2007年03月20日

F1オーストラリアGP

と言う訳で、今年もいよいよ開幕!
正直、オフシーズン中はネタがなくて困ってましたが、これからまた1年、見所一杯のレースが見れるのは非常に嬉しいです^^

今年の特徴は、『皇帝・シューマッハ』引退によるドライバーシャッフル!
皇帝中心のドライバーズポイント争いもその装いを一新!
まったく読めないシーズンと言うのもなかなか味わえないので非常に楽しみです!

簡単に各チーム状況を。

『フェラーリ』
皇帝が去ったミリタリーバランスの影響は!?
皇帝の後釜として前マクラーレンより『ライコネン』を抜擢。
運の悪さNo.1のライコネン、いよいよフェラーリで念願のチャンプになれるのか?
去年はセカンドドライバーに甘んじていたマッサも、ファーストドライバーの座がかかっているだけに本気度200%でしょう。
果たして、ライコネンを食ってNo.1にのし上がれるのか?
それともセカンドドライバーとして生きていくのか?
注目です(笑
マシンは去年よりも真っ赤(笑
フロントウィングも赤い・・・のか?^^;

『マクラーレン』
冬のテストではフェラーリについで良いタイムを出してきたマクラーレン。
ドライバーは昨年のワールドチャンプのである『アロンソ』。
果たして、ルノーが速かったのか?それともアロンソが速かったのか?
セカンドドライバーはF1史上初のアフリカ系イギリス人である『ハミルトン』。
未知数の力、果たして?
マシンは去年とほぼ同じ雰囲気のカラーリングなのでわかりやすいでしょう^^

『ルノー』
一番パワーダウンした感は否めないルノー。
アロンソの後釜はチームに残った『フィジケラ』が命運を握っている。
相棒は新人の『コバライネン』。
うーん・・・事前情報なし^^;
未知数ではありますが・・・どうなんでしょうねぇ?^^;

『BMWザウバー』
実は僕自身よくわからないチーム^^;
元々はザウバーチームなんですが、BMWがチームを買収したのか?
エンジンがBMW製なのになぜ『ザウバーBMW』と名乗らないのか?(普通はチーム名前半がシャーシメーカー、後半がエンジンメーカー←両方が一緒の時、フェラーリやホンダ・トヨタの様に一言になる)

まぁ、それはどうでも良いのですが^^;
今年は侮れない速さの模様^^;
ドライバーはハイドフェルドとクビサ。
正直、こちらのラインナップもあまり印象に残ってないんですよねぇ〜^^;
今年は何度もテレビに映りそうな気配なので、徐々に覚えていくことにしましょう^^;
マシンは去年と変わらない色合いで、わかりやすい・・・のか?^^;

『ホンダ』
今年は環境問題をテーマとしたカラーリングである『アースカラー』を身にまとって登場。
確かに、環境問題は大事です。
異常気象を実感できる天候状態ですし・・・ね。
個人的には凄いその姿勢に共感しますが・・・速さがないとこの世界、説得力・影響力がない^^;
モータースポーツと相反する理念だとは思いますが、まぁ、見ている人に少しでも訴えかけるキッカケになれば良いのかな・・・

・・・いやいや、速さあって、こそ!(あっても色々問題ありそうな気もしますが^^;)

ドライバーは去年同様バリチェロとバトン。
今年はイマイチパッとしないマシンパフォーマンスの予感^^;
何とかしてくれー!^^;

『トヨタ』
ドライバーは去年同様R・シューマッハとトゥルーリ。
マシンは上々の模様。
とりあえず、ホンダよりも速い^^;
イマイチ代わり映えしないのがなんともつまらない(←失礼でしょ^^;
カラーリングも去年とほぼ一緒。。。

『スーパーアグリ』
とんでもなく速くなったのにビックリ^^;
ドライバーは去年から引き続き佐藤琢磨。
そして日本人ドライバーに拘らなくなったアグリの選択はデビットソン!
果たして、琢磨と比べてどれほどの速さなのか?
興味深々です^^
マシンの出来上がりは非常に遅く、テストもままならない状況だったようですが・・・。
マシンのカラーリングは去年後半のイメージを引き継いでいます。

そして、初戦は・・・


オーストラリアGP
posted by シンたろー at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。