2006年07月23日

量産機におけるザクの力

完全に『ついで』の話なんですが、今月のHJのF91特集を見て、ひとつ思い出しました^^;

ガンダムシリーズにおける、ファーストガンダムが生んだ最大の功績は『ガンダム』を生み出したこと。
カッコイイガンダム・・・。
ガンダムタイプは売れに売れ、量産され、平成に入ってからは敵も見方も仲間もガンダムガンダムガンダムガンダム・・・・(汗
ま、売れるからしょうがない^^;
商売ですから^^;

そんなガンダムでも、特徴と言えば、ツノ。ツインアイ。ヘルメット。クチ。顎がある。とかでしょうかね?
∀は最後まで賛否両論が渦巻くいわく付きの機体ですが、この話はまた今度^^;

そんな中でも異端なのが、ゼータ。
コレ、皆ガンダムだと思っているでしょう?
もちろん僕もそう認識しています^^
でも、顔、構成ともに明らかにガンダムではないですよね?
でも見える。コレが不思議なもので・・・
まだガンダムのイメージが固まる前に出て来たので、(マーク2に続き通算3体目のガンダム)違和感無く馴染んだんでしょう。
でも大先生はこの顔を絶対書きませんよね?^^;
なので、続々生まれるSEEDガンダムズに、ゼータ顔はない・・・。

こんだけ引っ張ってて何?って感じでしょうが、ゼータ顔のSEEDガンダムが欲しい。
いや、それだけ^^;;;


さてさて、かなりずれましたが^^;
それとは別に、もうひとつの功績は『ザク』を生み出したことでしょうか。
ガンダムと言えば、敵はザク!
何となくその構図はずーっと付いて回り、僕らもそれを期待している。
ゼータではハイザック。
ダブルゼータではザク3とか。(あまりザクっぽくないけど^^;)

でも、常にザクに変わるデザインを求めてデザインされてきた敵キャラですが、結局定着しませんでしたね・・・。
逆シャアにおけるドーガシリーズ。(ザクっぽい面影があるけど)
F91における騎士タイプ。
Vにおける昆虫タイプ。

それ以降はさっきも述べたように、敵キャラにもガンダムを置く様になりました。(Gのせい・笑)

つまり、ザクに勝てず、惨敗続きだったわけです。
F91にして、オールズMSという設定を持ち出すあたり、つねにザク・ゲルググを引っ張り出す始末。

ウン、今月のHJでオールズMSのゲルググを見てそのことを思い出した^^;

と言うわけで、SEEDの世界に新しい量産機、『ジン』が登場した時は、多少違和感があったけど(胸の辺りとか・・・)、新しい量産機に期待したし、実際問題ザクに近いイメージも持ちつつ良い味した量産機の誕生に拍手を送ったのに!!!!

デスティニーではザク・グフ・ドムになっちゃった・・・。
やはり、ガンダムにおいて、ザクを超える量産機はもう会えない存在なのでしょうか・・・。
それが残念でなりません。

SEEDは良い意味でも勢いがあるし、その勢い・パワーを持って新しい世界を築き上げてくれると思っていただけに、監督がザクをオファーしたのには未だ憤りを感じます(笑
一応、大先生はザク+ジンのデザインで作り上げてくれましたが、どう見てもザク、ですからねぇ^^;

新しい量産機を作り上げる良い機会だったのにねぇ・・・。

自ら潰すか!!

次回・次々回のSEEDには新しい量産機の夢、叶えて欲しいものです。
なんせ、作品にはそれだけのパワーがありますから。(そろそろヤバイ?いやいや、まだまだ・・・

脇役あっての主役機ですよ。
全部主役じゃ主役を無敵にする位しか目立たせませんからねぇ〜。。。
是非、SEEDの頃の熱さを取り戻して欲しいものです。(使いまわしも多かったけど・・・)
今考えれば、劇中でレイダーがフリーダムの頭を飛ばしたシーンが奇跡的に思えてならない^^;;


と言うわけで、次回作以降の熱いMS戦・・・期待させて欲しいものです・・・。
posted by シンたろー at 13:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シンたろーさん、こんにちわ。
北海道行かれるんスね。いいなぁ。行った事ないからなぁ。
楽しんで来て下さいね^^

さて、僕は種デスのザク、グフ、ドムは肯定派なんスよね^^;
それだけにゲルググは観たかった。
アストレイのあのゲルググは無かった方向でお願いしたいです(汗
更に、是非次回作でゲルググやズゴックを!などと思ってますが、こんな僕はキライ?(核爆

>Z顔
∞ジャスのアゴを削ってる時にZ系だなぁと思って作業してました^^;
ちょこっとなら片鱗はあるかも?ですかね。
セイバーのスネ当たりはZ系ですが、顔がもろにZってのはやっぱり無いか…。
セイバーの顔もなかなか無いっスよ?

>劇中でレイダーが
あの頃は「はらはら」しながら観てたなぁ、種。
種デスは後半にあの「はらはら」が欲しかった…。
昨日種デスのフリーダム撃破のか回を観たんですが、いい話もあるんですよね、種デスも。
半分以上が余分な回だった事がこのアニメの敗因っスね(涙
Posted by ぐっちMAX at 2006年07月23日 16:00
ぐっちさん、どもども^^
僕・・・旅に出てきます・・・(笑

僕もね、別にザクグフドムが嫌いなわけではないのよ^^;
たださ、過去の敵MSの失敗は『作品の力のなさ』に起因するところが大きいと思うわけですよ。
SEEDほど人気があったら、『どんな機体でも』成功するはずだと思うんですよ(爆
失敗の中でも良いデザインラインのものがたくさんあるのに・・・
またも、ザクグフドムを使っちゃった・・・。ネタのために。。。
コレが残念だなぁ〜と。
いろいろ流行らせる事が出来たのにねぇ〜、もったいない。

>ゼータ

あれ、元々他の人(藤田さん?)のデザインらしいですし、意地なのかな?と思ってみたり(笑
でも、大先生の描く顔はいつも同じだし・・・

でもね、フリーダム等の頬当ては発明だと思います^^
はじめはビックリしましたもの^^;
でもヒット^^

もひとつ、下半身でぶなガンダムが居ないですよねぇ〜!
GP02みたいな。
ちょっと背負い物だけで勝負しないで、アレコレして欲しいなぁ〜。。。
後半ガンダムのうち、半分近くがバージョンアップだったのも新鮮味に欠けたかな・・・。

ストフリのような路線もアリだとは思うし、安心感があるけど、新鮮味は最初のフリーダムほどないのが・・・さみしい・・・。
アスランの載るガンダムにはトサカがあるのも記号なのはわかるけど・・・。
エピオンにヒイロが載っちゃう位のインパクトを期待したいものです。

あー、あれか、ダッシュ四駆郎みたいな路線をガンダムでやっていると思えば・・・(笑
悪くはないんだよね、ホント。
ただ、後半ガンダムズの中に組み込むのは・・・

>種

そうそう!!
ドキドキしましたよね!毎週!!
あれが面白かったし、毎週目が離せない要因でもあったのは明白^^
前回より今回の方がかなり生存率厳しい戦いのはずだったのに、全然ドキドキしなかったのは反省して欲しいなぁ〜。。。
まずは作品、ありきですよねぇ?

映画はドキドキする内容なのかな?^^;
もちろんキャッチコピーは、『さらばっ!キラ・ヤマト!!』でお願いしたいものです(爆笑←ベタだから良いんじゃん^^;

というわけで、また!
Posted by シンたろー at 2006年07月23日 16:33
こんばんわ〜。
>さらばっ!キラ・ヤマト!!
で、最終的に生きてるんでしょ?(爆
そこが種のある意味イイところ^^;
Posted by ぐっちMAX at 2006年07月23日 22:11
こんにちは^^

そうそう!
『あ〜〜〜〜!!キラー!!!』で涙を誘っておいて、実は・・・みたいな^^;
ベタベタで!^^
わかってても泣いちゃう!みたいな(笑

最近、ベタドラマにハマってます^^;(日テレ!笑

では、また!
Posted by シンたろー at 2006年07月24日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21251236
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。