2007年07月29日

オシムジャパン、敗れる

と言うわけで、サウジに負け、3位決定戦に進んだ日本。

なんだか、大会事務所の嫌がらせにより?移動トラブルが出たり、宿舎トラブルに巻き込まれたようですが、ここ3戦よりも良いグランドコンディションで迎えた韓国戦。

前半も大きな山場なく、後半開始直後。
韓国側に2枚目のイエローカード、累積レッドが出て11VS10の戦いへ。

このときより、嫌な予感はしていましたが・・・。

やはり、10人相手だと気が緩むのか?なんなのか?
決定的なチャンスを作れ派したものの、攻めきれず、0点。

延長に入り、10人でずっと頑張っている韓国の方が疲れているはずなのに・・・日本の方の疲労も大きく、ミスを連発^^;

けっきょくPKになり、敗れた。

解説者のよる影響も多いのかもしれませんが、僕自身も今回のオシムの采配には???と思う節が多々多々感じられたのは残念でした。

一番は、シュートが少なすぎる事。
そして、シュートしても枠に飛ばないこと、
ペナルティーエリアに入れない事。
コレが日本の最大の弱点では無いでしょうか?

対戦相手側を見ていると、日本は再三再四ペナルティエリアに入られているのですが、日本が入っているところを見るのは稀。
相手チームを見ている限りでは、ペナルティエリアに入るのは案外難しいことでは無いような気さえしてくるのですが、日本は入れない。

(後半最初に攻められているところで、中村憲吾が攻め込んできた相手を追いかけないシーンを目撃したと思うのですが、アレはアリなのか?)

追いかけるしつこさも韓国の方が徹底していたと思うし・・・。
そう考えると、やはり守備力が・・・

うーん・・・(悩^^;

そして、疲れを見せる代表主要メンバー、と試合前語ったにも拘らず、今回のスタメンも大きく弄らなかったり、延長後半最後の5分で交代とか(使う気はなかった??)理解できない事が多すぎた。

『勝つときもあれば負ける時もある』

確かに、オシムの言うとおりだと思います。
しかし、テストマッチならいざ知らず、トーナメントでは勝ち続けるしか結果は出ないし、それしか頂上に上る道は無い。

今回は特に『良い試合をする』のではなく、『勝たなければならなかった』試合だったと思うのですが。

そう考えると、パターンよりも、もっと効果的な効率的な方法を試す、また考えるのも首脳陣の仕事だと思うんですよね。

僕自身、オシム監督の教えている事等は支持しているのですが、今回の試合運び・采配には疑問符がつく、というのが正直なところです。

シュートしないのは監督の指示なのか?(そんな指示は無いと思うが^^;)
そこが気になるところです。

今回、責任論が出ても仕方ないかな?なんて思ってしまう自分が嫌です^^;

次戦以降、着実な進化、成長を見せてくれないと納得できないかもしれません。

強いところと沢山やれる環境が欲しいですね・・・。

久々の日韓戦でどんな試合になるのか凄く楽しみにしていたのに、退場者は多く出るし、小競り合いも出たり・・・で若干期待していた試合内容と違ったのも残念です。。。

posted by シンたろー at 13:11| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。