2007年04月06日

ブルー

さてさて、ブルーも発売されて、個人的にはちょっと燃えてたりするわけですが・・・。

パッケージをまじまじと見たら、特に副題(最近良くある『戦場の絆』や『AOZ』と言ったロゴ)があるわけでもなく、通常のキット化。
『ガンダム外伝 ブルーディスティニー』って入れて欲しかった気もしますが(笑←若しくは戦場の絆。近い将来出そうだし?

まぁ、それは置いておいて、僕のつたない記憶を頼りに若干このブルーについて説明しましょう。

僕の記憶は曖昧だからダメ!って方はこちら(笑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E5%A4%96%E4%BC%9D_THE_BLUE_DESTINY

つたない記憶である事も含めて楽しんでいただく方はお付き合い下さい(笑

そもそも、セガサターン用のゲームで96年リリースだそうです。
3枚組み(リリース時期は開いていた)。
一枚で5話構成。
5×3で15ステージと言う。
コクピット視点で、ステージ前・クリアー後にデモが入ります。
得点で自分の階級が上がったりするシステムもあって、なかなか熱い仕様でした^^
最後にはオマケでアムロのデータと戦えると言うおまけも・・・。
べらぼうに強かったですけど・・・^^;;

で、

時は宇宙世紀0079年。
ジオンのニュータイプ研究所である『フラガナン機関』の研究所に属していたクルスト・モーゼス博士は凄い研究を進めていました。

その名も『凡人がニュータイプと同じだけの戦闘力を持つことが出来るシステム』。
僕ら、ニュータイプではない人々にとってはこれほど嬉しい研究はないですよね?^^
このシステムさえあれば、アムロのような英雄的なパイロットと渡り合えるのですから!!

詳しい仕組みは省きますが、ニュータイプの精神構造をPC上で解析、システム化したユニットを搭載する事で可能にしているらしい。

元々はジオンで研究していたのですが、博士の満足の行く結果が得られませんでした。(これがイフリート改)
技術力がジオンでは足りなかったのです。

そこで博士は思い切った行動に出ます。
システムを持って、連邦に亡命したのです!

もちろん、博士のシステムは連邦にとっても欲しいものでしたから、大歓迎されます。

博士は早速連邦のMS『陸戦型ジム』を持ち込んだシステムでチューニング。
しかし、陸戦ジムのスペックでは博士の満足の行く結果が出せず。
急遽、中身はほぼ78と同スペックである(78の部品試験の通らなかった落第パーツの寄せ集め・・・ですけど)『陸戦型ガンダム』に搭載。
頭部にシステムが集中している為、頭部はそのまま使用したのが『ジム・ブルーディスティニー』だった訳です!!

ブルーに染め上げたのは博士の趣味だそうで^^;

で、その研究の最中、事故が起こるわけです。
そう、暴走。

しかし博士の研究は止まりません^^;

研究結果をベースに2号機・3号機を作ります。
2号機からは、最初から陸戦型ガンダムをベースに開発。
なので、ガンダム頭なんですね!

3号機は蒼く塗る前にユウ・カジマに渡されるのでした。
なので、陸戦型ガンダムカラーだったりします^^

2号機を劇中でニムバスに奪われ、3号機で追いかける訳です。
最後のクライマックスは2号機VS3号機という、0083バリな展開に・・・。


なかなか面白そうな話でしょう?
特に凡人をニュータイプにするシステム、『EXAMシステム』はお気に入りのシステムです^^
モード突入すると、目が赤くなり(これは後々追加された様な・・・?^^;←Gジェネとか)、1分半?しか持たないという、特別仕様。

あぁ、懐かしいなぁ〜・・・。

ほかにブルーを使えるのは『Gジェネレーション』シリーズと、ガンダム戦記(PS2?)ロストなんたら〜ですね。

両方ともEXAMシステムが要になってますので、醍醐味は味わえるかと!
是非、機会があったら!!(確か廉価版が出てるような気がします←パッケージがガンダムの顔の奴)



posted by シンたろー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。