2007年07月31日

ダブルオーの主題歌決定

昨日のニュースですが、ダブルオーのオープニングが決定しました!

ラルクです。(と省略するほど仲が良いわけでは無いですが・笑)

監督が鋼の錬金術師の監督なので、頼みやすかったのでしょうか?(笑

何はともあれ、またメジャーな方が歌ってくれるということは非常にガンダム界には良いニュースですね^^

10月10日発売予定。
個人的にはノリが良く、パワフルな奴をお願いしたいところですが…まぁ、心配無さそうですよね?(笑

楽しみにしましょう^^
posted by シンたろー at 18:55| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

オシムジャパン、敗れる

と言うわけで、サウジに負け、3位決定戦に進んだ日本。

なんだか、大会事務所の嫌がらせにより?移動トラブルが出たり、宿舎トラブルに巻き込まれたようですが、ここ3戦よりも良いグランドコンディションで迎えた韓国戦。

前半も大きな山場なく、後半開始直後。
韓国側に2枚目のイエローカード、累積レッドが出て11VS10の戦いへ。

このときより、嫌な予感はしていましたが・・・。

やはり、10人相手だと気が緩むのか?なんなのか?
決定的なチャンスを作れ派したものの、攻めきれず、0点。

延長に入り、10人でずっと頑張っている韓国の方が疲れているはずなのに・・・日本の方の疲労も大きく、ミスを連発^^;

けっきょくPKになり、敗れた。

解説者のよる影響も多いのかもしれませんが、僕自身も今回のオシムの采配には???と思う節が多々多々感じられたのは残念でした。

一番は、シュートが少なすぎる事。
そして、シュートしても枠に飛ばないこと、
ペナルティーエリアに入れない事。
コレが日本の最大の弱点では無いでしょうか?

対戦相手側を見ていると、日本は再三再四ペナルティエリアに入られているのですが、日本が入っているところを見るのは稀。
相手チームを見ている限りでは、ペナルティエリアに入るのは案外難しいことでは無いような気さえしてくるのですが、日本は入れない。

(後半最初に攻められているところで、中村憲吾が攻め込んできた相手を追いかけないシーンを目撃したと思うのですが、アレはアリなのか?)

追いかけるしつこさも韓国の方が徹底していたと思うし・・・。
そう考えると、やはり守備力が・・・

うーん・・・(悩^^;

そして、疲れを見せる代表主要メンバー、と試合前語ったにも拘らず、今回のスタメンも大きく弄らなかったり、延長後半最後の5分で交代とか(使う気はなかった??)理解できない事が多すぎた。

『勝つときもあれば負ける時もある』

確かに、オシムの言うとおりだと思います。
しかし、テストマッチならいざ知らず、トーナメントでは勝ち続けるしか結果は出ないし、それしか頂上に上る道は無い。

今回は特に『良い試合をする』のではなく、『勝たなければならなかった』試合だったと思うのですが。

そう考えると、パターンよりも、もっと効果的な効率的な方法を試す、また考えるのも首脳陣の仕事だと思うんですよね。

僕自身、オシム監督の教えている事等は支持しているのですが、今回の試合運び・采配には疑問符がつく、というのが正直なところです。

シュートしないのは監督の指示なのか?(そんな指示は無いと思うが^^;)
そこが気になるところです。

今回、責任論が出ても仕方ないかな?なんて思ってしまう自分が嫌です^^;

次戦以降、着実な進化、成長を見せてくれないと納得できないかもしれません。

強いところと沢山やれる環境が欲しいですね・・・。

久々の日韓戦でどんな試合になるのか凄く楽しみにしていたのに、退場者は多く出るし、小競り合いも出たり・・・で若干期待していた試合内容と違ったのも残念です。。。

posted by シンたろー at 13:11| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

∀!

いつも巡回しているブログ様でなんと∀がっ!
個人様のブログなので無断でリンクとかどうかなぁ〜なんて悩んだのですが、普段なら絶対しないのですが・・・
∀があまりにもカッコイイので・・・。
http://blog.goo.ne.jp/ossan-obahan1-2
(ガンプラ秘密工場様)
万が一、リンクに不都合があったらすぐ消しますです、ハイm(_ _;)m
その他の製作物のシンナーを極力使わない製作スタイル、尊敬しています。

僕も今でこそガンガン好き勝手気ままにモデリングを楽しんでいますが、将来環境によってはシンナーを使えないこともあるかもしれません。(世のお父さんにはそういう方も大勢居るのでは?)
そういうことを考えると、こういう楽しみ方を提示してくれるのは大事な事ですよね。

ん?
こういう風に楽しむ方の方が多いんだろうか?
素組みサイトさんのアクセス数を見ているとそんな気もしなくは無い今日この頃(笑

日記の中で管理人様も言っておられますが、アニメを見るとクマドリは確かに白なんですよねぇ〜!
昔、旧キットで再現したかった物の、技術力のなさで実現できなかった部分であります。
確かにあの当時は白に憧れたのに・・・黒の方がカッコイイかもと思ってしまう。
今からどっちにするか悩みまくりです・・・。。。

--------------------------------

さて、昨日アマゾンより届きました!

2007.7.28.2.jpg

イボルブマテリアル!
内容をザーッと覗きましたが、かなり期待通りの内容^^
各コラムも非常に興味深い内容でまとめられており、15のガンダムの経緯を知ることが出来る内容になってます。

・・・知らないのにアレコレ言ってごめんなさいm(_ _;)m
ちなみに、工業デザイナー4名にガンダムのデザインをリビルドを依頼して出来上がったのが15のガンダムだったそうです。

願わくば、もっと詳細な角度から、イロイロ部位等のアップを含めて大きい画を載せて欲しかったなぁ〜と。

あれだけの資料ではなかなか再現モデルを作るのは至難の業かと思います^^;
まぁ、ニュアンスや参考にするのには十分なんですがね。
でも、せっかくだからもっとレッドゼータのデザインの詳細を見たかったなぁ〜。

いろんな意味で充実した内容、久々に買って満足度・充実度の高い資料本でした^^

手にする機会があったら是非^^
posted by シンたろー at 13:26| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

電撃とガンダムエース

電撃も読みました。

新製品についてはカット^^;
ただ、ちゃんとカラーページで大きく紹介して欲しいなぁ〜!と。

見所は・・・AOZが来月最終回!って事かな?^^;
(グリプス戦争編が・・・、ですが)
リックディアスの作例が凄い事になってた^^;;
ウーンドウォートは・・・これからでしょ^^;

ちなみに、疑問だったフライルーの顔設定が随分と公開されてました。
ガンダムフェイスはヘイズルの物、それに顎ユニットを足した、との事。
ちなみに2号機はヘルメットを目深にかぶり、スリットから目が覗くのが正解・・・だそうな。

後は・・・11月号?より、新たなるアストレイが連載されるらしい。
・・・凄く楽しみです^^

>ガンダムエース

08が面白いですね。個人的に。
新しい設定が続々。。。
あぁ・・・、コレがアニメだったら・・・(/Д`)・゜

それとユニコーンのプロモーションビデオがキャラホビで流れるそうです!
これまた期待できますね!
ついでにキット化も狙える・・・のか?(笑

クロボンは涙がチョチョ切れるほど良い話だったなぁ〜と。
作りたいのですが・・・手が足りん!

デスティニーの補完話も嬉しいですね^^
コレと08は単行本が出ているので欲しいなぁ〜と思います。

それと、月末にデータコレクション『∀』『アストレイ』発売です。
コレも欲しい!
http://hobby.dengekinet.com/index.html
詳しくはこのページの右下で。

電撃読んでて気づいたのですが・・・、ガンプラ王大阪大会は今週末なんですね^^;;
どんな作品が見れるのか楽しみです!・・・って、電撃は会場に行かないと見れないから・・・(/Д`)・゜
会場に行くことが出来ない人のためにも全作品集作って欲しい物です・・・。
沢山の力作が集まるのにもったいないなぁ〜

ま、誰かレポしてくれるか!(核爆←他力本願^^;


そういう今日は、ゾックの発売日^^
∀まであと2週間。。。
posted by シンたろー at 18:46| Comment(2) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、準決勝に散る・・・(/Д`)・゜

と言うわけで、注目してた方も多かったかと思いますが、僕も例外なく応援。

前半、先にゴールを決めたのはサウジ。
その2分後中澤のゴールっ!(燃えた!
前半1−1で折り返し。
後半開始早々またサウジにゴールを決められ(/Д`)・゜
しかしまた3分もしないうちに(確か^^;)阿部のゴール!!

もうね、ここまではホント涙が出るほど、叫ぶほど嬉しかったよ。

最後はその5分もしないうちにサウジの決勝ゴール。
コレで日本は沈みました。


でもさぁ〜、まぁ、今大会はどっちかというとやはり守備に不安があったままの大会でしたよね。
UAEにも、ベトナム相手にもオーストラリア相手にも1点取られているし。

でも一点はしょうがないと思う。(0に越した事は無いけど)

それが・・・3点じゃぁねぇ〜・・・(/Д`)・゜

通常、3点取られたらそら負けるワ・・・。
逆に良く2点取ったと思うし^^;

と言うわけで、はかなくも準決勝で散ってしまった訳ですが、、、今度は土曜、3位決定戦へ!!

なんと今回から決まったのですが、3位までに入ればアジアカップ次回開催の予選免除!

コレはでかい!
欲しい!!

相手は韓国!
超強敵ですが、これまた面白いカードになりましたよねぇ〜!

是非!応援しましょう!
合言葉は、
『まだ戦いは終わってはいない!』

負けられない闘いはもう1試合続くのでした。

まぁ、個人的には予選〜本戦で戦ってチームの結束力を高めるのも悪く無いなぁ〜と思ったり^^;(←そんなんでどうする!(汗

今大会の今の常態をみると、疲労を考えるとやはり予選免除は大きいよなぁ〜(汗

アジア杯を勝つとコンフィデ杯(大陸王者決定戦)に出られると言うことなので、優勝するとその見返りは大きいので、少しでも優勝する確立を高くしておくのはW杯を見据えた上では重要なことのようですし。

今回は・・・まぁ、しょうがない(/Д`)・゜
頑張れ!オシムジャパン!(/Д`)・゜

PS.
イラクが優勝決定戦に進みました。
国内ではとても喜んだようです。
でも、喜ぶ国民にテロ行為が。
同じサッカーを楽しむ者にとって、凄く残念な出来事でなりません。。。
スポーツに政治は持ち込まないで欲しいと願うばかりです。。。


posted by シンたろー at 18:32| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

模型誌HJ9月号

と言うわけで、目を通しました。(←でも基本的に毎月そんな感じ^^;←しっかり読めよ^^;

>新製品
ダブルオーを迎える9月を前に若干小休止?
嵐の前の静けさか・・・。でも粒より^^

8月9日 MG ∀ガンダム

超絶カッコイイです。文句なし。ヒゲも曲面と見る角度によっては直線に見える(←ここが好き!)の両立が出来てて素晴らしい(/Д`)・゜
すね前面での可動軸も新鮮!
人ではありえないけど、ロボットならアリ。
脚線美が美しい・・・(/Д`)・゜

8月ジャブロー侵攻水陸両用MSセット
8月MSベース2・クリアブルー
8月グフイグナイテッド(イザーク機

全部、成型色が違うだけの物ですが、アッガイ・ゴッグ・ズゴッグが欲しい人はこちらもアリかと^^;;
クリアブルーのベースは涼しげで良いですね^^
買います(笑

9月HGUCブルーディスティニー3号機
  HGSEEDブレイズザクファントム(ディアッカ機)

もはや見所は3号機のシールドしかないという^^;
後左ライフル用のコブシが入ります^^
コレで、陸戦型ガンダム・2丁銃バージョンなんて遊びも可能かと^^

9月に新レーベル『スピードコレクション』

200分の1スケール(ハイコンプロと同じスケール)で展開される、彩色済み組み立てキット!と言う新しいジャンルが・・・。
どれほど需要があるのかはわかりませんが^^;、第一弾はガンダムとテレビ版ウィングガンダム!
うーん・・・、どういうアイテム選択なのか・・・?
あ!MXテレビを見ている人向け!?(笑←BS見ている人のほうが多いって^^;

10月

MGデスティニー

昨日も伝えたとおり、2パッケージ仕様。
画稿・ラピッドともに小さく写ってますが、が光波今までよりも羽根が鋭角的に。(画稿は重田氏による物)
ラピッドでは腕の可動範囲・腰の左右曲げ(横に)、足の可動を予感させる写真、ギミックありそうな羽の画像が^^
期待大です^^ 

HGUCヤクト・ドーガ(ギュネイ機)

こちらも昨日の通り。
とても足の曲線が美しい感じに成型されてます。
昔のバンダイさんだとカクカクだったのにねぇ〜^^(←旧キット参照^^
後は、可動範囲ですが・・・。
どうでしょう??
立ち姿は最高なんですけどねぇ〜^^
こういうデザインは意外と動かなかったりしているんで、そこらへんも頑張って欲しいところ^^
MSでは大き目のMSですから、コレ以降の大型キットも期待したいところです^^

・・・ん?ユニコーンも期待して良いのか?(笑

と言う感じでしょうか。

>ダブルオー

巻頭でした。
エクシア等の4機のガンダムのFGほぼ製品版が載ってましたね。
でもネットだと既に出回ってるようですが・・・(販売店の販促用かな?
S字立ちしててエクシアはカッコよかったですね^^
FGでコレだと、HGも期待して良さそう^^

それと敵キャラも登場。
この間見たのはティエレンだったのでしょうか??
なんだか、全然イメージと違う設定画ですが^^;
その他、通常?の人型MSが載ってましたが・・・コレってMSか?^^;
うーん、個人的には・・・言うのは止めときましょう^^;

まずは本編がはじまってから、ですよね^^
期待しましょう!

>ゲルググVer.2.0

木村さんのゲルググが表紙ですが・・・とてもカッコイイ!
どっからどう見てもカッコイイ!
でも・・・結構キット弄ってますよね^^;
まぁ、良い目標、といえばそれまでですが、期待して買ってキットがあれだったら・・・と思いました(笑
まぁ、キット自体もカッコ良かったのですけどね^^;
作りてー!と思ったのは内に秘めておこう・・・(汗

>ゾック

これまた良い感じですよねぇ〜。
結構挟み込みが多そう、との記事でしたので若干キット到着が憂鬱ですが(笑)、どうやって仕上げようかなぁ〜・・・なんて想像している時が一番楽しいですよね(笑
えぇ、手がまわらなそうですが・・・(/Д`)・゜

・・・終わったら爆発的な勢いで完成させまくってやる・・・と思うのは・・・じゆうだぁっーーーーー!(爆

その他、カッコイイ作例が目白押し!

是非、御覧下さい^^
posted by シンたろー at 13:04| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

オシムとF1

と言うわけで、まずはサッカー。
辛い戦いでしたが、PKの末、何とか準決勝進出!
退場者が出て相手が10人になって、延長時には相手のFW以外はあがってこない、しかも動けない状態になっていたオーストラリアを相手に再三再四チャンスを作りながら点を取れなかったのは残念ですが、運動量で上回れたのは良かったですね^^

確実に去年よりも前に進んでいる事がわかったような感じです。
つまらないミスも後半目立ったので、そこらへんは要修正ですけどね。

次はサウジアラビアに決定!
逆側のトーナメントは韓国VSイラン。
決勝は・・・どっちだ!

いやいや、その前に、強敵サウジが待ってる!
オーストラリアが実質上の決勝戦、なんて言われているけど、優勝する前に気を抜くなよっ!って事で^^
喜ぶのは優勝してからにしよう!

次は水曜日です!
ちなみにオシムジャパンはサウジに一敗してます^^;
是非、一生懸命応援しましょう!!

>F1

先週末よりはじまったヨーロッパグランプリ。
舞台はニュルブルリンク。
ニュルブルリンクと言えば、世界で一番長く、アップダウン、スラロームが厳しいサーキットとして有名。
スポーツタイプの車は必ずここに持ってきてチェックすると言う。
今で言えば、日産の次期GT−Rが走っているらしい・・・。
グランツーリスモ4でも収録されているので、興味のある方はどうぞ・・・

って、同一サーキットかはわかりませんが、多分一緒^^
一部のコース、だと思いますけどね。(市販車でフルコース7,8分程度かかるため)

さて、そんなヨーロッパグランプリですが、予選から全てにおいて波乱続き!
もう長い事F1を見てきましたが(途中欠けてたりしますが^^;)、荒れたレースは数多くあれど、ここまで荒れたレース、見たことが無い!

まず、予選。第3クォータ。
ドライバーランキング1位に君臨するスーパールーキーハミルトンが・・・大クラッシュ!
凄く足を痛そうにしていましたが、無事でした。
最近のF1はホント安全性と言う面での進化は目を見張る物があります。。。
この間のクビサの大クラッシュも凄かったけど、死なない!と言うのはホント凄い事!
セナの件を知るものにとっては、ホントあの頃にこの安全性があれば・・・なんて思ってしまったりします・・・。

で、決勝はスタート直後に豪雨発生!
ライコネンは一週目でオーバーランをしてしまい、ピットに入れず!
実際にはあまり影響は無かったのですが、集中力と言う面において、ここで勝負あった感じですよね^^;

第一コーナーでは自力で曲がれない車がホイホイコース外に捕まる珍しいシーン。。。
一台すべり・・・、その後また1台・・・、また1台・・・^^;;
ハミルトンもそのうちの一人、って言うんだから、どれほど雨が酷かった事か^^;
川が発生してました^^;;
普通車でもこんなところを通ったらハイドロでコントロールを失うでしょう^^;
それが、モンスターマシンF1で・・・と考えれば、いくらF1ドライバーと言えども難しいのでしょう。

当然、赤旗中断。

その後レースは再開されますが、起死回生を狙ったハミルトンの奇策も空しく、レースはマッサ・アロンソ・ライコネンの3人に絞られていく。
が!ライコネンはリタイア!
せっかくここ2戦勝ち続けてきたのに、ここでリタイアって事は・・・致命的!
やはり、ライコネンは早いけどワールドチャンプの器では無いなぁ・・・と思ってみたり^^;

その後レースはマッサがリードを広げる物の、残り7,8周というところでまたも!!豪雨!!
まさか一日、レース直後・終了直前の2度にわたって降るとは!!
なかなか見られない光景。

そして、その雨がもたらしたいたずらが・・・

アロンソ優勝!

マッサとの接触がありお互いが憮然としていたが、インタビュー時にはアロンソはご機嫌に戻ってました^^;
マッサはその態度にもっと憮然としてましたが^^;;

アロンソにしてみれば、ルーキーに好き放題やられてドライバーランキングも大きく離され、逆転するのにかなり苦労しそうでしたが、今回の波乱に乗じて今回ノーポイントのハミルトンと2ポイント差に詰め寄る事ができました!

コレで先輩の面目が保てるか!

若干僕自身もマッサではなく、アロンソを応援してしまいました^^;;
いや、ルーキーにやられるWチャンプなんて嫌だし^^;
と言うわけで、何とか威厳を見せろ、アロンソ!

えーっと・・・

ホンダ・・・流石に僕も今シーズンは諦めモードへ・・・(汗
マシンは良くなっているようですが、速さが無い^^;

3戦ほど前は1回のピットストップで残り5周で5位!とかあったのですが、いよいよワンストップ作戦を実行できたかと思えば、8,9位のポジショニングでしょう^^;
今回のレースも見せ場なく・・・。

ちなみにバトンとバリチェロは来期もホンダに内定したそうな・・・。

トヨタには速さがよぎり始めてきましたが、逆に信頼性が落ちだしているのが気になります^^;
速さがある分、ホンダよりも希望はありますが^^;

スーパーアグリも戦闘力が落ちてきているのか!?
それとも、他が早くなっているのか。
シーズン前半に比べて後ろにいることが多くなってきているのが気がかりですね。

今年は日本勢が勢い無いので、若干盛り上がりにかけますよね(汗

ま、いよいよ折り返し地点を超えたところですから、頑張って巻き返して欲しいところ!
こちらも応援しましょう!
posted by シンたろー at 19:11| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月

10月の新製品は・・・

MGデスティニー(通常版)        5040円?
  デスティニー(スペシャルエディション)7350円

HGUC ヤクト・ドーガ 2100円

デスティニーのスペエディには光の羽根が付くらしい。
・・・通常版には付かないのか?(汗

HGUCはついに新展開、『逆襲のシャア』シリーズへ。
ヤクトドーガの試作が載ってますが、綺麗な曲面にバンダイさんちの技術力の向上を感じます・・・。

かなり嬉しいですが、一度ハイコンプロで見ているので新鮮味に欠けるな・・・、と思ってしまいました^^;
欲を言えば、量産機であるギラ・ドーガが一番手が良かったなぁ・・・^^;

でも、コレはホント久々にジオン魂が熱い!

スーパーカッコイイサザビーもお願いします^^
posted by シンたろー at 14:02| Comment(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

トニーたけざきのガンダム漫画U


カテゴリーがガンプラ話なんですが・・・^^


さて、御紹介。
知っている方も多いかと思いますが、僕、この本探してたんですよ〜!

何度も読んでいて、単行本が欲しいな、と思ってたんですが、『T』を買ったら全然載ってなくて・・・

そしたら、Uの方にほとんど収録されてました^^

え?何がって??

知っている方は知っているんですが、ガンダムエースでたまーにやる『トニーさん』のガンプラ漫画です^^

ガンプラ漫画、といってもPGガンダムを使って靴を脱がしたりとか(笑)、ザクをパチ組みで30機作ってジオラママンが作ったりとか、基本的にはギャグ漫画なのに、それに登場する人物をほとんど立体物で作っちゃう『熱さ』が売りです!

シャア専用ボールだとか、ネタを大真面目に作る姿勢もとても面白く、それがまたとても高いレベルで作られているから逆に面白い!

ホントガンプラが好きなんだなぁ〜、と言うのが伝わってくるんですよ。

コレこそ『愛』では無いでしょうか?(笑
見ていると、ガンプラが好きになるし、『やる気』になりますよ(笑

ぜひ、書店で購入して、読んでみる事をオススメします^^
カラーページが多いので、若干値段が高めなのですが^^;;
(でもカラーじゃなかったら苦情モノだと思う^^;;)

多少立ち読みできたらその魅力が伝わると思うんだけどなぁ〜^^

ちなみに、巻末のプラ解説が好き(笑

2007.7.211.jpg

posted by シンたろー at 18:51| Comment(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

NEXT MGは デスティニー

と言うわけで、デスティニーだそうです。
キャンペーン付録DVDより。

詳細は・・・不明^^;

その他、

10月HG エクシア
11月100分の1 エクシア
12月60分の1  エクシア

と言うのも決まりっぽいです。
続報に期待しましょう^^
posted by シンたろー at 15:42| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

運命の一戦!


今日は沢山書いたからもういいか、と思ったけど、せっかくの話題なんでついでにもうひと踏ん張り^^;
頑張れる時はまとめて頑張るタイプです(核爆



昨日も見てました。
注目の試合。
いきなりおうんゴールした時はどうしようかと思いましたが、終わってみれば4−1の完勝。
自力の違いを感じる試合内容に思いました。

相変わらず守備面に不安が残るものの、最後まで攻撃を忘れない姿勢は大事だと思いました^^

で、次回の戦いは・・・

VSオーストラリア!

今大会優勝候補とまで謳われたチームとこの地点で当たるとは!(汗
しかも、せっかく1位通過したのに、何という組み合わせ!(滝汗

そう、オーストラリアと言えば、去年のW杯を嫌でも思い出します・・・。

8分で3失点。
日本サッカー史上最強と言われた『あの』日本代表が・・・。
あの忌まわしい記憶とともに、嫌な予感がするものです・・・。

しかし!

だからこそ!
超えなければならない壁。

ちょうど良い機会かもしれない。

あれから1年。
オシムと言う新たな指導者を迎えた日本代表はあれから強くなったのか?
どれ位強くなったのか?

今までは格下ばかりが相手だったので、はっきりとした手ごたえを感じる事が出来ませんでした。

ちょうど良い機会だ!!

果たしてちゃんと前に進んできたのか!?

進化してきたのか?

いよいよ、その見極めの時が来た、と言う事です!

運命のキックオフは7月21日!

是非、応援しましょう!^^
posted by シンたろー at 15:55| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡国の肖像(ガンダムW

ようやく見ました^^;

今週はトールギスがいよいよ登場!
劇中の扱われ方、凄いですねぇ〜!
それとなく知っていたのですが、改めてストーリーを理解した中で見ると、惚れそうです(照

・・・いや惚れたかな?(核爆

劇中の片ヒザ付いた状態がカッコよく、脳内モデリングで何をミキシングしたらあれを再現できるかなぁ〜なんて考えたり^^;

ゼクスの正体が明かされ、ムットーの献身的な姿に涙し、バスケをするヒイロとデュオに吹きました(核爆

一応理由はちゃんとしていましたが・・・うーむ・・・^^;;

見れば見るほど嵌りそうなWですが、来週予告でぶっ飛んだ^^;
ウィング、自爆していますが・・・^^;
このシーン、見た気がするのですが、話はすっかり覚えていないので楽しみです、と言うか、予告編見たら気になってしょうがない^^;

と言うわけで、近いうちに見ます^^;


あらすじ
posted by シンたろー at 14:31| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕がガンダムに求めるリアルって何?(長いっす^^;

tkhさんのコメントを読んでいて、あぁ、ボキャブラリー不足や説明不足で読んでいただいた方々に勘違いさせている可能性がある可も知れないなぁ〜と感じたので補足です^^;
漠然と感じていた事なのであまり深く考えてませんでしたが(汗)、頭の中を整理するのにはちょうど良い機会だったので^^


でも最初に断っておきますけど・・・

僕個人的にはこう思っています、ってだけです。

ファンって言うのは色々いて良いと思うんですよ。
日本代表にだって辛口の人もいれば、甘口の人もいるでしょう?
でも、皆『好きだ』と言う気持ちがいっしょであると思ってます。
長いんで、暇がある方、興味がある方が読んでいただければ幸いです^^
ボキャブラリーがあれば、もうちょっと短くまとめられるんでしょうが、どうしても長くなっちゃう・・・^^;
スミマセン・・・m(_ _;)m

ちなみに、僕はかなり冷めたファンですので、熱い方はあまり僕に怒らないでくださいね^^;
怒りそうになったらスルーすることをオススメします^^;

それでも僕もガンダムを愛しています!

と前置きはしておきましたので^^;


>リアル

ガンダムにおけるリアリティを語る上ではっきりさせておかないといけない部分が、『ガンダムという名の兵器の話』なのか、『ガンダムという映像作品』なのか、と言うのをはっきりさせないといけない訳です。

それを僕は混同してしまい、一言で『ガンダム』と表記するから話がずれるんですね^^;
申し訳ないですm(_ _;)m

そもそも、『機動戦士ガンダムという作品』の定義は、ガンダムという名前の、2つ目で、額に角が生えてて・・・、トリコロールな配色の2足ロボットが出る作品、ってことでしょう?

夢も無い事を言いますが、『ガンダムという映像作品』はバンダイがロボットの玩具を売るための宣伝番組ですからガンダムというロボット自体にはリアルさは求められてないわけです^^;
僕も別に後何千年もしたら宇宙でああいうロボットが活躍しているとも思っていませんし、むしろ、商売として成り立つようなカッコイイロボットが良いと思っている番組なわけです。

『ガンダムと言う映像作品』ってそういうものだと認識しています(爆

だから『ガンダムという名の2足歩行の兵器が活躍する世界と言う「大嘘」は大前提』なわけです。

じゃ、どこら辺にリアリティを感じるのか?

ロボット自体にリアリティを感じるのではなく、それを彩る作品内のMS=兵器としてのの扱われ方であったり、MSの細かいリアクションだったり、細かい書き込みに依存する部分が大きいと思います。

僕らが『今実感できる現実世界に起こりうる現象・テクノロジー』を作品内にちりばめられている事が視聴者にとってわかりやすく、またリアリティを感じさせるのだと思います。

実際問題あれほどのロボットを作れるだけの技術力があれば、僕らの生活水準も相当上がっていて、それこそ空飛ぶ車に乗っててもおかしくないでしょうし、電話だって有線な訳がない^^;
でも、それらを全部作品内に入れて表現しちゃうと、ただの絵空事=アニメを強調しすぎてしまう訳で、物凄く冷める訳です。
そういう違和感を緩和する為に今のテクノロジーレベルに下げて演出していたりするそうです。(娯楽ですし・・・)

なので単純な話、風が吹けば木が揺れたり、投げたものが描く放物線だったりとか、宇宙に行けば体やモノが浮くといった部分を描いていたりとか、ミリタリチックな例ならば、マシンガンを撃ったら薬莢が出る、ミサイルを撃てば噴煙が上がる。へリが飛び立つ時には地上には凄く風が吹く等々。
こういう表現が上手く作品内で描かれて表現されたりすると、その部分にリアリティを感じる、と言う事なのではないでしょうか?

個人的には具体的に印象的なのは、0080の第1話。
もちろん、MSと言う存在自体というのはありえないけど、ハイゴッグの腕の滑らかな動きや、ジム寒冷地用の腕が千切れかかって、向きを変えたマシンガンで自機を撃ってしまうと言う様な部分だったり。
08小隊オープニングで有名な180ミリキャノンを撃つ反動で陸戦ガンダムがちょっと後ろにのけぞるシーンとか。

MSの存在はありえないけど、『もしあったならば、実際にはありそうなシーン』と言うのが僕のリアリティを感じる部分だったりします。



ガンダムの発展の歴史には言葉遊びならぬ空想遊びっぽい部分があって、『MSがあり得無いのはわかっているけど、もしあったとしたらこんな感じになるとリアルっぽくない?』と言う部分をユーザーと一緒になって積み重ねてきた部分があるわけで、昔からガンダムと付き合ってきた人ほど『ガンダムは(それまでのロボットアニメと比べて)リアルだ』と言う話になったりするわけです。

模型に関しても同じような現象があり、昔はスケールモデルしかなかった模型界にキャラクターモデルと言うジャンルを築いたのがガンダムです。

おもちゃとしてガンプラを手にする人も多かったですが(僕はここ^^;)、スケールモデラーだった人たちがガンプラを手に取り、『如何にすれば本物っぽく見えるんだろう?』と言う試みを受け入れる素性があったのがヒットの要因だったそうな。
あるはずも無い実物を色々想像したりしながら、『リアリティの追求=どうすればありそうに見えるのか?』を築き上げてきたのが今のガンプラの歴史でもあるわけでしょう。



そんな歴史を重ねてきたファンとガンダムの間柄に一石を投じたのがガンダムクライシスなわけで^^
かつては想像でしか感じる事ができなかったガンダムの大きさを、実際に実感できる、肌で感じることが出来る、と言うのが凄いと伝えたかった訳です。

それまでは、7階建て?の建物を見あげて、『ガンダムってあれくらいの大きさなんだろうなぁ〜』と言うような風にしか思えなかったわけですから。

もちろん展示されている実物大ガンダムと言ったってハリボテでしょうし(笑)、ナマで見ても『本物だぁ〜!』と感動したりはしないでしょうが(苦笑)、18メートル級の人型を実際に見上げたら、どんな感じなのか?
コックピットに座って見える風景とはどんな風景なのか?
人とコックピットの大きさの対比ってどれ位なのよ???等々。

それを体験できる機会なんて、めったにないのだから機会があったら体験してみては如何でしょう?と言う事が言いたかった訳です^^

かつて想像しか出来ないと言うジレンマに陥った経験のあるおじさんの方が、この実物大ガンダムに感動するんだと思います^^

ちなみにガンプラから入った僕はなかなか『スケール感覚』と言う感覚を理解するのはとても難しく、また未だに完全に理解できていない部分だと思います^^;
だから、機会があったら見てみたいと思ったりします^^


で、昨日の記事のダブルオーの話で言えば、ミサイルポットは付いているし、作業用クレーンが組み込んである敵キャラのデザインは、『噴煙やら』『破壊されたMSを引き上げる』等々、視聴者がリアリティを感じやすいであろう事柄が『出来る若しくはしやすい』デザインである事にずるいなぁ〜、と言っている訳で(笑

現代兵器を思い起こさせるデザインは、ザクにリアリティも持たせる努力よりも、もっと労力少なく見る側にリアリティを伝えやすいデザインだと思います^^

もちろん、人型MSと言う地点で全然リアルでは無いんですが、そこは大人の事情だから無視って事です(爆

たぶん、リアルじゃない、って言う人は僕よりも全然マジメにガンダムを見ている人だと思います^^;
僕はあくまで娯楽だと思ってますし、ご都合主義でも仕方は無いと思ってますので^^;
そういうお約束を満たした上で、面白く見れるもの、楽しくガンプラが作れる作品を作って欲しいと新シリーズには期待しています^^


そういえば、触れ忘れてたけど・・・
キャラクターデザインは・・・(汗
そして、スポット後半の雰囲気に不安はあるんですけど・・・^^;

ま、売れるためなら仕方が無いか!(核爆


・・・僕は意外と冷めてます^^;

なんせ、ガンダム絶滅の危機に瀕した時代を知っているし、まだまだ出て欲しいキットは沢山あるし。
また、売れればその売り上げを元に他のシリーズのMGやHGUCの開発費も出てシリーズ自体もまだまだ存続できるでしょうし、ありえないキットもリリースされたりするかもしれませんしね(笑

テレビシリーズのヒットは全てのガンプラファンに恩恵があるんですよ!(爆
SEEDのおかげでHGUCが80種、MGが100種まで揃ったんですよ!
文句は無いでしょう?^^;

それゆえに、ダブルオーも頑張って欲しい訳です^^
と言うか、結果出せ!(爆

最後に・・・

僕が勝手にガンダム作品に求めているだけですから、ガンダムが好きな人の数だけ求めるものがあって良いんだと思います。
僕の意見が全てではないはずです。

そして僕はガンダムを愛しているし、応援しています!


・・・だから熱心なファンの方も怒らないでね^^;(核爆←怒る前にスルーしてください!
なんでおじさんはガンダムをリアルって言うのか?
posted by シンたろー at 13:40| Comment(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

ガンダム00 TVスポット2

ダブルオーに新展開。(00だとわかりずらいよねぇ?^^;)
TVスポットの第2弾が公開されました。

http://www.gundam00.net/

今回のスポットは内容充実!

かなり意表を突かれた感じ^^
しかも、良い方向に!

そして、ようやく世界観が見えてきました!

敵キャラとして描かれていたのは、現代兵器を思い起こさせる装備をまとった非人型マシン。
ガサラギ(知らないんだけど^^;)とか、フロントミッションに出て来る様なデザインと言えばわかりやすいでしょうか?

てっきり、ザクやら、ジンやら、メガネマシン(F91等・笑)が相手なのか?と思いきや、今までのガンダムとはまるで違った世界観を提示してきたのでした!

コレで、ようやく『西暦』を関した意味。
そしてガンダムに新デザイナーを起用した理由と言うのがちょっと垣間見えたかな?なんて思いましたね。

今までのガンダムのデザインをポンっと持って来ちゃうと、ゴジラVSキングコング(爆笑)のような、フロントミッションVSガンダムで浮いちゃうんでしょうねぇ〜^^;

また、バンダイサイドが言っている『リアルメカっぽさ』と言う意味も『こういう意味か!』と納得。
若干、ずるい気もしますが(笑←ザクをどうリアルに見せるのか?等々を期待してたので、最初からデザイン的にリアル感を盛ってくるのは反則のような気がする^^;)、絶対カッコイイに決まってるもん(爆

っていうか、敵キャラの方に既にゾッコンですけど^^;

後は、ガンダム側をどうリアルに見せてくるのか、それともあれで限界なのか?そこら辺を楽しみにしたいと思います^^



もうひとつだけ!

話が面白くって当たり前。

今のうちに高クオリティーで思いっきり描き溜めておいて欲しい!(核爆

出来れば使いまわしナシの方向で!(爆

『流石ガンダム!お金がかかっているだけあって(笑)、超高クオリティーで、他の普通のアニメじゃ全然太刀打ちできない!』

と言われる作品にしてください(核爆
楽しみにしています^^

デザインって難しいですよねぇ〜。。。
posted by シンたろー at 18:24| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

トレーズ暗殺(ガンダムW

かなり遅い更新^^;
でも、僕自身、まだここまでしか見てなかったり・・・^^;;;(何かと忙しくてねぇ〜・・・汗

物語は前回の続きから。

前回の策略に嵌った5人が窮地に立たされ、その結果必然とお互いの信頼関係を築いていく・・・と言う話でしたね^^
結構重要なエピソードだったかと^^

途中ヒイロ君が単独で爆破作戦阻止に向かうのですが、そりゃ・・・ちょっと・・・と思ったのは内緒です^^;

劇中のガンダムを見ていると、かなりスタイリッシュに描かれていて、SEEDを思い起こす事しばしば。

ウィングなんて、凄くカッコ良く見えますもの・・・^^;;
おでこアタリが普通とちょっと違う感じですが、それがまたカッコいいんですよねぇ〜。
この間キットを眺める機会があって、買おうかと思ったのですが、きっとはハッキリ言って・・・^^;;
やり甲斐ありそうですが、またの機会で・・・って事で(爆

後半はゼクスの素性が早くも明かされます。
コレはまぁ、知ってたのであまりサプライズではないのですが^^;
でもこの復讐劇は、シャアとザビ家のことを暗喩しての事なのかなぁ?

その後、五飛の話に。
五飛はずっとトレーズの怨念に取り付かれていたのですが、こういう理由だったんだなぁ〜と、ようやく理解したり^^;

やはり、変に知っているだけに若干もったいない気がしますが、それでも楽しめているのでウィングって作品も良いもんだなぁ〜と改めて実感しました^^

次回はいよいよゼクスがMSの始祖トールギスを駆る話。
楽しみです^^(←早く見ろよ^^;


あらすじ
posted by シンたろー at 12:39| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

間が開いたのでまたまとめ話^^;

うわぁ〜、、、随分開いちゃいましたねぇ〜^^;
この間の誓いはどこへやら^^;

それはそうと、もう出てるじゃないですかぁ〜!



ドラゴンクエストソード。
買った方も多かったのかな?
ちょっと興味があるのですが、プレーした感じはいかがでしょう?
ちなみにファミ通ではストーリーが若干短い!と言う意見が多数あった模様。
ま、かなり楽しめるようですが、課題は次回作で・・・って事で^^;

来週はいよいよパワプロですが!
欲しい!!
欲しい!!!
欲しい!!!!

<PS2版>


<Wii版>

Wii版のほうが、モードが一つ多い上、読み込みが早いらしいです。
PS2番はHDDユニットがないときついらしいのでご注意を^^::

欲しいですが、完全に模型が遅れているんで、ちょっとスルー・・・できるかなぁ〜・・・(悩


まぁ、ゲームはさて置き^^;マジメにガンダムの話でも。
ガンダマー必見のイボルブマテリアルの発売がいよいよ近づいてきました!


いやぁ〜、発売延期になったときはかなりガッカリしましたが、ようやくお目見えですねぇ〜!
コレはホント欲しい!
今回は素直に予約します・・・^^

それと・・・富士急ハイランドがまたまたやってくれました!
富士急ハイランドと言えば、「huizyama」「ドドンパ!」等々、ギネス級のアトラクションがずらりと揃えられている一風変わった?アミューズメントパークですが、ガンダムともかなり深いかかわりが。

『ガンダム・ザ・ライド』と言うアトラクションを過去に催した事があり、かつ、ガンダムショップまで運営。
僕自身も静岡在住中に一度遊びに行ったのが懐かしく思います^^

そんな中、いよいよ新作のガンダムアトラクションが!
ガンダムクライシス
http://www.fujiq.jp/gundam/

1分の1(実物大)ガンダムを作ると言う無謀な試みが見事結実!(笑
格納庫を舞台に遊ぶアトラクションのようです。
結果次第では、コックピットに座れる・・・らしい?

ゲーム内容もさることながら、モデラーなら一度は実物大ガンダムって言うもの、見たいですよねぇ?

一度見て、大きさを実感すれば、スケール感覚がかなり養えそうな感じですし、ガンダムモデラーなら一度体験しておくとちょっと良いかもしれません。
デティール関係も参考になるでしょうし、ね。

まぁ、遠くに住んでいる方には、富士まで行け(正確には富士ではないのですが^^;)、ってのもなかなか酷な話でしょうが、近くに行く機会に恵まれるのであれば、検討してみるのも良いかもしれません^^

そうそう、ゲーム内容はわかりませんが、そっちも注目ですね(笑←正直ゲームより実物大が見たい^^;

昨日辺りに完成して報道陣にお披露目されたそうですし(ニュースサイトにも取り上げられてます)、いよいよ21日からスタート!って事で、行った方はまたコッソリ教えてもらえると嬉しいです(笑

ちなみに『ガンダム ザ ライド』の時は限定ガンプラがあったのですが(『シャトル』がキット化された!)、アトラクションが終わった今も一向に再販する気配なく^^;

こういうところ、バンダイさんって結構律儀ですよね・・・(限定
ある程度過ぎたら、一般販売してくれても良さそうなものですが・・・。
(ソードカラミティやプリムローズ等のパーツもこのまま埋もれるのでしょうか?)
せっかく作った金型、安い買い物ではないらしいのですから、有効活用してもらった方がユーザーも喜ぶと思うんですけどね・・・。


話は変わって、サッカー・アジアカップ予選。
今回の予選、スケジュールが個人的に良く、全試合見れる!
って事で、見た1試合目。

残り2分で同点・・・。

まさに唖然としましたね^^;
試合の最中も怒りっぱなし。(←オシムかっ!笑
ブログの話題に挙げる気にもなれなかった^^;

そして迎えた第2戦。

前半歓喜の瞬間。
中村→高原のヘッドで気持ち良いくらいスッキリしたゴール。
しかし、前回の試合が頭をよぎる。
『まだまだ!もう1点!』
そう思ってた矢先に、
加持→高原!!
高原の2ゴール。
こりゃ凄い!高原は5試合で5得点!
W杯の時は悔しい気持ちで一杯でしたが、今年のこの人はホント別人かと思うほど落ち着いた進化したプレーを感じました。
まさに頼りになるなぁ〜と言う感じ。
そしてPK中村のゴールで3点。

日本代表で久々に大量点を見た気がしました^^;

悪かったのは後半^^;
レッドカードで10人になったにも拘らず、あれほどの猛攻にあわされ、何度もピンチに陥り、更に1点まで取られ・・・

ホントヒヤヒヤものでした^^;

当たりも厳しい試合でしたが、一応勝ってようやくホッとした感じでしょうか。

それにしても、守備面にまだまだ不安感が残るのが気になりますね・・・。

次回月曜、ベトナムと最終戦、首位通過をかけた戦いに向け、ゆっくり休んでください^^
まだまだ気を許せない状況が続きます!
頑張って応援しましょう^^

・・・ハノイのスピーカーによる呪文のような応援はどうかと思う今日この頃・・・^^;;
posted by シンたろー at 15:39| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

ついで出荷情報。

その前に訂正。
3つ前の記事で

8月から00の商品化!

と書きましたが、ガンコレでした!!
忘れてた^^;
申し訳ないですm(_ _;)m

で、いきなり謝罪かは始まりましたが・・・

5日なので出荷日が・・・

・・・って、出荷今日じゃん!(汗
と言うことは、昨日のうちに発表されてたかな?^^;(←昨日は忙しくて見てなかった^^;

7月5日
HGUCブルー1号機
アクションベース2(グレー)

7月17日
ハイコンプロ・アカツキ
SDブレイズザクウォーリア

7月19日
MGゲルググVer.2.0
MGガンダムVer.OWY(アニメカラー版

7月26日
HGUCゾック
HGUC水陸両用セット(ズゴック・アッガイ・ゴッグ
ガンダムデカールVol.6(詳細不明^^;


早いと予想はしてましたが、1号機は今日かよっ!(汗
後で買いに行かなきゃなぁ〜^^;

ガンダムデカール6弾の内容の情報が無いのが気になります^^;
誰か知ってたら教えてくださいね^^;;
まぁ、ゲルググは硬いか・・・?
posted by シンたろー at 12:39| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついで出荷情報。

その前に訂正。
3つ前の記事で

8月から00の商品化!

と書きましたが、ガンコレでした!!
忘れてた^^;
申し訳ないですm(_ _;)m

で、いきなり謝罪かは始まりましたが・・・

5日なので出荷日が・・・

・・・って、出荷今日じゃん!(汗
と言うことは、昨日のうちに発表されてたかな?^^;(←昨日は忙しくて見てなかった^^;

7月5日
HGUCブルー1号機
アクションベース2(グレー)

7月17日
ハイコンプロ・アカツキ
SDブレイズザクウォーリア

7月19日
MGゲルググVer.2.0
MGガンダムVer.OWY(アニメカラー版

7月26日
HGUCゾック
HGUC水陸両用セット(ズゴック・アッガイ・ゴッグ
ガンダムデカールVol.6(詳細不明^^;


早いと予想はしてましたが、1号機は今日かよっ!(汗
後で買いに行かなきゃなぁ〜^^;

ガンダムデカール6弾の内容の情報が無いのが気になります^^;
誰か知ってたら教えてくださいね^^;;
まぁ、ゲルググは硬いか・・・?
posted by シンたろー at 12:35| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

∀公開!

pamさんちで∀の商品画像が見れます。
http://pam.main.jp/

おぉ!カッコイイ!
顔は変えちゃおうかと思っていましたが、正直、カッコイイと思います。
ガンダムに見えるし!
それにしても大したものですね!
ラインの綺麗な繋がりが見事に再現されています。
ホント美しい機体です(人によって見方はそれぞれですが^^;
スネのラインなんか、横から見たら綺麗なRで構成されていて・・・

ぶっちゃけ・・・

『旧キットは何だったんだ!?』(←すねは確か直線上に線が繋がってた

と思いました^^;
新たな発見ですね^^;
可動範囲も大きく動き、とても良い感じです^^

全体的なスタイルもほぼ完璧。
いや、ホント非の打ち所のない出来栄えだと思います^^
∀としては、ね。
後は好みの問題でしょう?^^;

∀のキャラクター性の特徴といえば、個人的には『MSとは機械である』と言うことが強調されている点にあるんじゃないかと思ったりします。

使う人によって、凶暴にもなり、優しくも使える。
当たり前な事なんですが、例えば車も載り手次第では人を殺してしまう可能性もあるわけで。
でも、ちゃんと乗り手が巧く使えば、非常に便利な道具ですよね。

MSとは戦争に使うための機械ですから、人を殺すのが宿命な機械でもあるわけで・・・。
でも、機械は所詮は機械。
使い方を変えれば便利な道具である。
それが∀では散々各所で描かれてたんだな、と今なら監督が∀に込めた思いを少し判れそうです。

ガンダムって基本的に戦争がないと話が成り立たないですから、通常は人殺しの機械でしかないわけで。
そういう意味では新作があるのは、=戦争が起こると言う事で(まぁ、物語の中で、と言う事ですけど)良くない話なのですが、そんな中、∀は牛を運んだり、洗濯したり、核ミサイルを廃棄しに言ったり、落ちた橋の代わりに背中を使ったり、と。
当時は『なんでMSにそんなかっこ悪い事をさせるんだ!』と思ってましたが、結局そういうことだったんでしょうね^^

最後はしっかり戦闘させるんですが、両極端を描く事で『MSも所詮は機械。使う人次第。』というMSへの優しい表現が強調されてたんだなぁ、と。

そういう意味では僕は∀と言う作品はガンダムの中でもある種の前向きな姿勢を感じて好きなわけです。

と言うわけで・・・、


買うよ!作るよ!!(おぉ、言うねぇ〜^^;


百鬼に間に合うかどうかは別として(爆←相当無理っぽい^^;

と言うわけで、個人的に超楽しみな一品です^^
願わくば、完璧版左右非対称のターンXも発売して欲しいものです。

・・・左右非対称なので相当パーツ数が増えそうですが・・・^^;
でも、実現すれば、立体パズルみたいで面白そうですよね^^

今のMGのギミックも十分立体パズルですが(苦笑
posted by シンたろー at 12:23| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流血へのシナリオ(ガンダムW7話

ようやく物語も大きく動きを見せはじめました。

スペシャルズ(=OZ?)のトップ、トレーズの暗躍により罠にはめられる5人。

今更ですが、
連合の上層部=穏健派(一枚岩ではないでしょうけど)、
OZ=スペシャルズ=武装派

ってことで良いですか?^^;;
まぁ、今回話のわかる連合上層部は、他の誰でもないヒイロ君に一掃されてしまうのですが・・・^^;;

結構衝撃的な展開ですよね。
トレーズの策略により主人公が平和の為に頑張ろうと言う勢力を一掃してしまい、結果戦争が激化する・・・。

うーん・・・、意外にもW面白いじゃないですか。。。

今後のヒイロ君の行く末が気になるところです。
(OVA版は目を通しているんですけどね^^;)

とっとと次の週の分も頑張ります^^;(後2話!あらすじ
posted by シンたろー at 11:22| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。