、他の製品と組み合わせることで玩具的な組み合わせを楽しめる商品に昇華されるとは・・・。
こういうの、結構嫌いではないです^^

一個に全部入れろよ!とも思いますが、それぞれに高いバリューがあるからあまり気にならないですし、ね。
これでクゥエルも出れば、ホントプレイバリュー高いですよねぇ〜。。。

こういう展開を他のSEEDなり、HGUCなりでも展開して欲しい。

オマケのシリーズは相変わらずコレクション基準のようですが、これもアリですよねぇ〜。
値段抑え目で、単品販売して欲しいですね。
安ければ、『中にMSが入ってないじゃないか!』と言う苦情もあまり来ないのでは?(笑
ソードカラミティー用パーツ、フルドト、今度の奴、もリリースして欲しいなぁ〜、300円で。


MG誌ではキュベレイに惹かれたのと、上記のように師匠のザウートが載ってるって言うので押さえておきました^^;
買うには抵抗のある表紙でしたが^^;;

って感じでしょうか?
何が言いたかったのかって?
そりゃもう、師匠のザ・・・(略・笑




posted by シンたろー at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

SEEDデスティニースペエディ3 10月8日放送(関東


そうそう、すっかり忘れてた、この話題^^;;

まず、スペシャルエディション3『運命の業火』の放送が10月8日だそうです。
DVDは11月なのに・・・。
過去2作はDVD発売の月初だったので、結構間が空きます。
テレビ録画しておきましょう^^;

内容はキラVSシン〜ステラ死亡〜アスラン脱走〜ストフリ発進までかな?

あくまでも予想です!!

本編においては、1年放送してて、一番盛り上がった部分でしょう(爆
本編においても、もうちょっと驚きのある展開だったらなぁ・・・と思うのは欲のせい?
SEEDの3クールが驚き満載だったのに対して、若干当てが外れた感じ(あくまで個人的に。
ま、でも見所が多いので、結構満足できるフィルムに仕上がっているんじゃないかな?と。

一番の注目は、変更ポイント。(ここが注目ってのも、作品としてどうかと思うけど^^;
過去2作のスペエディでは結構大胆に変更してたりするんで、今回のも注目ですね。
ステラが死ぬ間際にはもう少し納得の行く展開にして欲しいんですが・・・
ただの逆恨みにしか見えなかったもんなぁ〜(まぁ、逆恨みが正解なのでしょうが見ていてあまり気持ちよくない・・・感覚的に^^;

乞うご期待。・・・MS戦も(ボソ・・・笑

>スターゲイザー

すっかり忘れ気味でしたが、今週の金曜から配信です!!
前回、2話は驚きの展開でしたし、今回のはどうか!?
最終回なんで、派手にやって欲しいなぁ〜
15分枠でおさまらない部分はDVDの特典映像に・・・(なりません^^;ってかありません^^;;
ゲイザーが如何に戦うのか、楽しみです^^

ちなみにストーリーは、僕の予想は全然外れているようです^^;
じゃぁ、2話で敵の過去にスポット当てる位なら、主役の過去にスポット当てろよ!と思いましたが・・・、それだと見せ場がないんでしょうかねぇ?^^;

さて、泣いても笑っても後15分!楽しみです^^
とりあえず、ゲイザー気に入ってるんで(笑←あのクオリティーは無理にしても、あの雰囲気で1年・・・は望めなくても、3ヶ月くらい深夜放送して欲しいですよねぇ〜・笑


SEED爆走なこの2週間!
ファンには堪りませんね^^
posted by シンたろー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

SEEDデスティニーRGB

rgb.jpg

こちらに取り上げたのが最近刊行されたSEEDデスティニーRGBと言う本。
これ、ニュータイプ誌に連載された?同コーナーを一冊にまとめた本です(多分・爆
僕自身はあまりアニメ誌を買わないからこういうあやふやな紹介になるわけですが^^;(だって、買っても読むページが3ページ位(ガンダム)しかないんですもの・涙
もっと、情報があるかと思いきや、なんだかあるんだか無いんだかわからない情報ばかりですし^^;
でも、このコーナーは好きです。
なんで買わない僕が知っているのかと言えば!SCYTHE師匠のオススメのコーナーだからに他なりません(核爆

このコーナー、キャラクターが書かれていることも多いのですが、それよりも注目なのはメカ!
SEEDと言えば、重田さんや本編アニメーター、大河原先生位しか描いていませんが(阿久津さんもいるか)、こちらは・・・誰でしたっけ(超滝汗

とにかく、アレンジされたMSがカッコよく描かれていたりするわけです。
まぁ、アレンジとは違うのかもしれませんが、ハイデティールで描かれてたり、良いラインで描かれてたり。

注目は、グフイグと、レジェンドかなぁ〜。

あまり量は多くありませんが、一見の価値はあるかも。

・・・一見の・・・

ま、そんなに高くも無い本なので(1100円)、興味があればどうぞ、って感じでしょうかね?

ちなみに僕はちょっとグフイグのテンションは上がりました^^;

ちょっとした紹介って事で。

ちなみにSEED版もありますが、現在絶版。
中古でやり取りされているようです。
僕は見たことがありません^^;(存在を知らなかった^^;

posted by シンたろー at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。