2007年04月26日

模型誌(モデグラ)

と言うわけで、モデグラにも目を通してみました。

熱い!

その一言^^;

今月のオススメは確実にモデグラでした(核爆←一番最後に読んだくせに^^;

かなり『手を動かしたくなる』良い記事満載です^^

>ザクVer.2.0の真実

と言う題名で特集を組んでいました。
かなり興味深い内容です。
まぁ、モデラーとしてはあまり関係ない部分かもしれませんが、ガンプラを組んで眺める人にとっては超重要な話で・・・。
平たく解説すると、実機としてのアプローチが成されているそうです。
まぁ、車で言えば、ひとつの車種にグレードが沢山あって、安い車のエンジンルームはスカスカだけど、最高グレードの車はぎっちり詰まっている様に、そこまで見据えたフレーム設計がなされている・・・みたいな感じでしょうか?(←わかりずらい^^;

ひとつだけ疑問があるんですが・・・(笑
それを今まで引っ張って構築してきたのはカトキ氏ではなかったでしたっけ?ってこと。
まぁ、今までの1.0シリーズがカトキ氏の構築してきた宇宙世紀だとすれば、2.0はバンダイさんの設計士さんが構築する宇宙世紀・・・って事で良いのかしらん?

まぁ、実際に設計する人が構築するんだから、思想とキットにズレが生じる事もあまりないんでしょうが・・・

まぁ、実機は実際に無い訳ですから、どっちも正解なんでしょうし、実際ユーザーが選ぶ事でしょうけどね。

今日からいよいよ出回るわけですけど・・・ネット上で沢山の作品が見れるのが楽しみです^^
・・・ってか、ヤバイ、欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい・・・・(大核爆

>HGUC

旧ザクをザクにアップグレードする解説が付いてました。
ちょうど、先月のHJのザクの作例に近い内容のものを詳細に解説してあるので、かなり参考になること間違いなし!
これ、以前よりやりたかったんですよねぇ〜。
この記事で購入を決意(笑

さらに!!!

ブルーの作例が・・・熱い!!
HJでの設定重視の仕上げも良かったですが、白を交えたカラーリングは凄く新鮮で、青一色という単調さを払拭していました!
確かに本文にもあるように、ゲーム機の性能のせいで蒼一色になってたんですよね・・・
忘れてました^^;
おそらく、将来リメイクされたらこういうカラーリングに変わるんじゃないかなぁ?(あ、この間のライデンザクのように変えたら皆怒るか?^^;)

更に熱かったのが!!!
マラサイぷち改造のイフリート改!!!
やられた!!
カッコイイっ!(爆
キット化を望めそうな気もするけど、出ないような気もするわけですから・・・やりたい!!!
これ、僕もやりたい!!(爆

>SEED

更に盛りだくさん^^;
今月のMGはSEEDファンも忘れてません!(笑
ストライクの系譜、と称して、アカツキをMGストライクベースで。
そして、ノワールをPG風のデティールを加えて作例になってました。
アカツキ、ちょっとやってみたいかも・・・^^;;
ってか、これにする?(爆

ノワールの仕上げはちょっと個人的には『うーん・・・』でしたが、アイデアは良いですから参考にするところは参考にして、各自の好みを加えれば良いものが出来そうな予感ですよね^^

うーん、今月のMGはホントやってみたいことが満載で楽しさに溢れかえってました^^

個人的には凄いレベルの作例もとても好きですが、今月の内容のような『これ、僕もやってみたい!』と思う作例が載っている内容もとても嬉しく思います^^
テンションが上がりますもの(笑

うちのサイトもそういうような作品を沢山作って、見てくださる方が『これ、やってみたいな』と思ってもらえる様なサイトを目指して行きたいものです^^


まぁ、今月は個人的にはMGが強烈にオススメです(笑

posted by シンたろー at 15:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

電撃ホビー

さて、チェックしました。

ザク特集、面白かったですね^^
個人的に一番楽しめたのは『座談会』です。
なかなか興味深い話がたくさん載ってて、こういう話を聞くのがとても好きな僕には堪らない内容ですね。
それにしてもザクで2年の開発期間とは・・・
さいきんのMGは半年って話を聞きますから、いかに研究されて出来上がったのかが良くわかるという物です・・・。

そう思うと、それだけの熱い思いの詰まったザク、見たくなりますよねぇ〜(笑
いや、赤いのまで我慢・・・(涙

>AOZ

アドバンスド・フライルー登場(笑
そう来たか・・・(笑
でもゴチャゴチャしてて、あまり・・・^^;

さて、大問題なのは・・・ウーンド・ウォートですね(笑
美少女メカ!?(´Д`)!!
確かに今までのガンダムの世界観に無い『ライン』ですが・・・(´Д`)!!

と、ガッカリしていたのですが・・・
詳細設定を見て一変・・・

コイツ、コアMSです!

手足・バックパック等々、過去に出たTRシリーズの各パーツと合体可能!

・・・戦隊ロボみたいだ・・・(核爆
いや、トランスフォーマー?(←知らないけど言ってみた^^;;

ある意味AOZと言うシリーズを全て表現したMSですね^^;;
うーん・・・、そう来たか・・・
完全に僕の予想を上回りすぎていて、置いてきぼりを食らっているような感覚ですね^^;;

ま、キット化してもらうためにも爆発的人気を確保する為に今度はもっとわかりやすいガンダムフェイスにしようね・・・(汗

ファントムペインレポートは今月はさわりの部分だけ。
ちょっと拍子抜け・・・
楽しみにしていたので残念・・・。
来月を楽しみに待ちます^^

作例は・・・うーん・・・^^;
ゲルググキャノンが作りたくなったかな?
将来参考にします。


ってな感じでしょうか^^

posted by シンたろー at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

模型誌(HJ)


というわけで、とりあえずHJの内容をチェック。

新製品情報

7月HGUC ブルーディスティニー1号機

ナイスな誕生日プレゼントですね!(笑
これは手に入れたら・・・頑張っちゃいそうな予感^^;
武装はマシンガンと陸戦シールドのみ・・・の様ですから若干安くても良いはずなんだけどなぁ〜^^;
3号機用のシールドをセットしておいてくれたら良心的なのに・・・(笑

しかし、短期間に陸戦シリーズ3連発・・・。
1号機はホント素直に嬉しいのですが、若干くどい気もしないこともない(笑←キット化した安心感が逆に不満をもたらしてる?^^;

隠し玉で新規金型HGが欲しいなぁ〜。(若しくは流用でも良いのでターンデルタとか・・・^^;)

7月MGガンダムOYW・TVカラー

限定商品?
成型色替えキットです。
うーん・・・、MG100体目の行方は如何に?
ぐっちさん!デスティニー・・・キタッー!?(笑

GFFでメタルコンポジットとして144分の1サイコガンダムが!
GFFでのカトキ氏のデザインにも注目したいところですが、メタルコンポジットで・・・とは・・・(驚

できれば、HGUCでリリースされてないマーク2だったらなぁ〜・・・。。。

ハイコンプロでも大型商品が出ますし、今年はデカモノ続きだなぁ〜^^;;
単価も高い高い・・・^^;;

<作例とか>

ザクVer.2.0祭りですね^^
太ももがマッシブなのでとてもカッコイイ!
太ももはやはり太いに限りますねぇ〜・・・(笑
表紙裏のVer.2.0の広告のポージングの一番上の写真・・・。
見るたびに確かオラザクで入賞してプロになった(と思う)方の作品を思い出します。(僕だけ?^^;それとも目が悪い?^^;)
やはり、アレに影響されているんでしょうか?

それにしても、あの作品が3500円程度でプラキットとして楽しめるんだから・・・バンダイさんの技術と価格設定に素直に脱帽ですね・・・^^
非常に喜ばしい事です。
確かに傑作であるMGザク1.0とは違うラインですが、これまた味わい深いザクに成長しそうな予感がしますね・・・。
そうやって慣れていくのね・・・(汗

<作例見所>

rokuさんのブルー!
惚れました^^;
各所に配されたメッキシルバー、今回更に特に目立ってカッコイイです!
今度真似します!(核爆

HGUCギャン!
ゲルググを使うとは・・・!?
そういう手もあるんだなぁ〜と素直に感動^^
ゲルググの腕にドムを使用した作品を見たときも感動しましたが、今回の流用もホントビックリしました^^
視野の広さに感動です^^

∀。
好みの分かれるところかもしれませんが、∀嫌いの方にもすんなり受け入れられそうなアレンジがすばらしいです^^
これで、∀が好きな方が増えると、∀好きとしては嬉しいのですが・・・皆さんにはどう映るでしょうか・・・?

え?アレに触れてないじゃないか、って?
いや、僕は細身の方が好みなので・・・(核爆
慣れって怖いな・・・と^^;

なかなか充実している内容だと思うので、ちょっと内容チェックして(笑)、好みの作例があったら購入すると良いでしょうね^^


電撃は・・・今夜にでも^^;
posted by シンたろー at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

新製品情報

どうも情報が混乱していて5月すら何が出るのかイマイチハッキリしませんが・・・^^;

7月にHGUCブルーディスティニー1号機が発売決定!
最高級に嬉しい!

その他7月にOYWガンダムTVカラー版が出る模様。

MG100体目のガンダムVer.2.0説は消滅?

果たして真相は・・・如何に?

posted by シンたろー at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

うーん。。。

昨日のサッカーは後半から見れましたが・・・あまり面白くはなかったなぁ〜^^;

前半終えて2−0でビックリしましたが、後半の悪さばかり目立つ試合内容で、逆にビックリ(核爆

さて、yahooで取り上げられていたのでちょっと引っ張ってきました。

バトンお手上げっ!(涙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000001-rcg-moto

うーん・・・(悩
なかなか、今期のマシンは難しい様で・・・(涙

開幕終わった地点から既にニューマシンの話もチラホラ出てますが・・・^^;
今乗っているのもニューマシンですよねぇ?^^;;

うーん・・・、夏以前の復帰、期待しちゃダメですか・・・?(涙
posted by シンたろー at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

話のネタ。

コメント欄でも書いたのですが、最近のマイブームは・・・

『HGUC』の100体目は何になるのか!?

を考えるのが楽しかったりします(爆笑

ブルーディスティニーが77体目。
アッガイが78体目。
陸戦型ガンダムが79体目。

100体まで後21体!!(爆

ガンキャノンがリリースされたのが確か1999年でしたから、かれこれ8年目に突入するHGUCシリーズですが、当初、ガンキャノンが『001』を背負って通し番号を振ってたのを見て、僕は『そんなに出るわけ無いじゃーん!』なんて思ってたのでした^^;;


いやいや、今までのバンダイさんのシリーズは通し番号『01』と振っても2桁行ったシリーズってのは稀だったんですよ!
模型屋さんで見てみればわかりますが。
(今度お店に行ったら各シリーズ眺めてみてください^^)

そんな風に思っていたHGUCもはや77体。
MGは100体ですもんねぇ〜・・・。
時代は変わったなぁ〜とふと気づくとビックリするわけで^^;

で!
バンダイさんに『よほどのことが無い限り!(笑←縁起でも無い^^;』HGUCも後2年もすれば通算100に乗るわけで・・・・。

MGでも100体でこれだけの騒ぎ(キャンペーン)にするのですから、HGUCもやるんだろうなぁ〜!と。。。

で、100体目は何になるんだろう?

とふと想像を馳せる・・・。

皆さんなら何になると思いますか?(笑

全てのガンプラファンが何の不満もなく語れるのはキット化が決まる前ですから楽しまないとねぇ?(笑
決まったら決まったで、嬉しい人、悲しい人が出てくるのは仕方がないですし、大きくなりすぎたファンが全員一致で支持するアイテムも今や無いですしねぇ・・・^^;

希望話が一番楽しい!って事で(爆
そういう中で、トンでも希望が現実の物になるとビッグサプライズになるというもので・・・

なので、じゃぁ、僕は・・・HGUCアプサラスって事で・・・(爆笑

結果が出るのが2年くらい後なので、もうちょっと刻みで90体目が何になるのか?を予想するのも熱いかもしれませんよね^^;

・・・ってそれ言ったら限りないけど^^;(6月のHGUCの予想だとか、7月とか・・・ねぇ?^^;;


posted by シンたろー at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

そういえば、アレ、どうなった?


いよいよ来週はMGザクVer.2.0が出ますね!
早々にランナー状態が画像で出回ったりしてますが^^;
中身は興味があるけど・・・やはり、箱を開けたときの感動が薄れるのはちょっと・・・^^;
まぁ、ザクは買わないので(!?)見ましたけどね(核爆

僕は赤いほうを・・・^^;

ザクVer.2.0の最大の特徴は、可動範囲!

なのですが、今回の話はそのもうひとつの方。
拡張性、ですね。

今でこそ、バリエーションを見据えた開発をされるのが当たり前ですが、MGというブランドが立ち上がった1995年はガンダムとザクのみリリースすることを目標としていたので、ガンダム・ザクで完結してました^^;

その後、MGというブランドの継続決定、色々なアイテムの開発が始まるのですが、新規のMGが発売する間隔がたしか・・・半年位かな?
今じゃ考えられないですよね(笑
今は毎月ですし^^;
毎月が当たり前になったのは、2000年の陸戦型ガンダムからかな?
ここから今まで、かなりのハイペースでしたね。。。
もう7年も経つのか・・・^^;

バリエーションがはじめて考慮されたMGはNT−1アレックス。
クゥエルとジムカスタムが同時期にリリースされました。
これを可能にしたのがカトキさんって事ですね^^

それよりもちょっと前の話。

半年も間隔が開くのは寂しい。
バリエーションって出来ないのか?
と言うことで槍玉に上がったのが、MGガンダムをベースにした『ジム』と、ザクのバリエーションで旧ザク。
なので、かなりカッコイイジムと(笑)、旧ザクが出来たんですね。(しかもかなりの新規パーツを加えて←余るパーツも多かった)

ザク自体はもう結構早い段階からバリエーションがあって、それが高機動型です。

僕はこの頃の話しはあまり知らないのですが、ジョニーライデン機とシンマツナガ機の2機が96年にリリースされてます。
この2機は・・・どういう経緯でキット化されたのかはわかりませんが、問題はジョニーライデン機で起こりました!

一部、金型の都合で配色が再現できなかったのです。。。

で、逆に設定を弄っちゃった・・・。

これにファンが反発。
それ以降、設定を捻じ曲げるような配色の変更は行われなくなりました。

この事件?は相当バンダイさんにとって勉強になったようで、それ以降リリースされたものはどんなに手間でも新規パーツを追加してでも配色を再現する徹底っぷり^^;
去年のキャンペーンの大河原版OYW版ガンダムも外装がほぼ2セット分入ってたという話も・・・(←未確認
ヒザは新規だとか!?

まぁ、本題は、そこまでするバンダイさんのことですから、近い将来出るであろう『ジョニーライデンVer.2.0』は元設定の色合いを再現してくるんだろうなぁ〜?と。

で・・・

そうした場合・・・

MGででっち上げた設定はどうなるんだろう?

と思ったり^^;

今となっては逆にそのカラーリングに希少価値があるような気もしますけどね(笑

最近のガンダム本とかでこのMG版のカラーの話は取り上げられているのでしょうか・・・?


いや、だから『アレどうなった?』って事で・・・^^;;

まぁ、個人的にはどっちでも良いんだけど(核爆)、たまにふと思い出すとちょっと気になるかな・・・?なんて^^;;

posted by シンたろー at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1バーレーンGP

さてさて、どうも調子が悪いです^^;
『おかしいかな?』と自分で感じ、合間を見てちょっと横になって寝ても復活しない・・・、あれ?もしかして・・・風邪??

普段、あまり体温は測らない人なので、調子が悪くても『そういう時もあるよねぇ〜』で済ましてしまったりするのですが(ほら、測って明らかになるとガックリ来るし^^;)、自分でも自覚できる位良くなかったり^^;

ってなわけで、今日はおとなしくしよう・・・と思いました^^;;


で、話は一気に変わって、F1第3戦、バーレーンGP。

予選は相変わらず『マクラーレンVSフェラーリ』の2強対決。
勝ったのは前レース同様、マッサ!
マッサ・・・速いのか、速くないのか・・・判断に苦しむところですよねぇ・・・^^;

2位はなんとビックリ、ハミルトン!
こ・・・コイツは・・・スゲェ〜^^;;

3位ライコネン・4位アロンソ。
見事に赤・銀・赤・銀の順^^;;

スーパーアグリ・ホンダ・トヨタはここでも良いところ見せられず・・・。
序盤戦はこのまま行っちゃいそうな予感^^;;


<決勝>

注目のスタート。
前回のGPではマクラーレン勢の好スタートにより一気にレースは決まっちゃいましたが^^;今日はしっかりマッサがトップをキープ!
その後はハミルトン。
ライコネンはイマイチでアロンソに抜かれてしまう・・・。
ホンダのバトンは接触に巻き込まれ早々にリタイア^^;;
早々にガッカリ^^;;
その後は色々ありましたが(←省略しすぎ^^;)

マッサがトップを守り1位。
マッサってドライバーは若さを感じるドライバーですよね。
精神的な脆さを感じます^^;
前回はアリアリとわかりましたよね、ハミルトンを追いかけるシーンで。
今回もハミルトンに追われている間、何度か怪しいシーンを見ました^^;
まぁ、それを言ったらライコネンにもそういう場面はあるんですが・・・。
まぁ、『だから!』Wチャンプになれんのよ!(核爆←辛口^^;
前回のレースはマシントラブルを抱えてたらしいですが、彼の車は壊れる?
運が悪い??
僕的には、どっちかと言うと『ライコネンのドライブに問題がある』と思うのですが・・・。

かつて、セナとゲルハルト・ベルガーのリタイア率の違いについて、エンジンの回転数のキープできる能力の差・・・と言う記事を読んだのがすごく記憶に鮮明に残ってたりするので。
簡単に書くと同じマシンに乗ってても、扱い方で車が壊れる率が変わるという話でした。

まぁ、ホントかどうかはわかりませんが、今回のライコネンは3位で精一杯^^;
アロンソを抜いた後、ハミルトンを追い上げて、追い込めるか!?と思っただけに、かなりガッカリな走りでしたね・・・。

ハミルトンは今回も2位!
やはり、只者ではないですね^^;;
精神力がありますよ、やはり。
前回のレースでは水分補給用の水が出なくなるトラブルに見舞われてもしっかり最後はペース上げてましたしね・・・。
根性座っているなぁ〜と^^;
今回のレースでもタイヤ交換等のレースマネジメントについても長けてましたし、精神的にもかなりタフですねぇ〜。

完全に僕の思い込みですが、やはり黒人と言うことで(フジテレビの売り込み文句がF1史上初の黒人ドライバー、って事ですし^^;)、ここまでの道のりで相当苦労したのではないかなぁ?と思ったり。
そこらへんが精神的なタフさに繋がっているのでしょうか?
走りに多少の若さを感じますが、それが裏目に出ていないところがすごいところなんでしょうね。
益々彼に興味がわいてきました!
後は・・・何時初優勝するか!と言う事!

しっかり応援して行こうと思います^^
・・・ん!?
ティフォッシの僕がマクラーレンを応援するの!?^^;;
うーん、でも、最近は頑張っている人を応援するのが好きなので・・・^^;;

いやいや、ライコネンもマッサも頑張ってはいるんですけどねぇ〜・・・、彼らにはどうも燃えるものが無い・・・(←失礼^^;;

2強対決が続きますが、そろそろ第3の刺客が現れてくれないとあまり盛り上がらないなぁ〜。
日本勢ではトヨタがひっそりポイントとってますが、まだまだ!

今年は表彰台もきつそうですが、どっかで価値にいける場面が来る事を祈って・・・

次は情熱の国スペイン!
アロンソの故郷でもあります!
彼も燃えていることでしょう!!
連戦だったレースもひとまず1ヶ月の休養。
次のレースまでにテストで好結果が出て、勢力図が多少変わってくれることを祈ってます・・・





posted by シンたろー at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

逆転裁判4 感想(ネタバレなし

というわけで・・・

終わりました〜!

いやぁ〜・・・、疲れた・・・(核爆←そこまでやるなよあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、ミステリーモノですし、終わらせないと落ち着かないじゃないですか^^;
なので、ひたすら空いた時間は『逆転タイム!』って感じで、ネット上ではかなりウラシマ状態あせあせ(飛び散る汗)

一度覗いたら、サーバートラブルでした^^;;
あ、後何点かエロ書き込みを見ましたね(笑
最近多いので、どんどん禁止ワードが増えてますあせあせ(飛び散る汗)
暖かくなってきて体も緩めに・・・、気分も緩めになっているとは思いますが、うちに来ていただいてる方は間違ってもアクセスしないようにしてくださいね^^;


で、感想ですが・・・

面白かったですわーい(嬉しい顔)

それも、かなり!

4話構成なのですが、あれもこれも繋がっていて・・・最後クリアーした後、最初からまたもう一度やりたくなるような作品ですね!

それくらい、クリアーすると今まで通ってきた道の見え方が変わるという、いいシナリオでしたわーい(嬉しい顔)

まぁ、謎解きや、展開に強引さを感じるところも多々ありますけど(笑)、それも含めて『逆転らしさ』ですかね。
嫌味を感じないので、気にならないです^^

本格派を求める方にはいらいらする作品かもしれませんが、話の展開、伏線、それが綺麗に結び付けられる展開に、僕は満足です^^

これだけのシナリオを良くぞ作り上げたなぁ〜と感心します^^

元々、こういう要素の強い作品なのですが、1の後プレーした2は展開が結構惰性感の強い作品に感じられてたので心配していたのでした(汗
まぁ、2は音楽の問題もあるのかもしれませんが・・・(←どうもシットリした音楽は燃えない^^;=逆転らしくない。

が、4はかなり練られてたのでそんな心配も何のその^^

主人公の交代についてはなかなか楽しかったですね!
僕はどちらかと言えばオドロキ君のほうが好きですし(笑←ツノがすきるんるん

新システムの『見抜く』は・・・ちょっと最初の方は理解できませんでしたが^^;
それに伴うシナリオの展開も・・・。
まぁ、そこはそのうち慣れます(爆
唯一ハミガキさんだけ見抜けませんでしたたらーっ(汗)
ハイ、ここだけネタバレ見てしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
シリーズで一回も見たことなかったのに・・・
あれはズルイよなぁ〜と、未だに思ってます!(爆←負け惜しみ
でも50分位考えても見つからなかったんですもの・・・って行ってもいいわけだなぁ〜^^;;

そして、その新主人公を立てたことによって可能になったシナリオの展開の見事さ・・・これ以上は言えませんねぇ〜(笑

2で気になった主人公のグラフィックの変化のなさ(使いまわし感が)が非常に気になっただけに、主人公が変わってグラフィックが一新されたのも良かったですね^^
音楽もかなり『熱い仕様』になっているので燃えやすいですし、ホントオススメの一本です。

そうそう、最後になりますが、1,2,3をプレーしていなくても十分楽しめます。
4は4で一本で完結していますので!
で、これをやると1,2,3の話も気になると言う見事なシナリオ(笑

端から端までお見事!としか言いようがないです^^

ハミガキさん以外は・・・^^;

それと、毎度毎度気になっているのですが、クリアー後の特典がまるっきり無いのはどうかと^^;
せめて、グラフィックが見れたり、音楽が聴けたりするような特典を付けてくれないと、終わったらなかなかDSに挿す機会がないと思うのですが・・・


最後の最後で気になる終わり方をしたので、5も作る気満々^^
とっとと仕上げてくださいね!(核爆
このシリーズ、応援しています!

その前に、3を早くDSで出してくれぇ〜^^;;
posted by シンたろー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | はまったゲームたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

新章開廷!!!

最初にお断り。
絵文字を使ってみるテストあせあせ(飛び散る汗)
いや、この間『アッコにおまかせ』で絵文字に込められた意味に触れる事が出来たのでひらめき
いつもは絵文字を使わないことに結構こだわりがあったので、かなり恥ずかしいですが試してみます(爆


さて、念願黒ハートのブルーの熱から冷めることなく、はや1週間。

今週の木曜日からいよいよアイツがやってきます!!るんるん



そう!
逆転裁判4っ!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今までのシリーズの主人公ナルホド君から、新主人公オドロキ君へバトンタッチ!
新システムも多数引っさげて今週いよいよデビューです!

主人公も一新されるということで、これが始めての方でも楽しく逆転の世界観を楽しめる作品になる事間違いなし!

多少強引なトリックたらーっ(汗)と、ライブセッションexclamation&questionとなる裁判、熱き血潮がたぎる展開!?

冷静に考えれば、結構かなりアレな作品(爆)ですが、楽しいので問題なく、『勢いで』楽しみましょう!!

超楽しみです!
と言うわけで、5日ほどで無罪を勝ち抜いてきますんで、しばしお待ちをexclamation×2(核爆


それともうひとつ。
僕自身、ヤングマガジンを読んでなかったので気づかなかったのですがたらーっ(汗)、逆転裁判のマンガ版が連載されてたり!ぴかぴか(新しい)


めでたく1巻が発売になりました!
で颯爽と買って読んでみましたが、なかなか面白いじゃないですか^^;

ゲームほどの爽快感は今のところ感じませんががく〜(落胆した顔)

2話目の途中で1巻が終わっているので判断に苦しむところですたらーっ(汗)
まぁ、もうちょっとまとめて単行本が揃ったらもう一度レビューしますね^^
2話目の事件の冒頭部分(1巻収録)を見る限り、ちょっと面白そうなので続きが見たいところですが・・・次は3ヵ月後かもうやだ〜(悲しい顔)

と言うわけで、絵文字連発で書いてみましたが・・・

うーん、こっ恥ずかしいっす^^;


------------------------------------------

追記

おぉ〜exclamationアニメーションするんだなぁ〜わーい(嬉しい顔)

・・・でも、ちょっと軟派な感じが・・・たらーっ(汗)
posted by シンたろー at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | はまったゲームたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

F1 マレーシアGP

と言うわけで、いよいよF1も第2戦マレーシアGPが開催されました。

ポールポジションを取ったのはなんとフェラーリ・マッサ!
2位マクラーレン・アロンソ。
3位フェラーリ・ライコネンの4位マクラーレン・ハミルトン。

と言う完全サンドイッチ状態^^;
まさに2強。。。

今回のスーパーアグリは・・・うーん・・・ちょっと出遅れ感。
トヨタ・ホンダに限っては更に低迷・・・^^;;

こりゃ、日本人視聴者にアピールしづらい展開です(爆

レースはアロンソがトップで第一コーナーに入って行き、2位にハミルトンと言う見事なマクラーレン勢の1,2体制。
それを崩せない3位のマッサ。。。

ライコネンは完全にマッサの煽りを受けて4位から動けず^^;

勝負あったのは序盤の10周もしないところ。

マッサがハミルトンに仕掛けるも、自爆(爆
5位後退。
その後、ライコネンがハミルトンと対決するも、これを制することは出来ず。

今回のグランプリは良くも悪くもハミルトンがかなり目立つ結果になりました。

最終結果は
1位アロンソ(マクラーレン)
2位ハミルトン(マクラーレン)
3位ライコネン(フェラーリ)

と言う結果。マクラーレン1−2フィニッシュでトータル16ポイントでアロンソがライコネンを上回りトップになりました^^;
フェラーリのアキレス腱はやはりマッサ・・・って事になりかねない展開ですね^^;;

さて今回かなり頑張ったハミルトンと言うドライバー、前回のレースを見てもかなり評価が高かったですが、今回のフジテレビ解説陣にもかなり高評価だったようで、ベタ褒めしてました^^;

去年、注目だったウィリアムズのロズベルグも今シーズンはパッとせず^^;
マシンの問題が一番大きいのかもしれませんが、ハミルトンにはかなり期待できそうな予感がしますね!
大御所マクラーレンが異例の抜擢した地点で何となく只者ではない気もしてましたが、今年の台風の目になりそうな・・・。

若き王者・アロンソとチームメイトって事で、色々学べる環境も彼にとってはプラスになるでしょうし、今後が楽しみなドライバーであることは僕も同感です^^

今年は皇帝シューマッハはいないし、日本勢もパッとしないしで(アグリは頑張ってるけど^^;)イマイチ燃えてこないのですが、ハミルトンのおかげで楽しめそうな予感です^^

次回はバーレーンGP。
2週連続開催って事で、今週末決戦です!!


posted by シンたろー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

再訂正^^;;;2007.5月

と言うわけで、再々訂正です^^;;

シャアザクはなんと6月に延期!

って事は・・・???

5月

HGUC     陸戦型ガンダム
ハイコンプロ デストロイ
ハイコンプロ ミーアザク
EX      ヤマト関連の飛行機(←やる気ない紹介だなぁ^^;

SD      ブルデュエル

ケロロ・・・


と言う感じでしょうか。

え?プラは陸戦ガンダムのみ!?
うーん・・・最近のリリース状況にしてはちょっと寂しい・・・。


そうそう、SEED関連の追加情報。

千葉先生のブログ(リンク参照)で、アストレイ関連の新展開が明言されました!
とりあえず今月末の電撃でファントムペイン外伝が。

そして、新シリーズ!?
映画と関係するのか?要注目です^^

・・・ってそろそろいい加減映画の話も聞きたいですよねぇ?^^;;


・・・で、デルタはなんで2巻で終わったのか?(爆
posted by シンたろー at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

訂正とか。

そう言えば、チラシ見て気づきましたが・・・

陸戦型ガンダムは

5月発売です!!!

6月→5月と言う事で、もしかしたら5月下旬(ホビーショー後って事なんでしょうか?)

しかももうひとつ。
シャアザクの価格が3600円+税位になってた!
値下げ?

情報が混乱していますが、とりあえず最新情報ではそういうことらしいです^^

で、まとめ。

5月

HGUC 陸戦型ガンダム
MG  シャア専用ザクVer.2.0
アクションベース2(144分の1用)
『シャア専用』アクションベース1←赤くてデカールつき・・・らしい。

だそうです。

まぁ、6月はスコープドックがあるとかで、またもガンダムが少なそうな予感・・・。



posted by シンたろー at 19:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルー

さてさて、ブルーも発売されて、個人的にはちょっと燃えてたりするわけですが・・・。

パッケージをまじまじと見たら、特に副題(最近良くある『戦場の絆』や『AOZ』と言ったロゴ)があるわけでもなく、通常のキット化。
『ガンダム外伝 ブルーディスティニー』って入れて欲しかった気もしますが(笑←若しくは戦場の絆。近い将来出そうだし?

まぁ、それは置いておいて、僕のつたない記憶を頼りに若干このブルーについて説明しましょう。

僕の記憶は曖昧だからダメ!って方はこちら(笑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E5%A4%96%E4%BC%9D_THE_BLUE_DESTINY

つたない記憶である事も含めて楽しんでいただく方はお付き合い下さい(笑

そもそも、セガサターン用のゲームで96年リリースだそうです。
3枚組み(リリース時期は開いていた)。
一枚で5話構成。
5×3で15ステージと言う。
コクピット視点で、ステージ前・クリアー後にデモが入ります。
得点で自分の階級が上がったりするシステムもあって、なかなか熱い仕様でした^^
最後にはオマケでアムロのデータと戦えると言うおまけも・・・。
べらぼうに強かったですけど・・・^^;;

で、

時は宇宙世紀0079年。
ジオンのニュータイプ研究所である『フラガナン機関』の研究所に属していたクルスト・モーゼス博士は凄い研究を進めていました。

その名も『凡人がニュータイプと同じだけの戦闘力を持つことが出来るシステム』。
僕ら、ニュータイプではない人々にとってはこれほど嬉しい研究はないですよね?^^
このシステムさえあれば、アムロのような英雄的なパイロットと渡り合えるのですから!!

詳しい仕組みは省きますが、ニュータイプの精神構造をPC上で解析、システム化したユニットを搭載する事で可能にしているらしい。

元々はジオンで研究していたのですが、博士の満足の行く結果が得られませんでした。(これがイフリート改)
技術力がジオンでは足りなかったのです。

そこで博士は思い切った行動に出ます。
システムを持って、連邦に亡命したのです!

もちろん、博士のシステムは連邦にとっても欲しいものでしたから、大歓迎されます。

博士は早速連邦のMS『陸戦型ジム』を持ち込んだシステムでチューニング。
しかし、陸戦ジムのスペックでは博士の満足の行く結果が出せず。
急遽、中身はほぼ78と同スペックである(78の部品試験の通らなかった落第パーツの寄せ集め・・・ですけど)『陸戦型ガンダム』に搭載。
頭部にシステムが集中している為、頭部はそのまま使用したのが『ジム・ブルーディスティニー』だった訳です!!

ブルーに染め上げたのは博士の趣味だそうで^^;

で、その研究の最中、事故が起こるわけです。
そう、暴走。

しかし博士の研究は止まりません^^;

研究結果をベースに2号機・3号機を作ります。
2号機からは、最初から陸戦型ガンダムをベースに開発。
なので、ガンダム頭なんですね!

3号機は蒼く塗る前にユウ・カジマに渡されるのでした。
なので、陸戦型ガンダムカラーだったりします^^

2号機を劇中でニムバスに奪われ、3号機で追いかける訳です。
最後のクライマックスは2号機VS3号機という、0083バリな展開に・・・。


なかなか面白そうな話でしょう?
特に凡人をニュータイプにするシステム、『EXAMシステム』はお気に入りのシステムです^^
モード突入すると、目が赤くなり(これは後々追加された様な・・・?^^;←Gジェネとか)、1分半?しか持たないという、特別仕様。

あぁ、懐かしいなぁ〜・・・。

ほかにブルーを使えるのは『Gジェネレーション』シリーズと、ガンダム戦記(PS2?)ロストなんたら〜ですね。

両方ともEXAMシステムが要になってますので、醍醐味は味わえるかと!
是非、機会があったら!!(確か廉価版が出てるような気がします←パッケージがガンダムの顔の奴)



posted by シンたろー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

スーパーハイコンプロ

今月のチラシがネットで出回リはじめましたね。

詳しくは早耳さんちに行ってみてください(爆

で、注目は・・・

144用アクションベース!

これは嬉しい!
以前より欲しいと思ってましたが、これでようやく完全にHGサイズにも決定的なベースが登場です^^

内容は良くわかりませんが、大きいやつの縮小版・・・って考えて良いのかな?

HGメインのみなさん買いましょう^^

それともうひとつ。

スーパーハイコンプロ。

正直、ラピッドプロトの時はあまり期待してませんでしたが、完成品画像を見たら・・・

これは完全にPGの縮小版!?

ハイコンプロの出来栄えを考えれば、これは結構完成品の中でも良い出来栄えになるのでは・・・?
それが144分の1サイズで、、、と言うのだから、本当に驚異的な技術です^^;

これはちょっと興味ありますねぇ〜。
隅々まで見てみたい!

以前のインタビューからすれば、スーパーハイコンプロはねんに1作程度で出したい、、、って言ってましたので、今後の展開も気になりますよね。

それにしても、バンダイさんの技術・・・もはや、なんでもアリだなぁ〜^^;;;


素直に『すげー』と感心することしきり、です^^;

その他、デストロイも良い出来栄えですねぇ〜。
出来れば完成品より、自分で組んでみたかったです・・・。

まぁ、楽しみにしましょう^^
posted by シンたろー at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

与太話。

さてさて、

ずっと気になってたので、調べてみました。
もちろん、98年の地点で僕はこの趣味をやってたので、何となく感じていたのです。
なので、羅列してみました(バンダイホビーサイトより)。

1995.7 MGガンダム発売!

1998.11PGガンダム発売!
1999.7 FGガンダム発売!
2000.6 MGガンダムVer.1.5発売!
2001.5 HGUCガンダム発売!
2002.12MGガンダムVer.ka発売!
2003.12MGパーフェクトガンダム発売!
2004.6 ハイコンProガンダム発売!
2005.3 MGガンダムOYW発売!


ってな感じ。
コレにMIAやGFFを加えたらもっと隙間が埋まるかも?^^;

そうなのです。

98年以来、ほぼ毎年バージョン、デザインラインを買え発売し続けている物・・・。

それが78ガンダム!

それだけやはり深い需要があるのか?

はたまた、何かのマーケティング基準として使われているのか?

それともバンダイさんの新しいアプローチの練習台?

なので、100体目が78でもなんら不思議ではないという話でした(爆

夢が壊れる?(笑
いやいや、ただの与太話、ですよ^^;;


・・・あ!!!!
でも今年はスーパーハイコンProもあるんで、そっちが78リメイクの本命かも?

やはり100体目は別物?
posted by シンたろー at 19:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

任務完了。。。

と言う訳で、若干遅くなりましたがジャスティスアップしました。

ホントなら昨日中にアップして、

『3月は新作ラッシュになる』

という公約?をバッチリ守りたかったのですが、一日ずれちゃいました^^;
まぁ、チョビットだけなんでお許しを(笑
ま、(なるべく)約束を守る男としては、何とかそれは果たせたかな?と思ったり(笑←守れた時だけアピール!爆


3月に4体。
誰が予想したでしょうか?(笑←僕はしてましたよ・・・って当たり前か^^;

来月は・・・未定^^;

月1ペースを目標としているんで、・・・7月まではもうお休みか?(核爆

まぁ、気ままな製作者ゆえ、マッタリとお付き合いいただければ・・・と思います^^;;
posted by シンたろー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。