2006年02月26日

プロト萌え?(滝汗

いや、僕はあまり『萌え』という言葉は好きではないのですが(苦笑

さてさて、何の話かというと、ガンプラの形状試作段階の『ラピットプロト』の話です。

通常、ガンプラの発売を知らせる第一報はHJ等の模型誌、若しくは店頭チラシなわけですが、その第2報(第1報と同時公開、ってパターンもあります)に公開されるのが、ラピットプロトです。

コレは昔ではモックアップという、木型(木で形状を彫ったもの。形状を把握する為に作っていた)が発展して、今はどうやらPC上で3D情報を構築し、それをPCと連動する機械によってロウ(に似たもの?←ロウソクのロウ)を掘り込んで作られるようです。
模型誌等に良く出てくる、白いアレですね。

僕は、あの状態が結構好きだったりします(笑

まだ見たことのないものが立体で表現される最初の状態ですからね。
見ていると、アレコレ考えたり、ワクワクします^^;

で、それを今度は金型データに落として、金型を作られて、実際のプラで形状を確かめるのが『テストショット』状態です。
色が違うやつですね。
コレはどうやらあまってるプラでやっているので色が違うとか。(再利用ってことかな?←憶測です^^;)

この状態になると、実際の製品に相当近い状態なわけですが(といっても、ラピットプロトの状態とプロポーション・形状はほとんど変わりません。細部の掘り込み等が変るようです)、この状態になると、ちょっと冷めるんですよね(核爆

何ででしょう?

やはり、通常のプラで再現されると想像出来ちゃうんでしょうね、いろいろと(笑
整形色の問題なのかなぁ??
どうも、あの艶がある状態が冷める原因のような(笑

というわけで、今月の模型誌で言えば、アレだけ熱い!!と思ったメタスが、何となく想像でき、逆にガザC燃え!という状態で、来月のメタスを迎えちゃったりするんですよね^^;

でも、手に取ったパラスアテネにちょっと感動してたりする自分もいるんで、結構自分の感覚なんて曖昧なんだなぁ・・・と思ったり^^;
皆さんもそういうことありません?(←いや、たぶんラピットプロトに萌えてる人なんてそうはいないと・・・^^;




posted by シンたろー at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。