2006年01月05日

ラストダンス?

というわけで、いよいよクライマックスを迎える3日目の今日。
ん?何の話かって?
古畑ですよ、ふ・る・は・た!(←書き方が田舎くさい・核爆

というわけで、今日でホントにラストになるのかはわかりませんが、最後なんでしょうねぇ・・・寂しいです。

1日目の完全犯罪編。
コレは面白かった!!
ところどころで??
この人は何でこういうことを言うんだろう??って思ってたのですが・・・
本編は驚くほど、『いつもの古畑』パターンで進んでいたので気にも留めず・・・。
最後の最後で大どんでん返し!!
さらには、犯人を捕まえられない!!という驚愕のパターン!!!
ラスト20分はホント緊迫感あふれる?展開に大満足でしたね^^

2日目はイチロー編。
ストーリーは思ったよりも普通の古畑で、ちょっとガッカリ。
1日目にアレを持ってきちゃったからなぁ・・・。何で、この話が2日目なんだろう?
イチローというキャラクターを存分に活かしたかったからかな?
で、『役者』イチローは・・・素人なのに普通に役者してましたね^^;
田村正和氏はイチローを相当褒めたらしいですが(ネット情報←ヤフー)
セリフも完璧に覚えてきて・・・とか。
ストーリーは、イチローが犯人にもかかわらず、ヨイショしまくり^^;
見ればイチローファンになれるイチローのための展開(笑
ここまでするか!ってくらい、イチローをカッコよく描いて犯人に仕立て上げています(笑
エンターテイメントとしては面白かったかな?(笑

それにしても、イチローの兄貴であの毎度登場する警官(誰だっけ?)を配するあたり、ホントに最後の気がしてきました(滝汗←局はそう言っている^^;

と、二日続けてどっぷり古畑なわけですが、今日も見ながらせっせと整面するのです・・・

・・・
・・・

まぁ、途中で見入ってしまうってオチですが(核爆

いよいよ、ラストダンス!期待しています^^
posted by シンたろー at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 注目のテレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええっと、ここで遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。
私も同じく今回の3夜連続放送、作業しつつ見てましたよー。
途中で見入っててあんまり進みませんでしたが(笑)
ラストダンス、今は視聴後ですが如何感じられたでしょうか。
まだ述べられると思いますので感想は控えますが、
とりあえず1日目、2日目の感想は大体一緒っすね。
古畑・・としてのネタ的に
一発目のドンデン返しが今までのパターンをミスリ−ドとした、
まさに最後だから出来るといった方法に思わず唸ってしまいました。
イチローの回はイチローが現実の扱いと
混ぜた形になっていた為に少し混乱して見ていましたが、
役者イチローを魅せるという意味では
巧いなあと、そんな状態でも感じとれましたねー。
あまりドラマは見ない方なので大した比較も出来ませんが
それでもここまで演出すること・・の面白さを考える
三谷さんの作品に興味を持った放送でした。
Posted by theotur97 at 2006年01月06日 00:37
theotur97さん、こんにちは!
明けましておめでとうございます^^
見入っちゃいましたよ、昨日も(^^;
全然作業どころか、完全に引き込まれちゃいました^^;

実のところ、このシリーズ、前の会社の仕事をしてたってのもあって、飛び飛びしか見ていなかったりします^^;
好きなんですけどね^^;;
3rdシーズンなんてほとんど見ていないという^^;
3夜目はまた別項で書くとして、1,2夜はほぼ満足ですね^^
古畑節、三谷節が効いていて、見ていて楽しかったです^^
中でも1夜目が最高でしたね。
ミスリードに引っ張られた自分に『まんまと一杯食わされた!』という完全敗北の結果にすがすがしささえ感じます(笑
イチローは完全にネタモノでしたが、水戸黄門的展開に大満足です(笑

三谷さんは結構好きです^^
新撰組も好きだったんですけど、あまり視聴率が良くなかったのが残念です・・・。
ちょっとした変化球気味のものを投げてくるあたりが好きなんですけどねぇ・・・

3夜目はどう感じられたでしょうか?
僕的には面白かったと思いますが^^
では、また!
Posted by シンたろー at 2006年01月06日 13:02
昨日に引き続きお邪魔します。。
私も以前の古畑は飛ばし飛ばししか見てなかったので
結構全体の知識として怪しいですが(汗)
個性が強いので全部見ていなくてもついていける作りはホント助かります。
さて3夜ですがCMの印象でゴーストライターの隠蔽か?
とか勝手に思っていたら開始直後にあっけらかんとばらしていて
もうその時点でやられていました(笑)
犯人側の視点をメインで写す、らしさを活かしたややこしい入れ替わりでしたねー。
普通の犯人モノで最後のトリック解明であれの説明
やられても多分理解するのが大変そうです。
個人的には入れ替わりが俗っぽい所でボロが出るのは印象深かったですね。
雑学は大切だなあと、思い当たるフシはあるので(笑)
いや、楽しめました。
有頂天ホテル・・そちらもチェックしてみようかと思います。。
Posted by theotur97 at 2006年01月07日 00:12
theotur97さん、こんにちは!
そうそう、一本でも十分楽しめる構成って助かりますよね?^^
その中にも何箇所か、過去の話を持ち出してたりしてましたが、そういう事件があったんでしょう・・・って事で納得できるし。
そうですね!動機の部分はまるっきり予想を裏切られ、入れ替わりに関しても編集が上手く詰め込み感があってわかりづらかったってのはシリーズの楽しみの部分でもありますね。

そういえば、トリックのネタの移動時間に関しては僕もイマイチ理解できていないのですが推理を思いっきり裏切られているショックであまり気になりませんでしたね^^;

雑学王には憧れますねぇ^^
僕は大した知識も無いので、特にそう思ったり^^;
有頂天ホテル、台本をチラッと『男おばさん』で映ってたのを見ましたが、三谷さんの性格が出ているように思ったり(笑
かなり濃い話が楽しめそうな気がします^^

では、また!
Posted by シンたろー at 2006年01月07日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11359435
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。