2006年08月27日

3連荘!

さて、僕達のように塗装する人にとってはなかなか耳寄りなニュースを・・・。

ガイアカラーで注目していた新色がいよいよ追加されます。
http://www.gaianotes.com/

新色は、蛍光クリアー。EXでの発売です。

蛍光クリア、前は同社において蛍光ホワイトって呼ばれていたものです。
蛍光ホワイト、って言う名前なんで、ホワイトの蛍光ってどんな色なんだろう?って思ってましたが、クリアーと言う名称変更が合うように、クリアーの蛍光色なんですね。
混ぜて使えば、彩度をあげられるってことでしょうかね。
また、トップコート代わりに使ってみるのも面白そうですよね。

以前は、ネット先行発売とか言って、一般的に入手不可能だったわけですが、ようやくこれで気兼ねなく購入して遣うことが出来ますね^^

僕は以前にも言ったことがあるんですが、どんなに良い塗料でも手に入らないのであればあまり意味がないと思うわけです。
好きな色は何時でも気兼ねなく、いくらでも使いたいですし・・・。

そういう意味で、ようやく蛍光クリアーが一般販売されるということは非常に嬉しい事ですし、知っておいて損はないかと^^

ガイアカラーと言えば、上記のURLを定期的に見ていただくとわかりますが、実験販売を頻繁に行われています。
先行限定発売、と言う形式はあまり個人的には賛成しかねるわけですが(色々な思惑を感じざるを得ない。もちろん、善意でやってくれている事だと信じたいのですが・・・←勘ぐり過ぎ^^;)、実験と言う側面も併せ持っている様ですので、新しいものに興味津々な方は試してみるのも手だと思います^^
イベント専用、という色もあるようで、どちらにしてもレアなカラーが多い会社でもあります。

今月は蛍光グリーンと蛍光イエローのようです。

そうは言え、常に商品の内容を見直ししているガイアカラーさんの企業姿勢は非常にユーザーには頼もしいわけです。
(過去に現在発売中のシンナー類の中身を変更したり、発売直前のカラーのレシピを見直すために発売延長したりしていらっしゃいます)

が!
唯一気になるのは、Exシリーズになると内容が変わるってのはどうかと思う・・・^^;
いや、選択肢が多いに越した事はないですが、大容量のほうには改良版の塗料で、小さいのは従来のままって・・・^^;
内容が違う場合は、名前は変えて欲しいなぁ〜と思います。
1,2、とかでも構わないし。(Exは塗料の名前ではないでしょう?←いや・・・名前なのかも・・・^^;)

容量違いはあくまでも『使う側の使いたい量』での選択をさせて欲しいなぁ。
今の状況だと、性能の良いカラーが欲しければ、大容量を買いなさい、ってことになっているし・・・

そこらへん、どうなんでしょう?ガイアさん・・・。

改良するのは良い事だと思いますし、良い物はユーザーとしても欲しいので歓迎です。
ただ、性能違いで大きいビンを買わざるを得ない、というのはちょっと違う気がするなぁ〜。
もっとも、大瓶で出る色は大量に使う色でもあるので問題ないといえば無いんですけど・・・スッキリしないなぁ・・・。


ま、最近ガイアの発色の良さに惹かれて、積極的に使って行こうと本気で思ったからこそ、の苦言です。


ちなみに・・・なんでこの話題になったかというと、スターブライトシルバーの評判が良かったので楽しみにして使ったのですが、フィニッシャーズのスーパーファインシルバーの方が質感が良くて残念に思ってたところにEXの方では改良されるってニュースが・・・
購入するか、しないかを迷った際に考えた話です。

通常のシルバーはやはりフィニッシャーズかなぁ〜???(かなりきめ細かいシルバーです。
僕の今の結論は、ポイントポイントで使い分ける、これに限るわけですが(←当たり前^^;

全部を○○製に・・・ってのも悪くはないけど、良いものは銘柄関係なく使うのが一番健全ですよね(笑



何か、オススメ塗料(綺麗な色)があったらコッソリ教えてくださいね^^

僕が最近好きなのは、ビジリアングリーン(ガイア)だったりします^^
緑で彩度が高い色見たのは初めてだったので・・・^^;
(クレオスの緑って種類少なくない??←気のせい?)
この間のダガーに使用した際にはじめて使いました。
またどこかにストレートに溶いた色を使いたい(笑←ダガーではネービーブルーと混ぜた。


うーん、完全に雑記になってしまいました^^;(何が主旨なのかサッパリ^^;
反省・・・。。。
余談・・・
posted by シンたろー at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新発売のガンダムDVD

FFを購入した翌日、今度は待ちに待ったDVDの発売日!
仕事を終え、某ヤマダ電機に行くと・・・Zガンダム3がないっ!!
代わりにあるのがデスティニーと「MS IGLOO」。。。

そこで悩みました。

『他の店を探して、意地でもゼータを探すか』『面倒だから、ゼータの代わりにIGLOO買ってゼータはまたの機会にするか・・・。

結局悩んだ挙句、ゼータを諦め、デスティニーとIGLOOを購入。
IGLOOに関しては、実は初購入^^;
最終巻が初購入巻とは・・・^^;;(4,5はまだ見てない←漫画でチロッと見えちゃった^^;)
ホントは4,5を購入してから・・・と思ってたんですが、初回特典があったので(←初回特典に弱い^^;

と言うわけで、レジでポイント使って購入。思ったよりもお金が残ったので(一本無料位ポイントがあった^^)、面倒だけどゼータを探すかなぁ〜・・・と言う気分になりかけたその時!!!!

レジの後ろにあるゼータに気づいた!
で、ちょっと勇気を振り絞って聞いてみた(笑←言うほどでもない^^;
『ゼータってまだ残ってますか?』
『ありますよ』

な・なぬっ!?(ショック^^;

IGLOO買う必要はなかったのでは・・・?(再びショック^^;

でも、購入しておきました^^;
一本無料だからいいのさ・・・。と言い聞かせて・・・

>IGLOO6話 雷鳴に魂は還る



まぁ、5話はちょっと漫画を見ちゃったので(不覚!涙)、話はある程度わかってました^^;
いよいよ最終巻。
最後の戦いである、ア・バオア・クーの戦い。
Eフィールドの死守がヨーツンヘルムに課せられた任務。
そこでいよいよビグ・ラングの大活躍が・・・(涙
ビグロがここまでカッコイイとは・・・(涙
戦線に出て行く戦士たちの様は、先頭の結果を知っているだけに、悲壮感を感じ涙せずにいられません・・・。

とにかく今まで見たことのないフィルムの連続。
CGで描かれる大混戦。
その迫力はなかなか今まで再現できなかったものでした。
良い。
白いゲルググ大佐、嫌な奴だと思った(笑
・・・あ、こいつ、死ぬな、と思った(爆
その結果は・・・是非見てみてください(涙

もう触れたくて仕方ないのですが、内容知らずに見たほうが相当感動できると思いますので、ここでは我慢します(汗

また、通して(4,5は見てないのですが)見て、CG技術のレベルアップが感心しますね。
肌の質感、口の動きに連動する、口周りのしわの動き、硬い表情だったのが柔らかさが出ていて・・・。
これで一本映画撮れる様になったら、世界的にも結構評価が高くなりそう・・・。
バグズライフやカーズがヒットする時代ですから、是非、ガンダムも世界的社会地位を確立して欲しいなぁ〜。。。

一見の価値アリ!

>Zガンダム3 星の鼓動は愛



このパッケージのゼータがカッコイイ・・・。
ゼータ、作りたくなってきた・・・^^;

さて、購入に色々あったゼータガンダム(笑

作業しながらだったので、しっかりジックリ見たわけではないですが、かなり新規映像が入っている感じですね^^
凄い事です!

映画のときもそれほど気にならなかった旧作カットですが、その比率がさらに減り、使われている場面が短いシーンなので、ホントに気にならなかった。
1の頃に比べれば、如何に効果的に新画を追加できていることか。(1の最後のシーンでのまとめうちも十分効果的でしたけど、全体のレベルを引き上げる意味では今回のほうが上かなぁ〜)

それよりも一番気になったのが・・・

ラスト変わってません???
誰も触れてないので、多分変わってないんでしょうが・・・
ゼータが突撃した後、元のMS形態に戻るシーンはもっとジックリゆっくりなシーンだったと思ったんですが・・・サラッと変形してましたね^^;
あんなにスムーズに早く変形していたっけ?^^;

監督の解説にも、カミーユの意識が戻る様をゼータの変形で表現した、って言う解説が印象的で、そのイメージを強く持ちすぎて僕の記憶が描き変わってしまったのか・・・(汗
ラストが思っていたものと違ったのでかなり新鮮に驚きを提供してくれました^^;

なんか、追加新規映像にヘイズルらしき画が・・・?
また確認して見ます^^

>デスティニースペシャルエディション2 それぞれの剣



ご・ごめん・・・
まだ見れてないわ・・・(滝汗
この扱い、酷いよねぇ?^^;;
いや、それ位時間が・・・^^;;
まぁ、テレビを見ているってのもあるんですけどね^^;

こんな感じ^^;;
また、いずれ細かく見て行こうと思います。

posted by シンたろー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FF3の話

チョビチョビやってます^^;
ちょっとした空き時間に、って感じかな?

FF3ですが、ポリゴンになったのはこのゲームにとって非常にプラスで、FF3の魅力が爆発しています^^
ちなみに、ようやく火のクリスタルに着いた所かな^^;

>良い所

まず、キャラクターに愛着が出てくる。
非常に豊かな表情を持つキャラクター達。(といっても、笑ったりするだけなんですが・・・
ファミコン版のときは、4人に人格すらなく、ただのプレイヤーキャラとして存在してたのですが、今回はそれぞれの4人に性格・生い立ちがあります。
感覚的にはFF5に近いでしょうか?
FF9・・・と言うとちょっと過大評価なんですけどね(笑
ちょっとした、多分ファミコンでもあったイベントがドット画からポリゴンに変わっただけで、相当印象・感情移入度が変わってくるのがまた面白い^^
ポリゴンのおかげで可能になったスムーズな視点移動が感情に訴えかけてくるってことなんでしょうか?

ドット画の頃も結構キャラクターがチマチマドラマチックに動いていたFFシリーズですが、(スーパーファミコンになってからより一層顕著に。4.5.6はかなりドット画キャラが動いていた)ポリゴンのおかげか、動きが自然に。
これがまた心地良い^^
あったかい気持ちになれると言うか。。。
キャラクターデザインも良いんでしょうね。

FFと言えば、赤い髪の戦士のキャラクターが歴代主人公だったわけですが、今回はそのイメージを振り切って位置からデザインしたのがかなり好印象です。
ここら辺の演出は最近のゲームに負けず劣らず、と言うところでしょうか。
プレステ以上プレステ2以下って感じかな^^;(演出が)

そして、戦闘。
これもまた面白い。
音楽は多分オリジナルのままなんですが、この音楽が良い^^
音質が良い、というのもあるんですが、気分を盛り上げてくれる戦闘の音楽と言うのは大事ですねぇ。
僕はFFシリーズで一番好きな戦闘は10で相当楽しくて戦闘が苦じゃなかったんですが、今回の3もかなり楽しくやれてます。
敵が強いんですけど^^;;
両手に持てるシステム、独特の魔法システム、成長システムに苦戦しながらも楽しめるところが凄く良いですね^^

ストーリ。

これが、もちろん一回やった話なんですが、当然すっかり忘れてます^^;
ところどころ、『あ!ここ!!』と思うわけですが、FFももはや12作もありますし、似たシチュエーションもあるでしょう?(と言うか、ドラクエにしても似た場面・状況というのはあるわけで・・・)

それ以上に、予想外のストーリーが展開されているのが凄い^^;
忘れているだけに、驚きの連続です^^;;
はじめて2時間もしないうちにいきなり飛空挺が手に入るんですよ?(驚
それにビックリしてたら、町の人が輪郭だけになってるし!
それに、自分の立っている大地すら・・・

一度体験しているはずなのに、すっかり忘れているんで、本気で驚いていたりします^^;
FF3ってこんな驚き満点なストーリーだったっけ?^^;

ディッシュの話にいたってはホント涙ぐみますし・・・
良い話だなぁ〜(シミジミ・・・


>悪い点

もちろん、良い所ばかりではありませんよ。
しかし、そう思うのは最近のFF(に限らず、RPG全般)似なれていると結構違和感、辛いと思う部分ですね。
これ、90年代なら当たり前なんですけど^^;;

1.ストーリーがあっさり進んでいく

当時の容量の問題もあるんでしょうが、ヒントも少なめで(一応はあるんですが、多分迷う)、イベントクリアー後も『もう一言位あってもいいんじゃない?』と物足りなさを感じる場面も・・・。

インタビュー(ファミ通今週号より)内で、あまり弄り過ぎないようにと言う配慮があったようです。
個人的にはもうちょっと欲しい気もします。(腹八分目っていう言葉もあるし、許容範囲ですが)

その分、3もともとのストーリーの良さを存分に楽しみましょう^^
(昔はここまで面白いと思わなかった・・・^^;)


2.戦闘バランスが厳しめ

これはもう結構辛いですよ?^^;
僕が単純にジョブチェンジを理解してなくて、自分を辛い場面へ押しやっているのかもしれませんが^^;
でも、現地点で手に入れられる最高の武器類を持ってしてもダメージを100近く貰うシーンもあって(最大HPは300時)、けっこうきつい印象。
(↓に続く)

3.独特なシステム

しかも、魔法が独自システム^^;
回数制なんです。
レベル1の魔法は10回使えるよ。っていう感じの。
全体にかけるか、個人にかけるかは自由に選べるのですが。
回数制のため、上記のような状況に陥ると魔法、使いますよねぇ?
そうすると・・・ボス戦で・・・^^;;;

そう、いつも当然あると思ってた(最近は多い)ボス手前のセーブポイントがない。
当然、体力も全回復できないで戦う。

いや、これって昔は普通だったんですけど、最近の体質に慣れていると結構辛い^^;

話は脱線しますが、昔の影響か、今も昔もプレースタイル的にはいつもダンジョン道中は力押し、魔法は取っておいて、ボス戦で全部投入ってのがスタイルになってますもの^^;
でも最近のゲームだと手前にセーブポイントがありますんで、道中に魔法使った方が特になっているんですけどね^^;;
いまだ力押し^^;;
アイテムもエリクサーとか全回復アイテムで、手に入らないものは最後まで取っておく。
大ボス戦で存分に使う・・・んだけど、実際には余るって言うオチ^^;
でも、ゲームやっている最中はどこが終わりかわからないのだから、取っておく、と言うスタイルは結構・・・普通だよね?^^;


と言うように、今のゲームバランスに慣れてると結構辛い^^;
ダンジョンの深さを予想しつつ、徐々に減っていく魔法をどう節約するか、戦闘で楽しすぎると後のボス戦がきつい・・・とか。
これを計算しながら、進めていく感覚は非常に久しぶりで新鮮で、常にドキドキモノです^^;
で、ゲームオーバーになると、今までの苦労がぁ〜!!!
これまた、昔のゲームの洗礼ですね^^;

今からこれだと、ラストダンジョンはかなり思いやられる^^;
(ラストダンジョンは異常に長いのがFFの伝統・・・だった・・・(涙)
あまりにも長く、昔小学生の頃、『ゲームは1時間』と言う親の取り決め内でクリアーできないFFは、1,2,3全てクリアーしてません(超滝汗

そのリベンジの意味もあるんだなぁ〜・・・(しみじみ・笑

ちなみに、FF4からは、最近のスタイルに似てて、大ラスボス前にセーブポイントが出来るようになりました。
おかげでクリアーできるようになったんですが^^;


それと、成長システム・ジョブシステムも独特。

キャラクターにはレベルと、ジョブの熟練度があるんですが、キャラクターのステータスとの関係がわかりずらい。
ジョブの熟練度が上がると攻撃回数が上がるようですが、レベルとジョブは関係ないのかな?
キャラクターがだんだん性格付けされる(戦士寄りになるとか、魔法使い寄りになるとか)ことはないのでしょうか?
そうすると、ジョブだけで性格付けするわけですが、それはちょっと僕的には寂しい・・・。
熟練度が上がってもさほど嬉しくないような気がしますが・・・胴なんでしょう?(攻撃回数が上がったり、魔力が強くなり攻撃力は増えますが)


僕はもともと基本的に、ゲーム寄りなシステムである『ジョブシステム』は好きではないのですが、(だって、さっきまで戦士だった人が次の瞬間から魔法使いになっているのって変じゃないですか。ゲームとしては面白いけど・・・)今回のFF3に限って言えば、あまり抵抗はなくなってますね^^;
今だったら、FF5も楽しく思えるのかなぁ?

6までは奇数はシステム寄りなFF、偶数はストーリー重視のFFと言う区別がありまして、僕は偶数派だったんですねぇ^^

なつかしい・・・。


と、色々ありますが、総合的には強力オススメですね。
FFを知っている人ならもちろん、初めての人でも十分に楽しめると思います。(ちょっとストーリー上、次に行く場所等で迷うかもしれませんが←僕が迷った^^;)
それに、ゲームバランス的には結構ハードです(当社比・笑)が・・・

それでも演出が上がっているし、この面白いストーリーは一見の価値アリ、かと^^

僕自身もFF3がこんなに面白いとは思ってもいませんでした^^;
良いゲームだ^^
posted by シンたろー at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。