2006年07月15日

スターゲイザー1話公開!

流石に公開後は混雑していたようですが、深夜にはすっかり収まりちゃんと見れました^^

さて、全体的な印象。

流れている雰囲気は本編よりも好きです^^
ただ、導入部分だったこともあり、SEEDから入った方たちには物足りないだろうなぁ〜^^;

この一話だけ見て、続きを見るの止めちゃったら困っちゃうなぁ・・・って感じでしょうか(爆←関係者でないんで僕は困りませんが^^;


本編は全体的にユニウスセブン墜落時の大混乱の地球。
非常に細やかな映像で、見るだけでも価値はあると思いますね。
そんな中を暴れまわるジン。
08小隊の監督である飯田監督に言わせれば、『市街地戦は燃えるけど、書くのは大変』って言ってましたし、なかなかテレビのようなシリーズの本編では描かれないシーンでとても印象的です。

そして戦闘シーン。
ジンと言う、本編では1秒もかからずやられる(笑)機体ですら、生身の人間にとってどれだけ驚異的なものであるか、と言うのを鮮明に捕らえていると思います。
で、リニアガンタンクで戦うんですが、ジンとの戦力差をしっかり描いていて、『強弱関係』を鮮明にしたのは、ガンダムで言うギレンの野望位(笑)の成果があったのでは?
で、中に乗っているのは子供だし!
本編中にチラッとゲイザーが入っているのも良いですね^^
こういう風に一話に登場するなら、本編配信前に公開しなくても良かったのでは?(爆笑
むしろ、その方がインパクトあったと思うし!(公開前はそんなこと一言も言わなかったのにね^^;

と、良い部分をつらづらと書いてみました。
次はいよいよネガティブな部分・・・^^;

内容的には、先ほど述べたように結構地味。

で、やはり一番の問題であったであろう15分枠。

・・・厳しいよぉ・・・これは(涙
シリアス系の話題であるからこそ、余計『間』が大事だと思うんですけど、15分しかないから『間』を設けられていないわけですよ。

例えば、シャトルへ向かうシーン。
命がけでエドモンドがセレーネをボートに乗せたりするんだけど、回想シーン後にはもう着いてて、シャトルに乗ってるし!
『大変さ』が物足りないかな。
なので、シャトル発射シーンも『あぁ良かった・・・!』って言うカタルシスも無い。

エドモンドがどれ位セレーネを好きかも良くわからず^^;
まぁ、これは推して知れ?って感じ?^^;

そして一番不可解なのがジンに乗った子供。
これは、まだ2,3話で続くシーンになるなら、この地点でわからなくても全然良いのですが・・・。

いや、あらすじ聞いたとき、『子供が災害を生き残る為に手前に落ちていたジンに乗ったは良かったが、操作がわからず・・・』と言う風に勝手に解釈していたので^^;
ジンはちゃんと動いていたし、ちゃんとヘリを打ち落としていたし、本部までやっちゃった・・・。
暴発事故ではないのか?
では無いとするならば、これはただの子供の愉快犯?
そんなオチ??

続編で語られるのかが疑問・・・。
語られることを祈ってます(愉快犯じゃ・・・気分悪いよね、この時代^^;

と、一回見ただけの感想です^^;
1話の重厚な雰囲気をゲイザーやノワールとどう結びつけるのか、ちょっと興味がありますね。
2,3話がいきなりいつものSEED節になっても・・・ちょっと違う気がする^^;

2話、期待して待てっ!^^






posted by シンたろー at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。