2006年05月26日

模型誌アレコレ

今月は読むのが遅かったので、こんな時期に^^;

ホビーショー後ということで、ほとんどの情報が出尽くしていましたね。
まぁ、いけなかった僕らには詳しく見れて良い感じ^^

まぁ、以前より詳しくわかったところは・・・

>F91

かなり小さい模様^^;
もちろん実物を見た方々はもう実感済みでしょうが、こっちはまだ全然見当つきませんね^^;
SEEDHGよりは一回り大きいようですが、HGUCゼータ位の大きさか??
HGサイズのMGフレームとして注目・・・できるわけ無いかなぁ?
なったとしても、相当高価^^;
ラフレシアは、1パーツ成型!?

毎度毎度思いますが、スライド成型ってある程度理解できるのですが、良くわからないのが正直なところです。
今回発売になったギャンのスネが1パーツ成型とか、過去にも『このパーツが11パーツ!?』と驚くことが多くなった昨今、この技術が以下に優れているのかは良くわかるのですが・・・
奥が深いと言うか、なんと言うか^^
毎度感心します。
今回のデザインワークスがカトキ氏ではないのが気になります(笑

>ノワール 6月30日発売

これも傑作に近いですね。
バランスはかなり良いようです。
股軸の構成はホントに目から鱗ものの構造。
毎回新機軸を盛り込まれる度に思いますが、バンダイさんの設計は、ホント頭良いですよね〜。。。
最強のモデラーはバンダイさんの設計士か?(笑
一体どれほど新しいアイデアを溜め込んでいるんでしょう?
底が見えない・・・

>ヅダ   6月10日発売(8日頃出荷?)

こっちもやはり足首周りが気になるものの、かなり良好。
足首周りはもはやデザインの問題とも言いますが^^;

>GP02A

MG版を前提に、反省した結果、に見えますね。
かなりアニメーション画稿寄りになったと思います。
MG版が思ったよりもスリムだったのに対し、過去にMAX氏が発表したGP02A徹底改修版に似ているような印象。
その分、寸胴、頭でかい仕様になりましたが・・・どっちが好み?って話に展開しそうな^^;
カッコ悪い、って言えばカッコ悪い気もしますが、MAX版に憧れた者にとっては、『ずっと欲しかった形』に近づいたような・・・
僕?
・・・
・・・
うーん・・・。嬉しいような、改修したいような・・・^^;

>アマツ

とんでもなくカッコいい造形ですね^^;
右腕は今のSEED基準(2重関節)ってのも面白い^^;
メッキしよう・グロス装甲仕上げって事で、弄らないでもかなりの見栄えがしそうな気がします。
元々出来は良いし、追加パーツの形状は良いので良いに決まっているし、ね。

こんな感じでしょうか。

MGギャン、結局買いませんでしたが、後一歩で買いそうな勢い位、カッコいいと思います。
特に、立ち姿・頭部・なんと言ってもぶっとい太もも!(笑
上半身から下半身へのラインが非常に美しくて、単純に組んで完成させてみたい^^;
これは・・・良いものですねぇ・・・(←ありきたり^^;

後、レジェンドの画稿、凄いですねぇ・・・(6月29日発売)
ちょっと心惹かれますが・・・どうなることやら^^;

デルタアストレイも発表に!
デザインは・・・なんともまぁ・・・Gガンダムの頭部にサイバスターを合体させたようなデザイン(核爆
今までのSEEDMSからかなりかけ離れた構造のようで、火星製はほぼ確定か?
ゲイザーのシークレットHGはこいつに決まりか??
・・・あ、あれ?アウトフレームは??
posted by シンたろー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダムあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。