2007年04月17日

そういえば、アレ、どうなった?


いよいよ来週はMGザクVer.2.0が出ますね!
早々にランナー状態が画像で出回ったりしてますが^^;
中身は興味があるけど・・・やはり、箱を開けたときの感動が薄れるのはちょっと・・・^^;
まぁ、ザクは買わないので(!?)見ましたけどね(核爆

僕は赤いほうを・・・^^;

ザクVer.2.0の最大の特徴は、可動範囲!

なのですが、今回の話はそのもうひとつの方。
拡張性、ですね。

今でこそ、バリエーションを見据えた開発をされるのが当たり前ですが、MGというブランドが立ち上がった1995年はガンダムとザクのみリリースすることを目標としていたので、ガンダム・ザクで完結してました^^;

その後、MGというブランドの継続決定、色々なアイテムの開発が始まるのですが、新規のMGが発売する間隔がたしか・・・半年位かな?
今じゃ考えられないですよね(笑
今は毎月ですし^^;
毎月が当たり前になったのは、2000年の陸戦型ガンダムからかな?
ここから今まで、かなりのハイペースでしたね。。。
もう7年も経つのか・・・^^;

バリエーションがはじめて考慮されたMGはNT−1アレックス。
クゥエルとジムカスタムが同時期にリリースされました。
これを可能にしたのがカトキさんって事ですね^^

それよりもちょっと前の話。

半年も間隔が開くのは寂しい。
バリエーションって出来ないのか?
と言うことで槍玉に上がったのが、MGガンダムをベースにした『ジム』と、ザクのバリエーションで旧ザク。
なので、かなりカッコイイジムと(笑)、旧ザクが出来たんですね。(しかもかなりの新規パーツを加えて←余るパーツも多かった)

ザク自体はもう結構早い段階からバリエーションがあって、それが高機動型です。

僕はこの頃の話しはあまり知らないのですが、ジョニーライデン機とシンマツナガ機の2機が96年にリリースされてます。
この2機は・・・どういう経緯でキット化されたのかはわかりませんが、問題はジョニーライデン機で起こりました!

一部、金型の都合で配色が再現できなかったのです。。。

で、逆に設定を弄っちゃった・・・。

これにファンが反発。
それ以降、設定を捻じ曲げるような配色の変更は行われなくなりました。

この事件?は相当バンダイさんにとって勉強になったようで、それ以降リリースされたものはどんなに手間でも新規パーツを追加してでも配色を再現する徹底っぷり^^;
去年のキャンペーンの大河原版OYW版ガンダムも外装がほぼ2セット分入ってたという話も・・・(←未確認
ヒザは新規だとか!?

まぁ、本題は、そこまでするバンダイさんのことですから、近い将来出るであろう『ジョニーライデンVer.2.0』は元設定の色合いを再現してくるんだろうなぁ〜?と。

で・・・

そうした場合・・・

MGででっち上げた設定はどうなるんだろう?

と思ったり^^;

今となっては逆にそのカラーリングに希少価値があるような気もしますけどね(笑

最近のガンダム本とかでこのMG版のカラーの話は取り上げられているのでしょうか・・・?


いや、だから『アレどうなった?』って事で・・・^^;;

まぁ、個人的にはどっちでも良いんだけど(核爆)、たまにふと思い出すとちょっと気になるかな・・・?なんて^^;;

posted by シンたろー at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1バーレーンGP

さてさて、どうも調子が悪いです^^;
『おかしいかな?』と自分で感じ、合間を見てちょっと横になって寝ても復活しない・・・、あれ?もしかして・・・風邪??

普段、あまり体温は測らない人なので、調子が悪くても『そういう時もあるよねぇ〜』で済ましてしまったりするのですが(ほら、測って明らかになるとガックリ来るし^^;)、自分でも自覚できる位良くなかったり^^;

ってなわけで、今日はおとなしくしよう・・・と思いました^^;;


で、話は一気に変わって、F1第3戦、バーレーンGP。

予選は相変わらず『マクラーレンVSフェラーリ』の2強対決。
勝ったのは前レース同様、マッサ!
マッサ・・・速いのか、速くないのか・・・判断に苦しむところですよねぇ・・・^^;

2位はなんとビックリ、ハミルトン!
こ・・・コイツは・・・スゲェ〜^^;;

3位ライコネン・4位アロンソ。
見事に赤・銀・赤・銀の順^^;;

スーパーアグリ・ホンダ・トヨタはここでも良いところ見せられず・・・。
序盤戦はこのまま行っちゃいそうな予感^^;;


<決勝>

注目のスタート。
前回のGPではマクラーレン勢の好スタートにより一気にレースは決まっちゃいましたが^^;今日はしっかりマッサがトップをキープ!
その後はハミルトン。
ライコネンはイマイチでアロンソに抜かれてしまう・・・。
ホンダのバトンは接触に巻き込まれ早々にリタイア^^;;
早々にガッカリ^^;;
その後は色々ありましたが(←省略しすぎ^^;)

マッサがトップを守り1位。
マッサってドライバーは若さを感じるドライバーですよね。
精神的な脆さを感じます^^;
前回はアリアリとわかりましたよね、ハミルトンを追いかけるシーンで。
今回もハミルトンに追われている間、何度か怪しいシーンを見ました^^;
まぁ、それを言ったらライコネンにもそういう場面はあるんですが・・・。
まぁ、『だから!』Wチャンプになれんのよ!(核爆←辛口^^;
前回のレースはマシントラブルを抱えてたらしいですが、彼の車は壊れる?
運が悪い??
僕的には、どっちかと言うと『ライコネンのドライブに問題がある』と思うのですが・・・。

かつて、セナとゲルハルト・ベルガーのリタイア率の違いについて、エンジンの回転数のキープできる能力の差・・・と言う記事を読んだのがすごく記憶に鮮明に残ってたりするので。
簡単に書くと同じマシンに乗ってても、扱い方で車が壊れる率が変わるという話でした。

まぁ、ホントかどうかはわかりませんが、今回のライコネンは3位で精一杯^^;
アロンソを抜いた後、ハミルトンを追い上げて、追い込めるか!?と思っただけに、かなりガッカリな走りでしたね・・・。

ハミルトンは今回も2位!
やはり、只者ではないですね^^;;
精神力がありますよ、やはり。
前回のレースでは水分補給用の水が出なくなるトラブルに見舞われてもしっかり最後はペース上げてましたしね・・・。
根性座っているなぁ〜と^^;
今回のレースでもタイヤ交換等のレースマネジメントについても長けてましたし、精神的にもかなりタフですねぇ〜。

完全に僕の思い込みですが、やはり黒人と言うことで(フジテレビの売り込み文句がF1史上初の黒人ドライバー、って事ですし^^;)、ここまでの道のりで相当苦労したのではないかなぁ?と思ったり。
そこらへんが精神的なタフさに繋がっているのでしょうか?
走りに多少の若さを感じますが、それが裏目に出ていないところがすごいところなんでしょうね。
益々彼に興味がわいてきました!
後は・・・何時初優勝するか!と言う事!

しっかり応援して行こうと思います^^
・・・ん!?
ティフォッシの僕がマクラーレンを応援するの!?^^;;
うーん、でも、最近は頑張っている人を応援するのが好きなので・・・^^;;

いやいや、ライコネンもマッサも頑張ってはいるんですけどねぇ〜・・・、彼らにはどうも燃えるものが無い・・・(←失礼^^;;

2強対決が続きますが、そろそろ第3の刺客が現れてくれないとあまり盛り上がらないなぁ〜。
日本勢ではトヨタがひっそりポイントとってますが、まだまだ!

今年は表彰台もきつそうですが、どっかで価値にいける場面が来る事を祈って・・・

次は情熱の国スペイン!
アロンソの故郷でもあります!
彼も燃えていることでしょう!!
連戦だったレースもひとまず1ヶ月の休養。
次のレースまでにテストで好結果が出て、勢力図が多少変わってくれることを祈ってます・・・





posted by シンたろー at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。