2006年02月26日

MGデータブック2006!


mgdetabook.jpg
MGデータブック2006

コレ、もう買われたでしょうか?
コレは、前にも発売されたMGのデザイン本です。

下の話と連動しますが、開発の際に作られるラピットプロト。
それ以前に行う作業がデザインのリファインです。
元々をただすと、MGゼータガンダム(MG3作目)を人型とウェーブライダーの両立に悩んだバンダイの開発陣がカトキハジメ氏に相談、その難題に見事に応えたカトキ氏が、以降のMGのデザインリファインを行う経緯がありました。

以降の開発では、カトキ氏がデザインをリファイン、それを元に開発陣がカトキ氏と打ち合わせをすることで形状をより一層はっきり理解できる、という流れに変ったのでした。

バンダイさんのほうは、リファインされたデザインを100%立体化するのではなく、あくまでも形状を理解するのに使った画工が、このデータブックに集約されているわけです。

なんでカトキ氏が?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、元々アニメの設定画は立体を視野に入れてデザインされてなかったんですね。
それをでざいんを大幅に変えることなく、3Dとしてより一層の説得力、また両立を図れたのがカトキ氏だから、という話ですね。

というわけで、過去に発売されたMGのたたき台になったデザイン画がコレ一冊に集約されている、非常に資料性の高い一冊になっているわけです。
模型誌を買っている人には、あの毎回白黒で掲載されるリファインが項が一冊にまとまったと思っていただければわかりやすいかな?

小さくて読めなかった文も全て大きめの画工で載っているので、バンダイさんとカトキさんのやり取りのあり様が伺えるのがまた良いですね^^

また、画稿はバンダイさんが立体を理解する為のものなので、パーツ数の問題や金型の問題で再現されなかったデザイン、ギミックが載ってたりするので、画稿版を作る!というのも面白いかもしれません^^(大幅に違うわけでもないし^^

・・・いや、デキが良すぎる最近のキットの弄り方にはちょうど良いかな、と密かに僕が思っているだけなんですけどね(爆←ネタバレしすぎ^^;

ちなみに、SEED系はカトキさんではありませんのであしからず^^;
UCとWが担当かな。
ゴットとか、ストライクはBクラフトさんのデザインです。
たぶん、Wはカトキ氏自身がデザインしたからだと思います。(UC以外はリファインしないっぽい・・・って思ってたら、GFFでゴットガンダムがっ!!

いや、僕は全部カトキ氏がやってくれたほうが・・・(いや、Bクラフトさんも大好きです^^
ちなみに・・・HGシリーズも一冊にして欲しい・・・(捨ててるし^^;

・・・マニアックな話ですわなぁ^^;
というわけで、お買い求めはお近くの本屋か、アマゾンさんで(1500円以上送料無料!←でかい!!)どうぞ^^



posted by シンたろー at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。