2006年05月08日

F1 ヨーロッパGP 

F1もヨーロッパラウンド第2戦!
今回のサーキットはニュルブルリンクだそうで。
このニュルはスポーツカーの開発の際には各メーカーがこぞって持っていってテスト走行する地ですね。
まぁ、今回のサーキットとは別のサーキットですが^^;

それはさて置き、今回のヨーロッパGP。
まずはなんと言ってもスーパーアグリ・井出の降格!!
これはビックリでしたね^^;
いや、ほんと残念です。
まぁ、ここまでの成績、あれだけの事故を引き起こした責任を取ったということですね。
残念ですが、とりあえず再起に向けて頑張ってください。
代わりにフランス人ドライバー・モンタニーがセカンドドライバーに。
今回のGPでは良いところがなかったですが、彼の持っている知識はスーパーアグリにとっては嬉しい財産になるはずです。
とりあえず、当面の目標である、最下位チームからの脱却を今年中には何とかして欲しいところ^^;

さて、予選トップはアロンソ。
どうやら、フェラーリとの力差は今回は無い模様で・・・と言うより、フェラーリの方が早い?
相当意識して、気合入れてポールを狙ってきました。
2位は惜しくも及ばずフェラーリ・シューマッハ。
3位は同じくフェラーリ・マッサ。

スタート後はそのままのオーダーでしばらくバトル。
注目はバトンが上まで来たこと!
しかし、後にライコネンにやられる(涙
結局バトンはエンジンブローでリタイアと言うことに^^;

注目の最初のピット。
先に動いたのはアロンソですが、周囲の予想よりも燃料を積んでいた様子。
その1週後に動いたシューマッハを抑え、オーダー変わらず・・・。
ちょっと暗雲立ち込める中、2度目のピットが鍵に。

でも、今回はいつもと違い、フェラーリ・シューマッハはアロンソから離されない!
これは!?
もしかして・・・!??

次も先に動いたのはアロンソ。
しかし、やはり多少多めに燃料を積まなければならなかった!
その間にシューマッハは飛ばす飛ばす!!
アロンソよりも1秒近く早いタイムで周回を重ねる!
ここで差をつけておけば、ピットの時間に余裕が持てる!
さぁ、どっちだ!

シューマッハのピットは結果的にアロンソよりも1秒近く短く終えたのが全てをひっくり返しました^^

アロンソよりも5秒ほど前に出てコースに戻れた!
トップ帰還!!!

これでもう誰もがシューマッハの勝利を確認!
そして僕もガッツポーズ!!(笑
やはりこうでないと!
おじさんが頑張らないと寂しくなっちゃうし(笑
中年の希望がここに!(笑

さて、最後はアロンソVSマッサVSライコネン。
結局はこのままゴールしたのですが、マッサはもうちょっとだったなぁ〜。。。
もうちょっと頑張って、今期はアロンソよりも前でゴールすることを目標として欲しい^^

ようやくヨーロッパラウンドでのフェラーリの輝きは増した結果になりました。
これが本物であることを今は祈るばかりです^^

さて、次回はスペインGP!
アロンソの故郷!!
再び、熱い戦いが繰り広げられるのを楽しみにしましょう^^


posted by シンたろー at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17534392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。