2006年03月12日

シューマッハ復活!ホンダは3位!!

と言うわけで、昨日2006年のF1の予選が行われました。
予選についてここで話すのは初かも^^;

今年の予選は、去年の予選と違い、何度もトライでき、また、遅い順からコースから出なくてはならないサバイバル予選。

新ルールでの初の予選だった為、各チーム手探りな感じがまた新鮮です^^

そんな中、最初にコースに飛び込んだのはアグリの2台。
まぁ、タイムは予想通りでませんでしたが、参加できたのだけでも奇跡的なので、非常に満足そうでしたね。
それでも、トラブルも出たので、本レースまでにきっちり直して臨んで欲しいところです。

そして、ポールポジション(予選トップ)を取ったのは、フェラーリ・シューマッハ!
復活ですね!!
いやぁ、僕も嬉しい^^
2位は今年からフェラーリに加入したマッサ。
3位がホンダ・バトンと4位ルノーのアロンソ。

この予選をどう見るか。
タイヤが1セットしか使えなかった去年と違って、今年は使い放題(正確には7セットまでらしい)。
テレビではフェラーリの復活!と言ってますが・・・

僕は単純に去年の特別ルールから一昨年のルールに変わったから、勢力図が戻ったとか思ってますけど^^;
正確にはエンジンが変わっているのだから、勢力図が一新して、今の状態になったとも言えますが^^;

僕の思惑などどうでも良いですが(笑)、なんにせよ、フェラーリにそれなりの戦闘力が帰ってきたのは嬉しいですね!
コレで、アロンソと戦える!

一方、日本勢で一人気を吐いたのはホンダ。
このホンダも去年はダメだったけども、一昨年の活躍が期待できそうな結果に。
戦闘力が上がったと噂では聞いていたのですが、予選を見る限り、チャンスはありそうです!
片や、トヨタは冴えませんね・・・。
一昨年に戻ったかのように中断以降へと追いやられてしまいました・・・。
大丈夫か??

アロンソ率いるルノー勢はやはり戦闘力が一昨年まで落ちたかな?と思いきや、タイヤを温存していたりするので、なんとも言えませんなぁ・・・。

ちなみに、今回の予選。
11位以下のチームはタイヤ交換あり、燃料の制限なし。
10以上のチームはタイヤ交換はあるものの、最終予選(3回目の予選)開始時の燃料までしか入れられないと言う特殊ルール。
下位チームには戦略の幅を最大限に与え、上位はある程度制限する、と言うなかなか面白そうなシステムに変わりました。
上位陣は本戦の燃料も考えながらタイムアタックしていたわけで、一概に予選結果が上位チームのミリタリーバランスをあらわしているわけでもなさそう・・・と言うのが曲者ですね。

やはり、本戦が始まってみないことには2006年の動向が見えてこないかも・・・。

と言うわけで、まだまだフェラーリファン(ティフォッシ)・ホンダファンの僕としては安心して見られないってのが本音ですね。

さぁ、フェラーリ・ホンダ復活!を見れるのか!
今日の23:45。フジテレビにて放送!(爆

要注目ですよ^^

ちなみに、ネットではその頃結果が出てます^^;(←僕はテレビ見終わるまで見ないけど^^;;




posted by シンたろー at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14682738
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。