2006年07月31日

スペシャルエディション2 それぞれの剣

今回のスペエディ2、あまり話題になってませんね^^;
あ、僕があまり出歩けてないからか^^;;;



と言うわけで、関東では昨晩放送されましたのでちゃんと見ましたよ^^

内容は・・・

大きく本編と違う箇所は、
1.シン大暴れの報告を議長が受けるシーン。
2.シンがステラを助けた後、迎えに来るのがアスランではなく、ルナマリアになっている。

かな?(え?そうだよね?^^;

さて、簡単な全体の感想は・・・。

いや・・・、すっきりまとまってたし、かなり色々改善されてて、これなら本編でやりたかったことがかなりハッキリ見えるようになってるなぁ〜と思ったんですけど^^;;

追加シーンである、戦果の報告後の議長のセリフ。
「SEEDがめざめたか」とか、「やはりキラヤマトを倒すのは彼かな」と言うセリフで、明らかに議長VSキラヤマトの構図を早々と完成させ、キラもそれを感じ取っている。
逆に、アスランは議長の思惑通り思いっきり騙されて、キラ達との距離を引き離される、かつ、見ている視聴者にはそれがもどかしい、と言う見事な構図が完成したと思うのですが^^;

やはり、初期の段階から、議長のスタンスはハッキリ示しておいた方が見る側にはわかりやすいし、はじめてデスティニーのストーリーが活きてくると思うんですけどね。

まぁ、監督もそう思ったからそうしたんでしょうが^^;;

良い!(笑
その英断はすばらしい!!(^^

もうひとつはわからないのですが、ルナに変えた理由は・・・アスランとステラの接触をまるっきり絶ちたかったのでしょうか?
本編では思いっきりあっているにも拘らず、ただ鈍いアスランが強調されてましたからね・・・。
そういうことで良いかしら?^^;

不満ももちろんありますよ^^
追加シーンのルナマリアのあたりの画質は悪かったですねぇ・・・。
ルナは新規で書き起こしてないのかな?と言う位^^;;(キャラクターを差し替えてて、そんなことありえるのか?ないとは言えないんでしょうが・・・。
多分しんぼちゃんの画かと(言いたかないが^^;

ちなみに、キラ・ラクスの2人はしっかり新規でハイクオリティーって言うんだからその扱いの差はちょっと酷い気がする^^;

半分流してたんで、あまりしっかりチェックしてないんで気になったのはこれくらいかな?^^;(作業しながらでした^^;;



そしてもうひとつ!!
CMが少なくなってた!!

前回よほどの反響があったのか^^;
今回はしっかり短くてかなり見やすかった!
1日で放送したのと関係が?
DVDの販促と言うより、しっかり特番扱いなのは非常に見ていて嬉しい限り。
本来はこういうのが当たり前ですよねぇ。

それとCMの内容も、通常のガンダムシリーズに!
ウコンが消えたのは凄い良いことだ(笑

デスティニーになってからと言うもの、CMのスポンサーが変わったのが気になってしょうがなかったんですよね。
SEEDのときは、しっかりバンダイさんが完全バックアップしてて、CMはバンダイ製品とプラモやアニメ誌で構成されていて、ガンダムに集中できたのに、デスティニーでは3クール目から(!←なんの意味が!?)ハイチューでしたからねぇ・・・

いくらなんでも番組世界観壊しすぎ・・・。
前から一度言っておきたいと思ったんですが、前回のスペエディでは最悪でしたからね・・・。
今回のCMは良かった。

と言うわけで、今回のスペエディ2は非常に満足のいく内容でした。

・・・なのにあまり反響がないのは^^;;
僕の感性って今のSEED爆発世代の子達とは違うのかもねぇ^^;;;


posted by シンたろー at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一週越え達成・禁煙8日目

いやぁ〜、辛いですねぇ^^;
と言いつつ、だいぶ呼吸は軽くなってきている模様。

ちょっと、吸いたいなぁ〜って言う気持ちはあるものの、深呼吸すると結構満足できるような体になってきました(笑
こうやってだんだん吸わなくても良いようになるのかなぁ〜・・・。

だいぶ慣れてきたようで、模型で集中しても、ふと息を抜きたくなっても結構大丈夫になってきています^^;
ペースが悪いのは、タバコのせいではないようです(笑

今日は、僕のタバコの歴史をチョコッと(吸わない人にはどうでも良い話^^;

最初は、マイルドセブンでしたねぇ。
これは、いとこが吸っていた奴を忘れていったのがキッカケでしょう。
嫌なことがあってねぇ〜・・・(懐かしい・・・
若い時に車で事故をやって(単独スピン)、全損させたのがキッカケ(汗
某所の前で(かなり有名^^;)スピンして、ガードレールに激突。
事故直前はスローモーションになる、って言いますが、ホントその通り^^;
全てのスピードがゆっくりに感じられて・・・
これは集中力が高まった時に感じるものなんでしょうかねぇ?
しかし、スローモーに感じたのは人生でこのときだけです(核爆

夜中だったんですが、近所の人が気づいてくれて・・・電話貸してくれました(感謝・涙
携帯なんて無い時代でしたから^^;
で、警察が来てくれて・・・警官がチャリンコで『一人で』来た時はビックリしましたけどね^^;

ちなみに・・・あまり大声ではいえませんが・・・未だその箇所は凹んだままだったり^^;

さて、そんな感じでその頃から吸い始めたのです。
だから、ちゃんと20歳からだったんですねぇ〜・・・(苦笑

『若さゆえの過ちか・・・^^;』(by赤い人

で、その後はF1の影響でマルボロへ!
そう!マクラーレンホンダ全盛の赤と白のツートンの箱!!
マルボロの『Ma』と言うのをたくさん切り抜いて、ジッポ貰ったなぁ〜・・・懐かしい・・・ってか今もそういうのあるのかしらん?

で、働き始めてからは仲良かった同僚の影響で緑箱へ・・・。
その後、ずーーーーーーっとそれを愛煙してました。
その友達とも最近は連絡取れませんが、今頃どうしているかなぁ〜・・・(遠い目

その後、仕事止めた後の前回のタバコの値上がりを受け、セブンスターのメンソールを吸ってました^^
味が似ていて、20円お得だったんで(笑

と言うわけで、僕は案外一途(笑←そう?^^;
12年間で4銘柄。
最初のは数週間だったんで12年間で3銘柄。
ほら、やはり一途?(笑

他のタバコだとダメなんですよね・・・
ちょっとの間なら大丈夫ですが、やはり長くは続けられず、元の銘柄に戻ると。

吸っている人ならこの感覚、わかると思いますよ・・・、多分^^;


ちうわけで、若き日の思い出でした^^;

ちなみに、昨日のガム消費量は5,6個かな?もうちょっと??
ちょっと意図的に抑え気味にしてみましたが、案外行けそう^^
今日は、今までに2個消費中。
どうやら、ニコレット2箱(72錠)で終われそうな予感・・・^^;



話は変わって、かまいたちの夜×3。

殺されなくなったものの、未だ事件解決せず^^;
しかし、何となく見えてきた・・・気がする^^;;;
何とかして、今日中に事件を解決してやるっ!!(笑

模型?模型もやってますよ^^
なんせ、F1とデスティニーがありましたからねぇ^^
この話は別項で。
posted by シンたろー at 12:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

この夏のゲーム

この夏、僕はちょっとやりたいゲームがあるんですよねぇ・・・(汗
まずはこちら。

そう、かまいたちの夜、シリーズ第三弾の登場です。
つい先日発売したばかりの新製品です。

詳しく書くとネタバレになってしまいますんで、気をつけつつ。
今回の特徴は前回2の完全なる続編と言うこと。
1→2の時は、つながりが多少あったものの、出来事は架空の話という位置づけになってたりします。
主人公は3人。
前作まで名前を変えられたのに今回は変えられない・・・。
これ、何か理由があるんでしょうか???
このために先週2をクリアーしなおして予習はバッチリ・・・???
いざ、真相へ!!!

で、ここからが難しいのですが・・・(汗

文章のみで展開するこのシリーズ、わき道が膨大な量用意されているんです。
なので、どこまでがホントの話なのか、どこを基準にしているのかがわからない^^;
例えば、ゲームオーバーになる時は大抵殺されるんですが(涙)、その相手が本当の犯人なのかどうかはわからない^^;;
しかも、今回はかの有名な?『街』のシステムもチョコッと入っていて、主人公を切り替えながら、ある程度協力したりしないと解けないと言う^^;

いまいちシステムが理解できていないので、どういう風に取っ掛かりを作れば良いのかがまだ不明^^;

果たして、僕は真相にたどり着くことが出来るのか!?
従来よりも濃い謎・システムを引っさげて、より難解に、よりやり応えをアップして登場!
シリーズ完結編!
少しはホッとする場面も欲しい!!!と切に思います(涙

ちょっと涼しい思いをしたい方は、是非僕と一緒に真相を探索してみませんか?(笑←模型もやれ^^;


そしてもうひとつ!!

この夏、あの思い出のストーリをもう一度!



なんと『あの』ファイナルファンタジー3がニンテンドーDSで登場!
しかも、移植ではなく、完全リメイク!!!
これはホント衝撃的な話でしたねぇ・・・。
こういうのを待ってた!!
是非、7や8もできる範囲でのリメイクを!DSとかで!

話の内容、骨格はまるっきり一緒・・・なはず^^;
でも、初代ファミコン版以来、初の移植リメイク作品なので、実に・・・何年経っているの?^^;
20年近い年代は経っているはず・・・
ってか、内容すっかり忘れているし^^;
というわけで、完全新作の気持ちですら取り組める内容なので、非常に楽しみです!
しかも、この3は主人公4人組には人格がまるでなかったのですが、このリメイク版にはあるんですよ!!!
そしてNPC(ノンプレイヤーキャラ)とのドラマ・・・。
骨格は変わらないのに、現代のゲームと違和感なくリメイクされている為、やっててある程度内容を覚えている方も(いるの?汗)絶対楽しめるはず!

このリメイク版、売れたら将来的にはリメイクが定着してくれるかもしれませんね・・・
是非、大成功を収めて欲しいタイトルです^^

これも強力に期待の一本!

この夏はこの2本で十分でしょう!・・・たぶん^^;


posted by シンたろー at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | はまったゲームたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだ行ける!禁煙7日目。

また、禁煙記事を書ける時間までたどり着きましたよ^^;
今日でいよいよ7日目。
正直、12年間吸っていた僕では想像できない領域に。
吸ってた時は、吸うのを止めることなんて考えてなかったし、むしろ『吸う』行為を好きだったりしてたのに。

習慣にもなってましたよね。もちろん今吸っている人にも思い当たると思いますが・・・

まず起きたら1本(笑
ご飯食べたら一服。(笑←これがまた堪らない^^;
仕事の合間に一服。
集中力が下がってきたら一服。
何となくコーヒーのみながら一服。
寝る前に必ず一服(笑←精神が興奮してあまり良くないらしいけど、全然気にならなかった^^;

12年間休まず吸い続け、ここ3,4年は一日40本近くなのにも拘らず、吸うのを一度も止めたいと思ったこともなかった僕が、奇跡的に1週間も成し遂げられているのは、やはりガムの力なのか?
それとも僕の精神力が優れているのか?(笑←それはない^^;

でも、吸っていた頃でも、ひとつだけ誇れることがあります。

それは・・・
『吸ってはいけない場所では吸わない』と言うこと。

最近吸ってはいけない箇所が増えてますよね。
それがまた窮屈ではあったんですが、吸わない人のことを考えれば、しょうがない事。
吸う人の健康が害されるのは自業自得なんで、そのことに関しては僕自身は割り切っていました。
むしろ、吸ってて死ぬならそれでも構わない、とすら(笑

でも、吸わない人を巻き込むのは良くない。
それはわかるし、尊重するべきでしょう。

とは言え、やはり吸って良い場所では吸わない人もかなり巻き込んできちゃいました。
ゴメン。
この場で謝ります・・・(←ここで謝ってもねぇ?^^;

ま、そんなこんなで(反省してる?汗)、一応それなりの僕の美学の中、吸ってはいけない場所では吸わないと心に誓ってました。

映画館も苦しみながらも(笑)、しっかり禁煙。
建物内の吸ってはいけない場所ではもちろん吸わない。
電車やバス等のなかでは吸わない(当たり前^^;←代わりに交通手段はいつも車^^;
駅構内も当然。
空港ももちろん。
ここまでは多分、どの喫煙者も守れるんじゃないかな?

例えば、秋葉原。
この街、街中で吸ってはいけないのです。
日本で初だったっけ?
かなり厄介な話だ、と思いつつ、ちゃんと守りましたよ^^

そして、吸わない人の家では吸わない。
灰皿用意してくれても吸わない^^;
そん時は外で吸ったりとか。
吸う人にはあまり気にならないのですが、吸わない人にしてみればタバコの煙の臭いって凄く遠くからでもわかるみたいじゃないですか。
だから、吸ったら結構臭いが残るだろうな・・・、僕が帰った後も相手は臭いを気にするだろうな・・・と思ったら、吸えませんって^^;

自分で決めたルールですが、それだけは守ってたなぁ〜・・・。
どうしようもなく我慢できない時は、なんとか吸える場所を探しましたし、ね。
でも吸える街では歩きタバコはしてました。。。
ゴメン・・・(←だから、反省してる?^^;


そういう経験が活きているのかどうか、ガムの力か、一週間も禁煙できている現実を見たら、効いているのは間違いないでしょう。
使ってない時は、我慢しようとしてもまるっきり我慢できませんでしたし^^;;
基本的に吸える場所ではガンガン吸ってたし・・・ねぇ。
風邪引いてても、ちょっとでも良いから吸うとか(苦笑←苦しくっても吸っちゃうのよね・・・


そんな僕ですら、ここまでたどり着いたっていうこと自体、感慨深いですね。
禁煙前では、吸わないって言うのは絶対無理だと思ったし、結構辛い時もありましたが、今はようやく、だいぶ落ち着いてきました。
これから先禁煙が進んだら、まるっきり吸わなくてもイライラしなくなるのかどうか、わからないのも不安ではありますが・・・そうなると信じて明日もまた禁煙日記が書けるよう頑張りたいと思います^^



今日の一言。

ちょっと吸いたいって気持ちもおさまってきたよ?
吸いたいなぁ〜って気持ちは消えることがあるのかが、今の不安・・・



昨日一日のニコレットの消費量。7,8個?まだまだ多いね・・・。
今日は朝から、2個目。
トータルで2箱目(36錠入り)に突入中。

ってな感じで、また明日!

posted by シンたろー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

スペシャルエディション2、関東は明日!

さて、ちょっと忘れかけていましたがいよいよ明日!やりますよ^^
関西では2日に分けて、昨日からやっているのかな?
今回も(!)関東は後発です。

・・・なんで?なんで一緒に放送できないのかしら!!!
皆一緒に見たいじゃない・・・ねぇ?^^;

さて、今回の内容は、カガリ誘拐〜アビス撃破まで!(その分け方はどうかと思う^^;

見所はどこら辺かなぁ?
『僕らは何のために戦ったのか。答えを探す為アスランが決意したアスランなりの答え。その行方は・・・』と言う感じなのかな?

アスランはザフトで、軍にいなければ出来ないことをしようと思った。
しかし、某議長(笑)の見えない操り人形の糸に引き寄せられるかのように誘導され・・・キラ達と視線がすれ違う結果に。

そう考えると、テレビ本編でも非常に練られた話に見えるんだけど、実際には議長に見ている視聴者側も騙されているんで、この地点でキラ達の言っていることが視聴者にとって『わけがわからない』主張に聞こえる。
いや、ある意味(見ている人すら騙すと言うことは)凄いことなんですが、エンターテイメントとしては僕はあまり好きじゃないなぁ〜・・・と言う感じ。

それをスペシャルエディションでどう再編成されているのか、注目ですね。
もっとも、最後を知っているんで、見え方はそれだけでも十分変わるんですが、そういうのに頼らず、本編だけで勝負して欲しいな、と。

SEEDのスペシャルエディションの時は、MS戦などのメカ描写にサービスカットが満載だったのを記憶しているんですが、デスティニー1ではあまり無かったので、今回は入れて欲しいなぁ〜・・・。

さて、どういう風に再編されているのか楽しみです^^
関東では一夜で放送するんで、今までと違う放送形態に注意が必要です!

ちなみに、F1は1時40分には終わるんで、F1見終わった後からでもしっかり間に合いますよ!(笑
スーパーアグリのニューマシンにも注目です!^^

posted by シンたろー at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙日記いきなり6日目

さて、世のモデラーさんでも愛煙家の方は多いでしょう。
細かい作業の後、一服・・・。
至福のひと時ですよねぇ〜(^^

と!ところがっ!!

この度、僕も32歳になりました。
これを機に、突然禁煙をはじめました!!!
実にタバコ暦12年!(←案外マジメでしょう?^^;
最近は一日40本近い僕の喫煙生活。
それが、突然0本へ!!!

今回使用した禁煙グッズは・・・

もちろん『ニコレット』。

これ、事前に調べてもどれ位効果があるのかまるっきりわからず・・・。
これから先、禁煙したいなぁ〜と思う方々の為にも、ここに禁煙日記でも記して、誰かの役にでも立てば良いなぁ〜位の気持ちで連載です^^;

と言うわけで、問題のニコレット。
これがねぇ・・・。どういうものかというと、一言で言うと辛い。
ニコチンの辛さからか?と思うくらい。

で、普通のガムのように噛んでいると、のどに何かがつまる間隔を覚えます。
はじめ、『噛めば良いんでしょ?』とか思って噛んでいたんですが、あまりの不快感に『これ、無理かも・・・^^;』と思ってたら、噛みかたを間違えてました(超滝汗

ニコレットの説明書に言わせれば、これが『肝』のようで、噛んで辛さを感じたら、口の中に駐留させておく、辛さが過ぎたらまた噛んで辛くなったら駐留・・・と言うように、口の中に入れておくような感じで噛むそうです。

ちなみに、スターターセットとか言ってパッチを体に貼るというタイプもあるらしいですが、ぼくは買えなかったのでガムだけでやってます^^;(売れているらしい・・・

で、使用感は・・・???

一言で言うと、ニコレットさえ噛めば禁煙できる・・・と言う夢のような話は無い!と言うことでしょうか?(核爆^^;

吸わないとイライラしますよね?
まぁ、中毒だから、なわけですが、『暴れそうになる』ほどの禁断症状は出なくなります(笑
で、口の中にその『変な違和感』があるので、それが結構気晴らしになると言う。

やはり、最後にものを言うのは『精神力』のようです^^;;

初日は辛かったのですが、2,3日目は旅行に行ってたんで、あまり気にならず。
36粒入りの奴が5日でもなくならないくらいですから、かなり飛ばしている模様^^;(一日の上限は12粒までだそうです)

でも、4,5日目、そして6日目の今日はかなり辛い^^;

だいぶ落ち着いては着ているのですが、やはり何かに集中して、ふと我に返った瞬間とかはかなりヤバイです^^;;
タバコを手が探してたりしますので^^;;;;

しかし、何とか乗り切ってますよぉ〜!
タバコの自販機とおいしそうに吸っている人が敵です!(爆笑
ま、なんとか、なりそうな気もしますし、決意が鈍らないようここで日記つけて達成感を倍増させようかと(笑

とりあえず、明日のこの日記まで生き抜くことを考えねば^^;

ちなみに、今僕は・・・

『無理して止める事もない』と真摯に思ってます(核爆
ま、何かの記念日が取っ掛かりの方がやりやすいようですので、考えている人は次の記念日にでも(笑

それにしても・・・吸いたい(核爆


posted by シンたろー at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

HGを愛する全ての人へ。

mg-06.09.jpg模型誌発売されましたね。
今月の注目は、HJでもDHMでもなく、MG誌を強力オススメします。

今月の特集は好評シリーズ第5弾!(だと思う^^;)

『ガンプラをカッコよく作りたい!』HGUC編 です。

年末のゼータVer.2.0以来の特集で、最新キットGP02を使ったハウトゥ物になってます。
で、そんなhow toなんてHJでもDHMでもやってるよぉ〜って感じですが、MG誌独特のアプローチが最大の売りです。

面に対しての考え方や、ヤスリをかける順番等、HJでもDHMでもあまり触れられていないところを中心に解説してあります。

キットの作り方をフォローする記事は多かれど、『考え方』について語っているのはMG誌のみ。
つまり、『考え方』さえ学んでしまえば、他にも応用が利くわけです。

ここら辺は勉強と良く似ていますね^^

答えが載っている回答本よりも、やはり答えへのアプローチを解説してくれる参考書の方が応用が利きやすいって事です。

んで、内容のほうはまぁ、ゼータ編と似ているんで省略^^;
買いそびれた人、最近始めた人は・・・ちょっと敷居が高いかも^^;・・・、一度書店で内容を確認し、欲しいと思ったら購入しておくことをオススメします。
もちろんバックナンバーがあるから、急ぐ必要はないんですが、この『ガンプラをカッコよく作りたい』の特集は人気があるようで、過去のバックナンバーでもこの特集のある回は欠品していることが多いです^^;

とりあえず最新版なので、何を作るにおいても参考になることは請け合いです^^


話はちょっと変わって・・・
今年に入ってちょっとMG誌の内容が変化してきましたよねぇ?
毎月新製品のガンプラレビューが載ってたりするし・・・。
以前は『頑として』バンダイにこびた記事を書かなかった気がするんですが、最近は他のHJやDHMと同じような誌面にちょっと驚きを覚えます^^;
なので、最近の僕もいつもどおり、特集の回しか買ってなかったりします^^;
その分、新製品情報がいつもより詳しく^^;
今月なんて、他の模型誌がテストショットしか載ってなかったパワードジムのストレート組み作品が載っているし^^;;
コレは・・・一体!?
ま、悪いことではないですけどね^^;
MG誌らしさをこれからも色濃く残しておいて欲しいところです。

で、パワードジム。
僕はあまり馴染みがないんですが、MG誌の誌面で『中身はVer.ka』だとか^^;
HGUCガンダムと組み合わせて・・・とか考えちゃいましたっけ^^;(←ストライクも終わってないくせに^^;

若しくは、ヘイズルのアプローチからして、年末にHGUCガンダムVer.ka?? 

うーん、期待して良いのかしらん??

ちうわけで、一応HGをこよなく愛する皆さんは、今月のMG誌をチェックしてみてくださいね^^

posted by シンたろー at 15:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

今更ターンエー観賞記(前編)

もう7月も終わりだというのに、一向に暑くならない^^;
暑い週も1週ありましたが、まだ梅雨の終わりが見えてきません。
九州地方や、西の方の大雨の影響も深刻のようで、こちらでテレビを見ている限りでは凄いことになっているようにも見えます・・・。
九州地方・本州西側の方々、ホント気をつけてくださいね。
皆様のご無事、早期天候回復を祈っております・・・。


さて、本題の∀ですが、こちらもマイナーでしょうかね?
主役機である∀ガンダムのデザインに代表されるように、世界観が今までのガンダムシリーズとは大幅に異なり、とっつきにくいのかもしれません。

ここ2日ほど、何となく、それとなく、手が伸びたのでターンエーを流しています^^;
で、流しているうちに本編に引き込まれている自分に気づきました^^;;
なんとも心地よいです。
何が?と聞かれるとちょっと困りものですが(笑)、流れている雰囲気、といえばちょっとは伝わるかな?
何となく、暖かいんですよ。殺伐とした雰囲気ではなく。
その辺がこの作品の魅力かなぁ〜・・・。

舞台は、宇宙世紀をさらに超え、遥か彼方の未来。
戦争の歴史は繰り返され、その戦争の最中にガンダムが登場しては消えていった未来。

そう、一度、地球が滅亡した後の話。(ネタバレ?^^;まぁ、良いよね?今更^^;)

地球に住んでいる人たちの文明レベルは極端に下がり、知性も退化した世界。(ガンダムの歴史の中で、ですよ。MSという技術も失われている)
ちょうど、僕らの世界で言うところの1900年代レベルの環境・世界へと変わり果ててしまいました。

空を飛ぶのは飛行機。
飛んだだけで感動していたあの頃。

物語の冒頭はこのような世界から始まります。
この冒頭がまた印象に残るシーンで、1900年代にもし突然MSが降り立ったらヒトはどういうリアクションを取るのか?
そういうシーンがコミカルに、また、迫力ある演出で固められています。
そしてターンエーの出現。

人々はそれを『ホワイトドール』『おひげの機械人形』と名づけたのでした。

というような冒頭なのですが、とにかく流れる牧歌的な雰囲気。
ヒトが主役で、MSが脇役な世界観。
逆に見せ場たっぷりのMS戦。
とにかく魅力的なフィルムが満載で、見所多い作品だと思います。

特に、地球人には『知らない』ということがどれほど怖いことか、ラストの核兵器の話においては、画面の前で『地球人ってなんてアホなんだろう^^;』って、主人公側(地球側)の視点に立って物語を見ているはずなのに、地球人に苛立ちを覚えたりするところなんかは、なかなか他のガンダムでは味わえないシーンなのではないでしょうか?

テレビシリーズをオススメしたいところですが(テレビのみの名場面も多い。告白や牛とか^^)、前後編合わせて4時間の映画版が見やすいと思います。

世界観が気に入ったら、テレビシリーズも見てみると良いかもしれませんね。

テレビシリーズの編集モノですが、その分無駄が省かれており、非常にスピーディーに展開していきます。
3度盛り上がるシーンがありますが、ソレイユの到着、ウィルゲム出撃
、ラストのロストマウンテン戦の部分の盛り上げ方は、本当に上手いですよね。

ウィルゲムのシーンでは、ここがクライマックス?とか思わせるほどの盛り上げっぷりで、熱くなる事間違いなしでしょう!
このシーンの盛り上げ方はゼータ劇場版の1に良く似ているなぁ〜・・・、監督、上手いなぁ〜なんて今だから思ったり(笑

また、設定画では否定的な意見が多いターンエーガンダムですが、アニメーターがデザインを良く理解していて、且つ、上手い見せ方を心得ていただいているので、劇中でのターンエーはすばらしい輝きを見せ、そのデザインが好きになるのは間違いありません^^

コレはSEEDに通じるものを感じますね^^

動くからカッコイイ、のではなく、やはり、アニメーターがデザインを理解したうえで、カッコ良く描くにはどうしたら良いのか、というのを良く理解しているからこその結果なんでしょうね。

一見の価値、アリだと思いますよ^^

ちなみに、どうしたらターンエーがカッコ良く再現できるのか、ポイントが少し見えた気がするんですよね・・・
ちょっとチャレンジしてみたい気持ちもありますが・・・^^;
いづれ・・・!!

さてさて、後半は・・・また今度^^;


posted by シンたろー at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

続・お知らせ!

すっかり忘れてた^^;

えー、今週の水曜から3日ほど北海道へ行きます。
そう、家族旅行に同席してきます^^;
久々なんですけどね^^;

と言うわけで、今週の半ばからお休みします!!
再開は土曜日位になるでしょうか?
まだ後2日ほどあるけど、先に言っておきます^^;;

うーん・・・北海道か・・・。
今・・・寒い?^^;

ちなみに、あまり僕は公表しませんが、うちのサイトのアクセス地域別ランキングで北海道は7位です^^
一度も降り立った地ではないのに、なぜっ!?^^;;
うちのリンク先で・・・居ないんだよな、コレが^^;;
不思議現象です^^
北海道の皆さん、優しくしてね♪^^;

ちなみに、ランキング一位は東京。
当たり前って言えば当たり前のような気もしますが、最初の1年位は大阪が一位でしたよ^^;
コレはSCYTHEさんちの影響が大きかったんでしょうね。(今もですが^^;

ちなみに6位が静岡。
コレは僕が静岡でこのサイトを立ち上げたのと関係が・・・あるよねぇ?^^;
そう信じたい(笑
僕の第二の故郷みたいなものですから^^

というわけで、お休みのお知らせを、要らない情報と一緒にお送りしました(滝汗

!!!
大事!!!
お休み期間中、作品の受付は中断します。ご協力下さい!
帰ってきて、メール&投稿作品で一杯になっていると復帰が遅れますんで^^;;
まぁ、そんな心配はしなくても良いような気もしますが、一応、念には念を入れて^^;
色々ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたしますm(_ _;)m
posted by シンたろー at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

量産機におけるザクの力

完全に『ついで』の話なんですが、今月のHJのF91特集を見て、ひとつ思い出しました^^;

ガンダムシリーズにおける、ファーストガンダムが生んだ最大の功績は『ガンダム』を生み出したこと。
カッコイイガンダム・・・。
ガンダムタイプは売れに売れ、量産され、平成に入ってからは敵も見方も仲間もガンダムガンダムガンダムガンダム・・・・(汗
ま、売れるからしょうがない^^;
商売ですから^^;

そんなガンダムでも、特徴と言えば、ツノ。ツインアイ。ヘルメット。クチ。顎がある。とかでしょうかね?
∀は最後まで賛否両論が渦巻くいわく付きの機体ですが、この話はまた今度^^;

そんな中でも異端なのが、ゼータ。
コレ、皆ガンダムだと思っているでしょう?
もちろん僕もそう認識しています^^
でも、顔、構成ともに明らかにガンダムではないですよね?
でも見える。コレが不思議なもので・・・
まだガンダムのイメージが固まる前に出て来たので、(マーク2に続き通算3体目のガンダム)違和感無く馴染んだんでしょう。
でも大先生はこの顔を絶対書きませんよね?^^;
なので、続々生まれるSEEDガンダムズに、ゼータ顔はない・・・。

こんだけ引っ張ってて何?って感じでしょうが、ゼータ顔のSEEDガンダムが欲しい。
いや、それだけ^^;;;


さてさて、かなりずれましたが^^;
それとは別に、もうひとつの功績は『ザク』を生み出したことでしょうか。
ガンダムと言えば、敵はザク!
何となくその構図はずーっと付いて回り、僕らもそれを期待している。
ゼータではハイザック。
ダブルゼータではザク3とか。(あまりザクっぽくないけど^^;)

でも、常にザクに変わるデザインを求めてデザインされてきた敵キャラですが、結局定着しませんでしたね・・・。
逆シャアにおけるドーガシリーズ。(ザクっぽい面影があるけど)
F91における騎士タイプ。
Vにおける昆虫タイプ。

それ以降はさっきも述べたように、敵キャラにもガンダムを置く様になりました。(Gのせい・笑)

つまり、ザクに勝てず、惨敗続きだったわけです。
F91にして、オールズMSという設定を持ち出すあたり、つねにザク・ゲルググを引っ張り出す始末。

ウン、今月のHJでオールズMSのゲルググを見てそのことを思い出した^^;

と言うわけで、SEEDの世界に新しい量産機、『ジン』が登場した時は、多少違和感があったけど(胸の辺りとか・・・)、新しい量産機に期待したし、実際問題ザクに近いイメージも持ちつつ良い味した量産機の誕生に拍手を送ったのに!!!!

デスティニーではザク・グフ・ドムになっちゃった・・・。
やはり、ガンダムにおいて、ザクを超える量産機はもう会えない存在なのでしょうか・・・。
それが残念でなりません。

SEEDは良い意味でも勢いがあるし、その勢い・パワーを持って新しい世界を築き上げてくれると思っていただけに、監督がザクをオファーしたのには未だ憤りを感じます(笑
一応、大先生はザク+ジンのデザインで作り上げてくれましたが、どう見てもザク、ですからねぇ^^;

新しい量産機を作り上げる良い機会だったのにねぇ・・・。

自ら潰すか!!

次回・次々回のSEEDには新しい量産機の夢、叶えて欲しいものです。
なんせ、作品にはそれだけのパワーがありますから。(そろそろヤバイ?いやいや、まだまだ・・・

脇役あっての主役機ですよ。
全部主役じゃ主役を無敵にする位しか目立たせませんからねぇ〜。。。
是非、SEEDの頃の熱さを取り戻して欲しいものです。(使いまわしも多かったけど・・・)
今考えれば、劇中でレイダーがフリーダムの頭を飛ばしたシーンが奇跡的に思えてならない^^;;


と言うわけで、次回作以降の熱いMS戦・・・期待させて欲しいものです・・・。
posted by シンたろー at 13:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロスボーン紹介

久々に紹介してみましょうか。

さてさて、今度発売が決定したクロスボーンガンダムVer.ka。
ここを見ていただいている方で、その存在を知る人はどれ位いるでしょう?

GFFでも展開しているので、キャラクターとMSだけは知っているって人も多いのかなぁ?
ちなみに、第3次世界大戦α2?とか、Gジェネにも出ているはずです。

と言うわけで、ちょっと紹介してみましょう。

時は宇宙世紀?年(←オイッ!^^;
時代はF91の直後の話ですね。
主人公はトビア・アロナクスという少年。
兄貴分キンケドゥ・ナウに拾われ、彼の成長する姿を描いた作品です(確か^^;)
敵は木星人。
脳だけ生きていたり、クローン技術がどうのとか、MSの武装も結構ハチャメチャで、アニメでやったらかなりの賛否両論になるだろうなぁ〜見たいな内容ですね^^;
画も、個人的には余り・・・なんですが(汗

かなり前に読んだのでほとんど欠落していますが、脚本を作ったのはあの御大?と言うことで、話の骨子はなかなか面白いです。
1巻だけ試し読みすると、最後まで(全6巻)読みたくなってしまう魔力を持った内容だと思います^^;;

でも、それだけじゃ興味でないでしょう?^^

もともと、F91は映画で終わらず、その続きがテレビシリーズになる予定だったそうです。
そのときの御大の頭にあった構想がこの作品の元だとか。

なので、このクロスボーンガンダムは、F91の外伝として密接なつながりがあるわけです。

具体的には、そのトビアが転がり込む先にいるキンケドゥこそ、91の主役のシーブックなのでした!
この事実を知るまではまるで興味なかったんですよ、僕も^^;

つまり、この作品、F91の後日談として読める構成になっていて、その後のシーブックとセシリーの生き様を描いたのが本作品。
ちょっとだけ興味出てきました?^^;

結構ハチャメチャっぷりを見せるMS・兵器郡ですが、そのクロスボーンガンダム・・・額にドクロはあるし、マント羽織っているし、ふざけすぎ?と思ったそのガンダムをなんと!!!
カトキ氏がデザインしてたりするのでした^^;

だから、GFFでも展開しているし、今回の「Ver.ka」にも繋がるわけですね^^

いまのSEEDを見ていれば、あまり疑問にも思わない(苦笑)、兵器の数々。
それが今度のMGでどういう風に再現されるのか、見物だと思いますよ^^
ちなみに、このクロスボーンガンダム。
実はF97として開発された機体です^^;
その辺の繋がりもなかなか面白いし、だからこそ、新製品F91のフレーム一部流用に繋がる、なんともニクイ演出があるわけです^^

本編は

でご確認いただけます。
近年になって、クロスボーンの外伝も連載。
それがこちら。

言ってみれば、7巻目というわけです。

しかも、結構人気があるようで、現在ガンダムエースでは連載を再開!
(新シリーズです)
本編において、クロスボーンガンダムX−1改・改になり・・・(まだそこまで行ってませんが)

GFFのこの新作X−3はその本編に登場予定のクロスを装着した状態とのコンパチ仕様!
このクロスがまたカッコ良い・・・
コレ、プラモで作りたいなぁ〜・・・、だしませんか?バンダイさん?
年末当たりに^^;

ちなみに、GFFのX−1。

これも立体化に当たって、カトキ氏が監修しているので、Ver.kaはコレに近い雰囲気のものになるんでしょうね。
GFFも良いけど、やはり僕は模型で作りたいと思っちゃうのは性格ですかねぇ〜?

ちなみに、X−3においては初の立体化です。
商品としては、GFF・SDキットにX−1、X−2がリリースされているだけなんで、SDのX−3も欲しいところですが・・・。

まずは、X−1Ver.kaを楽しみに待つことにしましょう^^

最近思うのは、こういうのもカトキ氏はデザインするのだから、SEED系もちょっとやってみて欲しいなぁ〜なんて思ったり^^;
カトキ氏がデザインしたら、ストフリも面白いデザインになる??
posted by シンたろー at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

あれこれそれ・・・

さて、ACEに第4弾が到着!
かなりの凄い作品続きでホントビックリ&勉強になります^^;
ってか、僕の作品って一体・・・(超滝汗
凹みすぎで、失踪しないと良いですね(笑←他人事?^^;;

さて、模型の方は・・・昨日はお休み^^;
GP02も購入できず^^;
いや雨で取りに行けなかったって言われたら・・・ねぇ?
こっちも全然作り終わってないので、その間にででも・・・^^;
今日はお休みなので、明日取りに行って組んでみたいと思います(←ストライクやれよ^^;;
やりたかったこと、HJにやられちゃっているんですよね^^;
ヒネクレ物の僕はまたもや素組み?^^;

F91はもう来週ですし、コレは簡単フィニッシュでもしようかなぁ〜(←やったことがないくせに^^;
とりあえず、興味津々です^^;

今週はどうもかみ合わず・・・
ハチクロ見逃しました(滝汗
何ででしょう??すっかり忘れてた^^;;
ついでに昨日の見たかったハウルも見逃し^^;;
うーん、かみ合わない時はこんなもんですよねぇ〜^^;;;

そうそう!
今月末にはデスティニースペシャルエディション2がやりますよ!
コレは見逃さないようにしておかないと^^;
感動する位内容がブラッシュアップされていると良いなぁ〜^^

posted by シンたろー at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

模型誌9月号

えー、久々に早く来た^^;
僕からのアドバイスとしては、年間購読は使えません。
ここ3ヶ月位、早売りよりも遅い状況。
今月は発売と一緒なんで、何が基準なのかはサッパリわかりません^^;

新製品

8月 MG   ボール(鮫口仕様)
   HGUC 旧ザク黒い三連星仕様(成型色替え)
   HGUC パワードジム        →オススメ
   S・HG ヴェルデバスター      →ややオススメ
   S・HG スローターダガー
    ・・・・マジで105+エールストライカーのセットです^^;

9月 MG   クロスボーンX−1『Ver.ka』→熱いっ!
    ・・・・なんとVer.kaです!後ほど・・・
   HGUC ヘイズル2号機!
   S・HG ブルデュエル
   S・HG ジンインサー・・・『あの』ライト+バズーカ

簡単にこんな感じでしょうか。

まずはビッグサプライズ!

クロボンVer.kaが9月に登場!!
毎年年末かと思いきや、少しずつずれてたので久々のVer.kaですね!
なるほどF91がリリースされる今、これはアリだよな・・・。
で、ようやくわかったのですが(←遅い^^;)、『こりゃ絶対無理だろぅ〜』と思うキット化はVer.kaとして出せるんだなぁ〜・・・、これが。
それだけブランド力が付いてきたとも言えますが、おかげでビックサプライズをもたらしてくれるのでユーザーとしては嬉しいところ^^
同時発売でデカールを発売して欲しい!!!(大量のマーキングは予想済み^^;

で、HGUCはすっ飛ばしてSEED HG!
・・・
・・・
・・・
・・・
やはり流用だらけじゃないかっ!
なんてやる気の無い!!!!
かなりガッカリデスよっ!!(怒
まぁ、良いけどさ(爆
数合わせだと思いましょう^^;

作例は豪華絢爛。
セイラマスオさんにハリーさん、F91特集、ゲイザー情報大量でなかなか熱いです。
ってか、バウ熱すぎ^^;
ゲルググもえらくかっこいいぃ・・・。
今月号は濃いですねぇ〜

って感じです。(短っ^^;

あ!!
ゲイザーに登場するケルベロスバクゥ!!!!
これだよっ!これっっ!!!
こういうのをHGにしてよっ!バンダイさ〜〜〜〜〜んっ!!



そうすりゃ、HGバクゥ作ろうって気にも・・・(ボソッ・・・


ーーーーーーーーー

esさん、ありがとうっ!!
広告消えたよっ!!(涙
感謝感謝です^^ 
posted by シンたろー at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

ACEレギュ変更について

と言うわけで、まだはじめて6日しか経ってないにも拘らず、レギュレーションを一部変更させていただきました(汗

だって、思ったよりも皆さんまじめに読んでいただいて、相当悩んでいるようでしたので^^;

まず多いのは・・・、

『オリジナルじゃダメなんですか?』と言う質問。
結論。『大丈夫です』^^;
力作は断りません。もちろん、力作でもUCのものなら断りますが(←当たり前^^;
と言うように、こちら側としては別にキットの持ち味を存分に出すだけが模型ではないでしょう?と言うこと。
好きに作ったエネルギー有り余っている作品のようなものも、必ず何か製作のヒントになるはずです。
考え方とか、ね。

なので、当然オッケーです。

それと・・・一番多いのは『被る』関係。

えぇ、企画者としては『全部集めたいよ』ってだけで、参加希望者にそれを強制する気はまるっきりありません!!
ここら辺は、数が揃ってくると僕の伝えたいことが少しずつわかってくると思います。
なので、とりあえず参加希望者の方は何の心配もなく、『好きなものを好きなだけ』作っていただいて結構ですよ^^
切った貼ったも全然オッケー。
もちろんパテモリモリでもオッケー。

ただ、仕上げはちゃんとしましょうね!と言うことです。
規定はあくまでも規定、ジャッジは僕(この僕がっ!?)がしますので、堅苦しく考える必要は全然ありません^^;;(←それもどうかと・・・^^;

で、今回の『規定変更のポイント
1.スクラッチ、セミスクラッチ、オリジナル大歓迎と明記。
  もちろん、オリジナルウィザード・ストライカーパックも可。
  そんな熱い作品、むしろ見たい(笑
  なので、キットの持ち味を活かす、等はあまり考えなくても可。

2.被る関係もあまり気にしないように明記。
  集まってくると、一覧が活きてくるってだけです。
  長くやってれば、そのうち集まるんじゃないのかなぁ?(←大丈夫か?^^;

3.感想が思ったよりも入らないので、特例を設けました。
  感想を入れていただける常連者は完全優遇性にします。
  優遇ですので、『柔軟なご相談』に乗ります(笑


と、今回のところはこんなもんでしょうか。
参加したいなぁ〜・・・なんて気前の良い事を考えていただける方は、是非もう一度規定を眺めていただけると嬉しく思います^^



ーーーーーーーーーーーーー
<追記>

な・何だぁ!?
下に広告がっ!!???
何か変更があるのは編集画面からわかるのですが・・・これはひどくないかい!?
だ・誰かこのブログを使っている方で下の広告のとり方教えてください(涙
posted by シンたろー at 13:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

A.C.Eに2作品頂きました。

さて、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、新企画であるA.C.Eの方に2作品頂きました。

アカツキとドムトルーパーです。
これで、残りは46機ですね^^;;
まだまだ先は長いですが、のんびりマッタリ運営して行きます^^;

さて、Salaさんのアカツキ。
丁寧な作業としっかり作りこまれたスーパー力作です^^
バランスがキットと大きく変わらないので、気づきづらいかもしれませんが、相当な時間をかけて作った作品であるのはジックリ見れば良くわかると思います^^

もう一方のHAGIさんのドムトルーパー。
こちらも作りこみの量が半端でなく、スーパー力作です。
奇しくも、Salaさんと同じような作風で、仕上げに時間を割いたからこそあまりにも自然に馴染んだ改修箇所、うっかり見落としそうになりますが、手元にキットを置いて比べてみると面白いと思いますよ^^

御ふた方とも、ひとつの作品を完成させるのに相当な労力と時間をかけて作られている姿勢、モデラーとしては刺激になりますよね^^
僕もこれを機にもっと上を見ながら製作したいと思います。

あ、ノワール・ジャスティスはもう無理よ^^;
8割塗り終わってますんで^^;;
この2作品を見て、もうお蔵入りにしたい気持ちで一杯です(超滝汗

あー、なんか製作したい気分だなぁ〜・・・。(←最後までやれよ^^;


そうそう、話は変わって、うちもついにVerアップしました!
と言っても見た目は変わらず。
SEEDA.C.Eを加えたことで、うちのサイトも新たな展開と言うことで、『5.3』になりました。
ちなみにタイトルロゴとメニューのサブロゴはまたもSalaさんに作ってもらっちゃいました(汗
だって・・・同じように作れなかったんですもの(涙
ロゴの字体とか、サイズとかね。

ちなみに、『5』ような整数の方は、サイトのリニューアル回数、右の小数点以下の数字は僕自身の心(具体的にはサイトの運営方針、ね)の転換期を数字で表わした物です^^;
こう見えても一応それなりに考えてたりします^^;
うちのサイトの豆知識ですが、おぼえておいても何の役にも立ちませんので、そこは御了承ください^^;

ちなみに、6への移行はおそらく無いものと思われます(核爆
・・・だって・・・気にいっているんですもの、今のデザイン^^;

Salaさんに感謝感謝^^(雛形はSalaさん作成です^^;
これもまめ知識?^^;(←覚えても何も役には立ちません^^;

posted by シンたろー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

F1 フランスGP

と言うわけでいよいよ折り返し地点。

舞台はジダンの故郷フランスはマニクールサーキット。

ルノーVSフェラーリの戦いは、W杯フランスVSイタリアのリベンジマッチとして盛り上がります(笑

前回アメリカGPではフェラーリが見事なワンツーフィニッシュを決め、復調なのか?まぐれか?(笑)、見分けがつきませんでしたが、勢いはそのままに予選フェラーリがワンツーで占めました。

ただ、惜しむべくは・・・

『26時間テレビで予選が省かれたことっ!』(笑

これはないよなぁ〜^^;

ま、1年に1回の祭りだし、楽しめたんで許す(笑

さて、緊張のスタート!
シューマッハトップ!
マッサがなんとアロンソを阻止っ!これは熱かった^^
このまま行きたかったのですが・・・

早々にスーパーアグリの佐藤琢磨がトラブルで姿を消す・・・。
次回ドイツGPにはいよいよニューマシン投入です。
アグリのチームは基本設計が4年前のものを使用していたので非常に遅かったわけですが、いよいよ06年版が登場するわけです。
期待感も高鳴ります^^
噂では2秒も速くなるとか、ならないとか(どっちや?^^;
しかし、僕自身は楽観しておらず、まぁ、最初はトラブル連発なんでしょうねぇ〜(涙
しばらくはニューマシンの外観がカッコイイはずなんで、それを期待しましょう^^;;
当面の目標であった、最下位チームと言う定位置脱出目指して頑張って欲しいものです^^

フェラーリが3ストップ作戦で成功を収めつつあったアロンソの2回目のピットストップ!
なんといきなり2ストップ作戦に切り替え!!
しかもこれが功を奏し、マッサから2位を奪還することに!

ここら辺のルノーの作戦の変更は柔軟な思考で良いですよねぇ〜。
フェラーリをはじめ、下位チームは見習って欲しいと思うのですが・・・ルノーの良い車だから柔軟になれるのかな?

一方、我がホンダチーム。(いつから自分のチームに?^^;
こっちはパッとしないまま、レースを終えてしまいました・・・。
どうにもなりませんね・・・。
何が悪いのか、上手くかみ合わない時は合わないものです。
浮上のキッカケも、良くなる兆しも見れません・・・。
辛いですが、これもレース。
日々改良されるのをひたすら待つしかありません(涙

一方、トヨタチーム。
こちらはいよいよブリジストンとかみ合ってきたのか、速さが帰ってきました!
ニューマシンなのか、開幕からの熟成期が来たのか?
かなりスピードが改善されてきて、表彰台は確実に今シーズン中に陥れるでしょう^^
狙うは初優勝!
しかし、ホンダより先に優勝されると何となくジェラシーだ!(核爆
でも、頑張って欲しい^^

さて、レースはシューマッハの独壇場!
W杯に続き、イタリアが優勝です!!

帰ってきた皇帝!!
フェラーリ復活でしょうか?
信じて良いんですね?(爆
素直に強いフェラーリが帰ってきてくれて嬉しいですよ^^
いよいよ、アロンソ追撃だ!!!

そしてマッサ!君の協力が是非必要だ!
何とか皇帝を男にしてやってくれ!!!(切実^^;



そして舞台はシューマッハの故郷、ドイツへと移ります。
そう、W杯と同じ舞台。
フランスVSイタリアは、いよいよ因縁の地へと・・・。

でるか!アグリのニューマシン!
シューマッハは故郷に錦を飾れるか!!
連敗脱出を狙うアロンソ!!!
ホンダの復調はまだか!!!!

と見所一杯ですよん^^
posted by シンたろー at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なかなか楽しめました^^

って何の話?
26時間テレビですよ^^

毎年、それほど期待していないし、それなりに楽しんでいたのですが・・・
しかも今年のテーマが『クイズ』とは・・・。

ベタじゃない?(核爆

とか思っていたものでした^^;

ところが案外面白いじゃないの^^;
ちょっと聞いてちょっと考えちゃったりすると時間が経つの早いですね^^;
出演者達も楽しんでたようですし、見ているこっちも楽しい気分にさせてもらいましたよ^^

お祭りムードが漂ってて、なんとも楽しく見れました。

おかげさまで模型もそこそこ進み^^

色々演出部分があったのは楽しめましたね^^
娯楽がわかってるなぁ〜と感心。
計算の上での笑いを作っているのを感じたのは良かったのか、良くなかったのか?

僕は楽しかったんでまぁ・・・良し(笑
模型が進んだのでなお良し、って感じでしょうか?(笑
posted by シンたろー at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

スターゲイザー1話公開!

流石に公開後は混雑していたようですが、深夜にはすっかり収まりちゃんと見れました^^

さて、全体的な印象。

流れている雰囲気は本編よりも好きです^^
ただ、導入部分だったこともあり、SEEDから入った方たちには物足りないだろうなぁ〜^^;

この一話だけ見て、続きを見るの止めちゃったら困っちゃうなぁ・・・って感じでしょうか(爆←関係者でないんで僕は困りませんが^^;


本編は全体的にユニウスセブン墜落時の大混乱の地球。
非常に細やかな映像で、見るだけでも価値はあると思いますね。
そんな中を暴れまわるジン。
08小隊の監督である飯田監督に言わせれば、『市街地戦は燃えるけど、書くのは大変』って言ってましたし、なかなかテレビのようなシリーズの本編では描かれないシーンでとても印象的です。

そして戦闘シーン。
ジンと言う、本編では1秒もかからずやられる(笑)機体ですら、生身の人間にとってどれだけ驚異的なものであるか、と言うのを鮮明に捕らえていると思います。
で、リニアガンタンクで戦うんですが、ジンとの戦力差をしっかり描いていて、『強弱関係』を鮮明にしたのは、ガンダムで言うギレンの野望位(笑)の成果があったのでは?
で、中に乗っているのは子供だし!
本編中にチラッとゲイザーが入っているのも良いですね^^
こういう風に一話に登場するなら、本編配信前に公開しなくても良かったのでは?(爆笑
むしろ、その方がインパクトあったと思うし!(公開前はそんなこと一言も言わなかったのにね^^;

と、良い部分をつらづらと書いてみました。
次はいよいよネガティブな部分・・・^^;

内容的には、先ほど述べたように結構地味。

で、やはり一番の問題であったであろう15分枠。

・・・厳しいよぉ・・・これは(涙
シリアス系の話題であるからこそ、余計『間』が大事だと思うんですけど、15分しかないから『間』を設けられていないわけですよ。

例えば、シャトルへ向かうシーン。
命がけでエドモンドがセレーネをボートに乗せたりするんだけど、回想シーン後にはもう着いてて、シャトルに乗ってるし!
『大変さ』が物足りないかな。
なので、シャトル発射シーンも『あぁ良かった・・・!』って言うカタルシスも無い。

エドモンドがどれ位セレーネを好きかも良くわからず^^;
まぁ、これは推して知れ?って感じ?^^;

そして一番不可解なのがジンに乗った子供。
これは、まだ2,3話で続くシーンになるなら、この地点でわからなくても全然良いのですが・・・。

いや、あらすじ聞いたとき、『子供が災害を生き残る為に手前に落ちていたジンに乗ったは良かったが、操作がわからず・・・』と言う風に勝手に解釈していたので^^;
ジンはちゃんと動いていたし、ちゃんとヘリを打ち落としていたし、本部までやっちゃった・・・。
暴発事故ではないのか?
では無いとするならば、これはただの子供の愉快犯?
そんなオチ??

続編で語られるのかが疑問・・・。
語られることを祈ってます(愉快犯じゃ・・・気分悪いよね、この時代^^;

と、一回見ただけの感想です^^;
1話の重厚な雰囲気をゲイザーやノワールとどう結びつけるのか、ちょっと興味がありますね。
2,3話がいきなりいつものSEED節になっても・・・ちょっと違う気がする^^;

2話、期待して待てっ!^^






posted by シンたろー at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

追加コンテンツの話

と言うわけで、コンテンツ追加です。

企画自体は春位には計画し、サイトも準備していたんですけど、どうするか、ずーーーーっと迷ってました^^;

なぜなら、うちは『僕の製作記』ですから。
完全にコンセプトと違うし・・・。
ただ、流石に2年半も過ぎると環境の変化や模型に対する時間の変化はあるわけで、コンセプトやサイト自体にも変化があっても良いのではないか?と言う思いもあります。

『モノを作る際のヒント』をうちで拾ってもらえれば嬉しいな・・・という苦しい言い訳の元、新たなうちのスタイルをスタートさせます^^;

この企画自体は特別気合を入れて募集しよう!とか、絶対成功させるんだ!!と言う意気込みは無く(大丈夫か?^^;)、基本は自分で頑張ろうと思いつつも、誰か心の寛大な方の愛の手を差し伸べてくれるのを期待すると言う非常に曖昧な企画です^^;

過度な期待はしないように^^;

まじめな話(今までの話は?汗)、SEEDを見た事のない方や、敬遠している方にも興味が持ってもらえるようなものになると良いな、と思います。

個人的にはファースト世代の方が作るSEEDモノを見たいなぁと思いますが、もちろん若くてもオッケー^^;

ただ見てもらいたいターゲットを年齢層高めに設定したいので、基本をしっかり押さえたものを期待してます。
勢いも大事だけどね^^
SEEDって良いんだよ!っておじ様たちに伝えられるような作品が良いな、ってことで(笑

(もっとも、映像作品本編がもうちと頑張ってもらわないと、おじ様たちの満足を得るのは厳しいかな・・・とも個人的には思ってますが^^;←台無し^^;)

ま、肩肘張らず、気楽にお付き合いいただければ幸いです。

posted by シンたろー at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンかよっ!


と言うわけで、公式サイトで発表されたゲイザーシリーズの最新作。

http://bandai-hobby.net/gunpla/seed-sg/index.html

ヴェルデバスター・105スローターダガー(ブラックダガーの正式名称らしい)に続く、今後の予定!

ブルデュエルと・・・・

ジン タイプ インサージェント!

・・・え!?(汗

シークレットってこれのことですか?(超滝汗

だって残りはもうアストレイとスターゲイザーしかないよ?

7体+1体で8体なのか?
でもサイトにはそんな欄なさそうですよねぇ(爆

うーん・・・一応ゲイザーがシークレット扱いなのか・・・
どっちにしても完全にこれで明らかになっちゃいましたね・・・

正直ガッカリデス・・・。

とりあえず、面白いデザインのゲイザーを早く組んでみたいなぁ・・・と、興味はその一点に絞られちゃったのは内緒^^;

ふぅ〜・・・

posted by シンたろー at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。