2007年02月04日

千と千尋の神隠し

をテレビで見た。

前にも見た記憶があるし、見ていると・・・やはり見たことがあるようだ(笑

でも、どうやら途中から全然覚えていない^^;;
前回は途中で寝てしまったようです(汗

そんな訳で、作業しながら効いたりチラチラ見たりしていたわけですが・・・

全体的な流れとしては、呪い?によって異世界に行ってしまった千尋の話なわけですが、意図はぼんやりとしか伝わってこなかったですね・・・。

全体を通して、監督が何を訴えたかったのか?
ここら辺がイマイチ・・・(汗
一回じゃ読み取りきれなかったのかも^^;
なんせ、転がり込んだ先の世界は、僕の想像力を超えた世界だったので、見ていて、『話がどうなるのか?』と言うところばかりに気を取られていたからかもしれません。
起こる現象現象、ヨソウガイの連続だったもんで・・・^^;

実際、『顔なし』がカエルを食べるあたりから話が急展開を迎え、一気に話に夢中になってました^^;
作業そっちのけで、しっかり画面を見ていたのですから、話への引き込み方が上手いなぁ〜と。

最後は双子のユバーバが登場し、それまたビックリしたものですが(笑)、若干感動してしまいましたねぇ〜^^;

ラストは、あっさりしすぎてて若干物足りなさを感じましたが、むしろわざとらしくなくて良かったかも知れません。


見終わった後の余韻や雰囲気を実際味わってみて、宮崎アニメファンが多いのもやはりわかる気がしますねぇ〜。

次はハウルだ!!(いや、まだ放送が決まってませんが・・・^^;

posted by シンたろー at 15:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 注目のテレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シンたろーさん、こんばんわ〜。
「僕はやってない」のネタバレ読みました!
ラスト気になってしょうがありません(爆

「千と千尋」は、僕は映画館で観たんですが、
なぜ千尋があの世界に呼ばれたのか、その理由だけを追求して観てて、
結局そこには触れず仕舞い…。
宮崎アニメは、そういう根本的な部分には触れないようです^^;
それに気付いて、2度目をロードショーで観た時には、しっかり楽しめました♪
いい映画です^^

ハウルもナゾとか、ま〜っったく気にせず観たので、しっかり楽しめましたよ〜。
キムタク声優やってもウマイw
でわまた〜。
Posted by ぐっちMAX at 2007年02月04日 17:26
シンたろーさん。毎度^^
いやぁ。モネはあの後、「ハウル」観て、「魔女の宅配便」の途中でやっと寝てくれましたわ。。。(汗)
時間は夜中の2時半でしたねぇ。
それから作業するオイラの身にもなってくれって話です・・・(涙)

和尚はぶっちゃけ汚いけど、出来た事にします(爆)
フォトショは今度こそレクチャーするんで。。。(^^;
Posted by Sala at 2007年02月05日 10:04
書き忘れた・・・(^^;
トップページの今日の工作が3/1になってるよ^^
Posted by Sala at 2007年02月05日 12:04
ぐっちさん、Salaさん、こんにちは!

>ぐっちさん

ラストはねぇ〜・・・、衝撃ですよ^^;
脱力感一杯です^^;;
でも、納得しちゃうだけの説得力があるんです・・・(涙

宮崎アニメって、どこか不思議な感じがしますよね。
すんなり受け入れられると言うか・・・。
メッセージ性が強いように見えて、きっちりエンターテイメントとして成立しているので、流石に巨匠と呼ばれるだけはあるなぁ〜と思ったり^^;
2度目はラストがわかっているだけに、もっとジックリ話を聞けそうで新しい発見もあるんでしょうね!
いい作品です^^
ハウル、、、未だ見たことがなかったり^^;
楽しみにしています!

>Salaさん

魔女の宅急便は・・・多少覚えてるなぁ〜^^;
気持ち良さそうに空を飛ぶシーンが多いのが印象的です^^
って、子供の頃から宮崎アニメで感性磨いているって凄いなぁ〜(笑
2時半から作業って・・・何時に寝てるのかしら?^^;;

か・完成!?
ドキドキしながら覗きに行きますね^^
僕の方はストフリに嵌りまくってます^^;;

3月1日!
気が早いなぁ〜、、、僕も^^;
修正しておきます^^

では、また!

Posted by シンたろー at 2007年02月05日 12:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32811386
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。