2007年06月19日

パーティナイト(ガンダムW6話

さて、かなり遅いレビュー^^;
なんせ、今晩もう放送されちゃうし!(汗

全体的に5人の主人公をうまく切り替えつつそれぞれのエピソードをチラ見せしていく方式は忙しくもあり、デスティニーにはなかった気配りを感じたり(笑

さて、今回の見所はヒイロとリリーナの関係。

リリーナは執拗にヒイロに絡む。
セリフはいつもの『殺しなさい!』。
ウーン・・・、殺されマニア?^^;
ヒイロは思わずリリーナを救ってしまう自分に軽いパニック状態。

全体的にちょっと違うんでは・・・?^^;
とは思うものの、基本的な路線はベタな展開で結構好きです(爆

まぁ、最後の押し問答はどうかと思いますが・・・^^;

今回大活躍したのはウィング。
この機体、あまり詳しくはなかったのですが、今回の話しをみたら、結構好きになっちゃいました^^;
意外とカッコイイかも・・・^^;;;

トレーズの衣装とかOZの衣装にも象徴される上流階級ムードが特徴なのでしょうが、なかなか馴染めないところですね^^;

さて、来週(今日だけど^^;)はいよいよ5機のガンダムが勢揃い!
OZの策略が大爆発する・・・らしい。
お楽しみに!(僕が^^;無事地球に到着するリリーナ。
待っていたのはOZに情報操作されたジャーナリスト達だった。
悲しみにくれるリリーナ。
家に帰っても母にリリーナは現実を知らされるのだった。

一方OZの方は事情を知るリリーナの暗殺を目論む。
指示をしていたのはOZの総裁?トレーズだった。

場面はリリーナの学校へ。
ヒイロは次の指令に備え、転校の手続きと自分の痕跡を消す作業をしていた。
学校は学園祭。
横目で同年代の男女が楽しげにしているのを見て一言。
『俺には関係ない・・・。』

リリーナはヒイロの行動の真意を知り、再び目の前に立ちふさがる。
前回とは違い、逆にヒイロを脅す。
そして二人はパーティへ参加することに。

一方五飛は基地襲撃をしていた。
同時刻、トロワはサーカスにいた。
ナイフの少女が投げるナイフにもまるで動じないトロワ。
その様子に逆に不安・恐れを抱く少女。
ショーの後のトロワとの2人きりの会話でも、二人の距離が近づくことはなかった。

ヒイロとダンスを楽しむリリーナ。
そこへ暗殺を目論むOZの襲撃が。
ヒイロはすかさずウィングに乗り込む。

圧倒的な戦力差を見せ付けるヒイロのウィング。
戦闘により砕けたガレキの下敷きになりそうになったリリーナを思わず助けるヒイロ。
自分のした事に理解できないヒイロ。
ちょっとしたパニックになったヒイロは現場から立ち去るのであった・・・。

一方ノインの計らいにより、トレーズのリリーナ暗殺計画は白紙に戻ることになる。

最後はリリーナのアップ。
『逃げないで・・・、ヒイロ・・・』

・・・いや、あなたのセリフの意味がわからん^^;
posted by シンたろー at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45251058
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。