2007年06月25日

電撃ホビー8月号

・・・えっと、今日発売ですね(爆

それでも内容チェック^^;;

ボトムズ特集。
人気があるようですねぇ〜。
いや、申し訳ない^^;
ほとんど興味がないのでスルーです(汗
ハウトゥは色々勉強になるとは思うんで、各自購入する場合はちゃんと目を通した方が良いですね^^

で、ガンプラは・・・ジオラマ特集。
ジオラマのハウトゥはなかなか見ごたえがある内容・・・のように見受けられます。
最近キットオンリーの見せ方、作り方にマンネリを感じたら、ビネットと合わせたり、として見せるのも良いかなぁ?と思い始めているだけに勉強になります^^

近年、スタンド付きキットやアクションベース等、バンダイさん自身も『作る』のみならず、『飾る』と言う事を意識した商品展開をしていますし、ね。
コンテストにでる際にはそういうのもあると目を惹くかもしれませんね^^(←注:コンテスト未経験者なので鵜呑みは危険です!!汗

>AOZ。

ウーンド・ウォートのカラーリング。
ガンダムカラー。

・・・うーん・・・、とりあえず・・・ノーコメント(爆
まぁ、キット化したら一応作りますけど^^;
ヘイズルよりは熱くない・・・かな?^^;;
カッコは良いけどねぇ〜。

>ファントムペインレポート。

ロッソ・イージス!凄い!
カッコ良いかは別として(爆←元のデザインの問題で、作例は超絶だと思います^^
ちゃっかり、デルタアストレイが立体化されているのを見て・・・

『キット化はまだ!!!???』(←思い出すのが遅い^^;

是非実現して欲しいです^^
ちなみに、ファントムペインレポートは来月終了らしい。

そ・そんなの・・・超寂しいんですけど・・・(涙

しばらくの間は00旋風を楽しめ、って事ですかね^^;

>00

扱いが小さいですね。
HJが一番乗り気なような?
改めてFGのキットを眺めると、立体物としてはかなりカッコよいと思います。

ただ・・・

どっちかと言うと・・・『新しいスパロボです!!』と言われても、全然違和感がない様な^^;

∀以来久々に思いました。

『ガンダムのデザインの基準ってなんだろう?』

ウーンド・ウォートにも同じように感じた事ですが・・・。

・・・ま、慣れるでしょう、そのうち^^;

デザイナーさんに文句行っても仕方ないですし、基本的な形状のオーダーは監督さんのものらしいですし、ね。(と大河原先生は何度もインタビューで言ってた様な)

SEEDの時と違って、フォルムの違いで機体に特徴付けているのが印象的ですね。
SEEDの時は背負い物で違いを出していましたし。(ある意味わかりやすかった^^

さて、敵キャラのデザイン、興味津々ですね・・・^^

と、こんな感じでしょうかね。

あ!触れ忘れていましたが、
Style−S(SEEDのMSフィギア)の新作、カッコイイですね!
ストフリは光の翼付き!
こりゃ、箱買いか?(笑
凄く楽しみです^^




posted by シンたろー at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。